この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

脱Windowsなるか?WindowsServer2003の行方

2014/02/20


 Windows XPの延長サポート終了を目前に、企業システム部門はクライアントOSの移行作業に大わらわのことだろう。だが、その先にはさらなる難題が待ち構えている。Windows Server 2003のサポート切れだ。2015年7月14日がその期限となっており、残された期間は1年半もない。未だに企業の約68%が利用を続けているWindows 2003上のシステムの今後を決めるのは、まさに今。最新のWindows Server 2012/R2へのアップデートか、Linux系OSへの乗り換えやクラウドへの移行という新たなチャレンジか?はたまた旧OSの延命策?次世代のシステム最適化のために、今とりかかるべきことは何かを考えてみよう。

サーバ

※「サーバ/脱Windowsなるか?WindowsServer2003の行方」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「サーバ/脱Windowsなるか?WindowsServer2003の行方」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

入谷 光浩

ソフトウェア&セキュリティ シニアマーケットアナリスト 入谷 光浩(Mitsuhiro Iriya)

IDC Japan株式会社企業サイトへ
アナリストファイル #067

官公庁向けの将来需要予測や技術動向調査、ソフトウェアを中心とした市場予測や競合調査、ユーザ需要動向調査などを経験後、IDC Japan入社。インフラストラクチャソフトウェア担当アナリストとして関連市場を調査。専門の分野・テーマは、システム/ネットワーク管理ソフトウェア、オペレーティングシステム、仮想化ソフトウェア、クラスタリングソフトウェア、オープンソースソフトウェアなど。電機・電子関連の新規事業企画・開発の経験も有する。



1

企業の約7割が旧OSのサーバを利用し続けている実態

1-1

Windows 2000も現役!?未だに残る旧OS

 Windows XPの延長サポート終了(2014年4月9日)にともなうクライアントOS移行や刷新の作業が大詰めを迎えているが、その次に控えるWindows Server 2003のサポート切れへの対応もすぐさま手をつけなければならない大きな課題だ。企業のx86系サーバの台数は2013年上期の調査で約224万台だが、そのうちWindows 2003以前のサーバOS搭載機は約36万4000台とみられ、約16%を占めている。台数ベースで見れば少ないようだが、企業数ベースで集計すると、Windows Server 2003がいまだに68.3%も現役で使われており、2010年に延長サポートが終了しているWindows 2000 Serverさえ、2割近い企業が利用している状況だ(図1)。

図1 企業で使用しているサーバOSの種類
図1 企業で使用しているサーバOSの種類
※複数回答。利用率が高い上位10種類のOSを示す。 
Source:IDC Japan, February 2014
出典:IDC Japan

 この調査結果からは、社内の多くのサーバがWindows Server 2008以降やその他のOSに移行している一方で、数台の旧OSのサーバを残している企業が多いと考えられる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

◆関連記事を探す

サーバ/脱Windowsなるか?WindowsServer2003の行方」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバ」関連情報をランダムに表示しています。

サーバ」関連の製品

Magic xpa Application Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】 複数のデバイスやアプリを使った働き方に最適な環境や管理とは? 【ヴイエムウェア株式会社】 オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】
開発環境/BaaS VDI 文書管理
クライアント/サーバ、Web、RIA、iOS/Androidなど様々な形態やデバイスのアプリケーションをワンソース・マルチユースで統合開発・実行できるプラットフォーム。 「いつでも」「どこでも」に対応するモバイル・クラウド時代のセキュリティ CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。

サーバ」関連の特集


 前回は、情報セキュリティにおけるリスク対策の評価について触れた。今回は、コスト削減と結びつけて考え…



目くるめく人の出入り。慌しいID管理で深夜作業は当たり前?いいえ、諦めてはいけません!基礎を押さえて…



現状の通信回線の帯域を変更なくWANを高速化できる「WAN高速化ツール」をアニメで解説!速度がでない…


サーバ」関連のセミナー

はじめてでも大丈夫!AWSが選ばれてきた理由と導入不安の対処法 【共催:ソニーネットワークコミュニケーションズ/アマゾン ウェブ サービス ジャパン】 注目 

開催日 4月12日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

■本当にコストは安くなる? 可用性は高いの? セキュリティは大丈夫? 数あるクラウドサービスからどういう基準で選べばいい?導入時や移行時の注意点は? 技術力のな…

Microsoft × Nutanixでハイブリッドクラウド充実セミナー 【ネットワールド】 注目 

開催日 4月18日(火)   開催地 福岡県   参加費 無料

クラウドファースト、という言葉が一般的になりつつある現在、パブリッククラウドをどう使うか?自社のオンプレミスとのハイブリッド環境の検討は喫緊の課題としてあげられ…

Microsoft × Nutanixでハイブリッドクラウド充実セミナー 【ネットワールド】 注目 

開催日 4月21日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

クラウドファースト、という言葉が一般的になりつつある現在、パブリッククラウドをどう使うか?自社のオンプレミスとのハイブリッド環境の検討は喫緊の課題としてあげられ…

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

サーバ/ 脱Windowsなるか?WindowsServer2003の行方」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「サーバ/ 脱Windowsなるか?WindowsServer2003の行方」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30006688


IT・IT製品TOP > サーバー > Windows > WindowsのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ