TCP/IP誕生裏に、サーフも認めた天才の活躍

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2014/03/20
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#230TCP/IP誕生裏に、サーフも認めた天才の活躍 〜ルイ・プザン氏
ルイ・プザン氏
1931年
フランスにて誕生。
1950年
エコール・ポリテクニークへ進学。コンピュータ科学を学ぶ。
1963年
MITにてタイムシェアリングシステムの開発に従事。
1970年
フランス・CYCLADESの開発に関わる。
2003年
レジオンドヌール勲章を受賞。
2012年
インターネットの殿堂入り。

インターネットの歴史が語られるとき、アメリカ人の功績がほとんどである。しかしその中で活躍したフランス人もいることはあまり知られていない。今回はそんな1人、ルイ・プザン氏(以下敬称略)をキーマンとして紹介しよう。

ルイ・プザンは1931年、フランスのブルゴーニュ地方にある、シャントネ=サン=タンベールにて誕生した。1950年、フランスの理工系エリートを養成する教育機関である、エコール・ポリテクニークに入学し、当時まだ新しかったコンピュータサイエンスを学んだ。

エコール・ポリテクニークを卒業したプザンは、Bull社へ入社する。同社はもともとフランスの電話会社だったが、コンピュータ事業にも進出しつつあった新進の企業でもあった。そこでコンピュータに関係する基礎研究を行なっていたプザンだったが、1963年にアメリカ行きを命じられた。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ TCP/IP誕生裏に、サーフも認めた天才の活躍 〜ルイ・プザン氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ TCP/IP誕生裏に、サーフも認めた天才の活躍 〜ルイ・プザン氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30006673



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ