0.03秒に1億円超の苦難も…ピクサー創業者

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2014/01/31
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#2230.03秒に1億円超の苦難も…ピクサー創業者 〜エドウィン・キャットムル氏

「アカデミー賞」というと、ご存じのとおりアメリカ映画、ひいては世界の映画の最高峰に贈られる賞である。またアカデミー賞は、作品自体や出演者だけでなく、関わったスタッフも受賞の対象となる賞でもある。そんなアカデミー賞を受賞した人物の中に、ITと深く関わりのある人物がいる。今回は、コンピュータ科学者にしてアカデミー賞受賞者のエドウィン・キャットムル氏(以下敬称略)をキーマンとして紹介しよう。

エドウィン・キャットムルは、1945年にウェストバージニア州にて誕生した。幼い頃からアニメが好きで、特にディズニーの長編アニメ「ピーター・パン」「ピノキオ」のような作品に魅了されて育った。子供の頃の夢は、そういったアニメ作品を作るアニメーターになることだった。実際に、自作のパラパラアニメなども作っていたという。

しかしキャットムルは成長するにつれ、その夢が実現できるかどうか冷静に考えるようになった。パラパラアニメ程度は作れるが、現実問題としてアニメーターとしての資質は自分にはない、というのが彼の結論だった。彼は美術系、映画系の進路をキッパリと諦めた。その代わり、優れていた数学の才能を活かしてユタ大学に入学し、コンピュータ科学と物理学を学ぶこととした。この切り替えこそが彼にとっての最大のターニングポイントとなった。

エドウィン・キャットムル氏
1945年
アメリカ・ウェストバージニア州にて誕生。
1970年
ユタ大学大学院に進学。サザランドに出会う。
1972年
世界初の3DCGアニメーションを作成。
1974年
ニューヨーク工科大学のCG研究所に入所。
1979年
ルーカス・フィルムに入社。
1986年
ジョブズの買収によりピクサーが創立。CEOに。
1993年
RenderMan開発を評価されアカデミー賞を受賞。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ 0.03秒に1億円超の苦難も…ピクサー創業者 〜エドウィン・キャットムル氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ 0.03秒に1億円超の苦難も…ピクサー創業者 〜エドウィン・キャットムル氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30006666



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ