【第3回】お客様は育つ?育ち方で変わる販促

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/09/24

新規客!リピート客!顧客が集まる仕組みづくり

自己紹介
有限会社グレイズ 小澤 歩
主な経歴
(財)ブランド・マネージャー認定協会マスタートレーナー広告会社のグラフィックデザイナー・アートディレクターを経て、有限会社グレイズを設立し、企業の広告販促・ブランディングツールを手がける。単にきれいな…

【第3回】お客様は育つ?育ち方で変わる販促

 前回ご紹介したように、顧客が集まる販促をしていくためには、あなたのお客様を絞り込みます。その人がどんな人なのか?を考えるのがまず始めにすることです。その人が何に困っているのか?何を望んでいるのか?をもとに、あなたのできることで解決してあげられることを販促活動で伝えていきます。その対象になる人が、あなたのことや扱う商品・サービスに対して、どの程度認識を持っているのか?というのも考える必要があります。


1

良いお客様への育ち方を意識する!

 まず、顧客が集まって、長い間何度もあなたの商品・サービスを利用してもらいたいのであれば、お客様があなたに対する認識の段階を考えるとよいでしょう。認識の段階というのは、今お客様がどういう状態にあるかということでもあります。まずは以下の図をご覧ください。

販促で考えるお客様の段階
販促で考えるお客様の段階

 これは、お客様の状態を段階で表したものです。「未認知」というのは、あなたのことを知らない人。そこから販促をはじめ、何かのきっかけで知られるようになります。そこからあなたのことを必要と感じてくれるであろう人(買ってくれる見込のある人)という「見込客」となっていきます。
 最初にあなたの商品・サービスを買ってもらうためには、この見込客に対して販促のアプローチをしていきます。見込客の中から実際に購買をしてくれる人が表れて「一般客」という段階になっていきます。さらにその中からあなたの商品・サービスを何度も利用してくれる「リピーター」となっていくのです。あなたのことを全く知らない未認知の状態からリピーターにお客様は育っていくのです。このリピーターを多くしていくというのが、第1回目にご紹介した顧客が集まる仕組みづくりでもあるのです。


2

段階によって変わる販促の活動

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

販促/【第3回】お客様は育つ?育ち方で変わる販促」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「販促」関連情報をランダムに表示しています。

販促」関連の製品

Adobe Illustrator CC 【ソフトバンク コマース&サービス】 EC・通販統合ソリューション NeoSarf / DM 【NEC】 3D CAD/CAM Autodesk Fusion 360 【ソフトバンク コマース&サービス】
その他PCソフト関連 EC CAD
精密かつ高度な描画ツールとタイポグラフィツールを使用して、ベクトルアートやイラストレーションを作成。 EC・通販の業務に必要な機能をワンストップで提供。
市場ニーズの多様化、デバイスの多様化の時代に対応可能な、マルチチャネル・デバイスフリーのソリューション。
3D CAD、CAM、CAE が1つになったクラウドベースの製品開発プラットフォーム。コンセプト設計からプロダクションまで、簡単に、素早くデザインを行うことができる。

販促」関連の特集


電子メールが広く使われる現代でも、報告書や伝票を届ける手段としてFAXの需要は高い。でもFAX送信作…



錦織圭選手の試合データの分析結果は?福原愛選手の打球の軌跡は?業務部門がメインユーザーであるセルフサ…



顧客に見てほしいメルマガ。工夫してもなかなか開封されず効果はイマひとつ…なんて悩みも多いのでは?文字…


「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

販促/ 【第3回】お客様は育つ?育ち方で変わる販促」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「販促/ 【第3回】お客様は育つ?育ち方で変わる販促」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006623


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 情報システム > SFA > SFAのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ