この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

国内携帯電話

2013/10/15


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、IDC Japanの情報を元に、国内携帯電話のシェア情報をご紹介しよう。

 IDC Japanの調べによれば、2013年第2四半期の国内携帯電話出荷台数(スマートフォンとフィーチャーフォンの合計)は、前年同期比7.1%増の844万台となり、2四半期ぶりのプラス成長となった。
 主要因としては、スマートフォンの出荷台数が増加したことに加え、前年同期は半導体供給不足から出荷台数が低水準にとどまっていたため、そのリバウンド効果が挙げられる。携帯電話総出荷台数におけるスマートフォン出荷比率は77.4%にまで上昇している。
 スマートフォンとフィーチャーフォンの合計のベンダ別市場占有率(出荷台数ベース)を見ると、第1位のベンダが27.9%で3四半期連続で首位の座を維持。第2位のベンダは、NTTドコモ向けスマートフォンの出荷台数が大幅に増加し、前四半期(2013年1〜3月)の4位から2ランク順位を上げて15.9%となった。第3位は15.1%で、前四半期から順位を1つ落とした。第4位は10.7%、第5位は7.8%であった。

国内携帯電話シェア

国内携帯電話シェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

携帯電話/「国内携帯電話」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「携帯電話」関連情報をランダムに表示しています。

携帯電話」関連の製品

多要素認証基盤「IceWall MFA」 【日本ヒューレット・パッカード】 「自分でもやってみたい」が鍵、“全員納得”の働き方改革はこう実現する 【ヴイエムウェア株式会社】 基幹システム連携/Webワークフロー基盤 楽々WorkflowII 【住友電工情報システム】
認証 統合運用管理 ワークフロー
Webアプリやクラウドサービス、リモートからのVDI接続など、さまざまなシステム利用時のログインをアプリ改修なしで多要素認証化できるソフトウェア製品。 「自分でもやってみたい」が鍵、“全員納得”の働き方改革はこう実現する 基幹業務のワークフローシステムを素早く簡単に作成するソフトウェア。単純な申請業務のワークフローならノンプログラミングでも構築可能。海外拠点を想定した多国語対応。

携帯電話」関連の特集


スポーツクラブや学習塾など、子どもを対象にしたスクールでは安全に利用してもらうことが重要。今回紹介す…



前回は、ソーシャルネットワークやソーシャルIDの企業利用のメリットについて解説したが、今回からはメリ…



2001年以降で最大のマイナス成長を記録した2009年に比べ、小幅なマイナス成長に落ち着いた2010…


携帯電話」関連のセミナー

IoT時代のLPWAサービスの最新動向 【ビジネスインテリジェンスネットワーク】 締切間近 

開催日 10月26日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 2万8080円(税込み)

1)13:00-13:55「広域低消費電力センサネットワークLPWAの最新動向」2015年以降LPWAの代表であるSIGFOX、 LoRaが急速に普及し、後を追…

福岡開催 マルチチャネル時代の次世代CCテクノロジーとは 【ベルシステム24】  

開催日 11月17日(金)   開催地 福岡県   参加費 無料

福岡開催 マルチチャネル時代の次世代コンタクトセンターテクノロジーとは顧客と企業をつなげるチャネルは、携帯電話やスマートフォン、SNSの普及で大きく変わりつつ…

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

携帯電話/ 「国内携帯電話」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「携帯電話/ 「国内携帯電話」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006620


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > 携帯電話 > 携帯電話の市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ