【第10回】実用的な“SaaS型”勤怠管理の選定術!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/10/03

クラウドって中小企業でもホントに使えるの!?

自己紹介
株式会社ペンタゴン 冨田 さより
主な経歴
ITコーディネータ。東京商工会議所のWeb戦略パートナーとして活動中。1997年ペンタゴン設立。生産管理パッケージ販売及び導入支援、SCMシステム構築に携わり、中国生産工場への導入支援実績も多数。アパ…

【第10回】実用的な“SaaS型”勤怠管理の選定術!

 今回は中小企業向けに、1人当たり月額100〜500円の低価格なものを中心に勤怠管理システムをいくつか紹介します。
それぞれのサービスもカスタマイズは可能ですので、ぴったりなものが無い場合、自社の業務に近いベースのサービスを選択し、詳細はカスタマイズ対応することで、短納期でコストを抑えて導入できると思います。

1

SaaS型の勤怠管理

 勤怠管理システムも単独のものとグループウェアや他のソリューションを含めたラインナップの1つ、販売管理の付加機能など色々ありますが、今回は、勤怠管理システムとして開発されたSaaS型サービスをご紹介します。

■“KING of TIME” 株式会社ヒューマンテクノロジーズ 

初期費用無し、導入サポートも全て含んで、1ユーザ月額300円 (登録ユーザ数でなく実打刻数での課金)

“KING of TIME”は、 SaaS型勤怠管理システムでシェアNo1とのことだけあり、説明を受けた中で1番機能が充実している印象がありました。

 勤務シフトの作成&修正も操作性が良く、シフトパターンをあらかじめ登録して置かなければいけないシステムも多い中、イレギュラーな修正も画面上で簡単にできました。タブレットで、シフト表の“表示”が出来るシステムは多くあるのですが、タブレットでシフト表の“修正”もできるため、店舗などでの利用にも適していると思います。

 入力デバイスには生体認証機器、ICカードリーダー、Android専用アプリ、個人携帯(スマとフォン含む)に対応しており、各種給与管理システムへのデータ出力も揃っています。退職処理には過去データから参照することが多いですが、実打刻人数での課金のため、退職時に急いでユーザ削除する必要がないのは、アルバイトの入れ替わりが多い企業にも魅力的なことでしょう。一方で、iPhone、iPadに非対応なのが残念なところです。

■“勤給解決” 開発元/株式会社シフト、販売/富士通

月額30,000円(100ユーザ込み) 追加 1ユーザ300円 別途、管理用、入力端末ごとに初期設定費用が必要です。

“勤給解決” は、 “KING of TIME”をベースに、株式会社シフトの特許である、カラーバーコードの“カメレオンコード”を組み合わせたシステムで、カラーコードを顔写真と共に読み取ることで代理打刻を防ぐことが出来ます。

 市販のカラープリンタで、カラーコードを印字して渡せばよいので、社員登録も簡単ですし、コストもほとんど掛かりません。打刻は、写真データとして保管、後に管理者が確認することも可能です。

 打刻にはWebカメラが必要になりますが、ノートPC、タブレット、スマートフォンの利用では、内蔵カメラが利用できます。“KING of TIME”と違い、導入時の初期費用が基本ベースと読み取り端末毎に必要なので、導入先事業所や店舗等数が多いと、初期費用が高価になってしまうこと、最低月額が設定されているため、100名以下の企業の場合割高になるのがデメリットです。

■“インターネットタイムレコーダー” ソニービジネスソリューション株式会社

初期費用30,000円 月額10ユーザ単位 5,000円

インターネットタイムレコーダー”は、“Felica”の開発元であるソニーから、Felicaリーダを利用した勤怠管理として開発されており、最近Androidタブレットを利用したジェスチャ入力にも対応しています。勤怠管理の機能としては細かな機能まで揃っており、シフト管理も操作性が良く、使いやすい印象でした。

■“バイバイタイムカード” ネオレックス株式会社

“バイバイタイムカード”は、中小企業向けというより中堅企業向けになるのですが、ユーザ課金でなく事業所課金であるところが他のサービスとの一番の相違点で、1事業所に多くの人数がいる企業にはコストメリットがあります。

 詳細なカスタマイズが得意で、ホテルなど24時間体制の複雑なシフトにも対応、午前中はA業務、午後はB業務など担当業務による単価変更、不規則な休憩管理なども得意としています。フロントとバックヤードとの行き来で打刻し、業務内容分析などにも利用可能です。

 入力デバイスの多さも特長で、生体認証やICカードの他、バーコードやQRコードが利用できるため、社内のプリンターで印字して使えるため、コストメリットもあります。運送業種向けにアルコール測定器と連動し、アルコールが検知されると出勤できないなど、酒気帯び運転を防止出来る打刻システムも用意されています。最近iPadにも対応し、カメラを利用した画像打刻にも対応しています。

 複雑な勤務体系の場合、集計作業にも時間がかかり給料計算の作業負荷も大きく、有給休暇の管理も面倒だと思われるので、カスタマイズ費用は高価ですが、システム化による自動計算により、毎月の給与計算が早くできるなどのメリットにつなげられると思います。

■“MosP”勤怠管理 株式会社マインド

 オープンソース勤怠管理システムを自社で開発とのことで、 “100名まで無料”という太っ腹なサービス

“MosP”勤怠管理(無料版)は、基本的にはPC画面で出勤、退勤入力 ICカードも利用可能とのことです。有給休暇の自動付与や、代休管理など正社員管理の基本機能と役職別権限設定が可能で修正履歴を保持しています。

有償版の“MosPiiBIZ” 勤怠管理には追加機能があり、100ユーザまで 15,750円/月

ブラウザ利用の場合1人1台PCを利用されている会社で、正社員が多数、決まった時間に勤務している方が多い会社には良いでしょう。有料版でないと欲しい機能が無い場合、1人当たり月額300円として計算すると50人分になるので、利用人数を考慮した上で他サービスと機能を比較検討されると良いでしょう。

■“CYBERXEED就業” “すまあと勤怠CYBERXEED” “Clouza”

 勤怠管理では、最大手のアマノ ビジネスソリューションズ株式会社も、パッケージの他に“CYBERXEED”、小規模企業向けのSaaSサービス、“すまあと勤怠CYBERXEED” タブレット対応の“Clouza”をサービス展開されています。
 それぞれの特長がわかりにくいのですが、“CYBERXEED就業”は、人事システムや給与システムと同一データベースで利用可能
月額課金サービスではなく、サーバ運用を請け負うホスティングとセットになったサービスのようです。

月額課金のSaaS型サービスは、“すまあと勤怠CYBERXEED” になり、初期費用50000円 月額5500円(25ユーザ込) 追加1ユーザ220円 と安価で、、複雑な勤務がない企業用という感じを受けます。2013年7月にiPad、Androidタブレット対応の “Clouza” をリリースしていて、初期費用0円/1ユーザ200円と格安ですが、まだ機能は拡張中のようですので、期待して待ってみたいと思います。

勤怠管理の選択ポイント

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

勤怠管理/【第10回】実用的な“SaaS型”勤怠管理の選定術!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「勤怠管理」関連情報をランダムに表示しています。

勤怠管理」関連の製品

外食業向けクラウド型店舗トータルサービス 「FOOD-LINK R2.5」 【東計電算】 ジョブカン勤怠管理 【Donuts】 SaaS型 労務管理システム 「Daim(大夢)」 【ソフトバンク コマース&サービス】
ERP 勤怠管理システム 勤怠管理システム
外食産業界に業種特化したパッケージ群からなるASP型ERPパッケージ。各サブシステムを組み合わせることで、低価格でユーザニーズに応えるシステム構築が可能。 シフト管理と勤怠管理の業務を効率化し、不正のない打刻による厳密な出退勤管理を可能にするなど、様々な機能を提供するシフト管理・勤怠管理ソリューション。 勤怠から給与振込までワンストップのオールインワン労務管理。さまざまな条件における給与計算機能を搭載。サーバも不要で、インターネット環境があればすぐに利用できる。

勤怠管理」関連の特集


 今まさにクラウドコンピューティングがITの利用形態とその可能性を大幅に変えつつある。例えば総務省が…



今年、マイナンバー制度がスタート。開始とともに源泉徴収票・保険の手続きにもマイナンバーを入れなければ…



347人対象に導入状況や導入方式、勤怠管理での苦労など、勤怠管理状況を調査!ASP・SaaS型の導入…


勤怠管理」関連のセミナー

〜労基署調査と法規制強化への対処術〜 労務管理対策セミナー 【CSアカウンティング/オービックビジネスコンサルタント/協立情報通信】  

開催日 5月19日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

いま、企業の労働環境は目まぐるしく変化しています。テクノロジーの進化や女性の社会進出などにより働き方が多様化し、労務コンプライアンス強化や生産性向上のために労働…

IT Solution Forum 2017 in 長崎 【キヤノンシステムアンドサポート】  

開催日 5月17日(水)   開催地 長崎県   参加費 無料

この度、キヤノンシステムアンドサポートは企業の抱える【経営課題】を解決することを目的として『情報セキュリティ対策』『労務管理』『ワークスタイル変革』などをキーワ…

奉行とマイクロソフトクラウドで実現する経営情報ソリューション 【オービックビジネスコンサルタント/日本マイクロソフト/協立情報通信】  

開催日 4月26日(水),5月9日(火),6月6日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

企業の持続的成長を支える情報システムの基盤として、クラウドの利用は必須の条件となっています。現在では、会計業務や勤怠管理などもクラウドに対応し、導入・運営する企…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

勤怠管理/ 【第10回】実用的な“SaaS型”勤怠管理の選定術!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「勤怠管理/ 【第10回】実用的な“SaaS型”勤怠管理の選定術!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006618


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ