【第5回】ビッグデータ活用上の課題:収集編(2/2)

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/09/27

“ビッグデータ”がビジネスにもたらす可能性

自己紹介
株式会社日立システムズ 小島 保
主な経歴
日立グループに30年以上勤務。入社からシステムエンジニア(SE)として、パラメタ指定で業務システムを自動生成する「プログラム開発支援ツール」の開発に10年ほど従事。その後「これからの営業はSE経験も必…

【第5回】ビッグデータ活用上の課題:収集編(2/2)

 前回までに「ビッグデータ」を8つ(「1.オペレーションデータ」「2.ログデータ」「3.オフィスデータ」「4.カスタマーデータ」に、「5.ソーシャルメディアデータ」「6.マルチメディアデータ」「7.ウェブサイトデータ」と「8.センサーデータ」)に分類・解説させていただきましたが、今回は新たに「オープンデータ」について、次の4つについて解説したいと思います。

■ 「オープンデータ」とは?
■ 日本の取り組み状況
■ データの利用条件
■ データの入手方法

1

「オープンデータ」とは?

■オープンデータとは?

 「オープンデータ」とは、政府や地方自治体などが保有する大量の情報(「ビッグデータ」)を公開したデータになります。このデータは利用者にとってコンピュータ加工を含めた使いやすいデータとして提供されます。

■対象となるデータは?

 「オープンデータ」の対象となるデータは、「地理情報」「気象・環境情報」、経済統計等の「経済・ビジネス情報」、人口や意識調査や労働等の「社会情報」、渋滞情報等の「交通情報」、観光統計等の「観光・レジャー情報」、農地利用や漁獲等の「農林・水産・林業情報」、地球物理等の「資源情報」、犯罪や特許や商用等の「法務情報」、大学研究等の「科学・研究情報」、学術論文等の「教育情報」、政府官報や白書等の「政治情報」、美術や図書館等の「文化情報」など実にさまざまなデータが対象になります。
 ただそのすべてが今現在提供されていると言うことではなく、整備を含めて対応中といったのが現状です。

■ビジネス上の価値

 「オープンデータ」を「ビッグデータ」の観点で見た場合、前述の対象データをご覧頂いても分かるとおり、実にさまざまなデータがありますが、企業活動やさらには市民生活に有益な付加価値の高い情報として経済の活性化や公共サービスの向上につなげることができるようになると思いますが、いかがでしょうか?

2

日本の取り組み状況

 この「オープンデータ」の取り組みは日本だけではなく、むしろ諸外国の方が先行している状況です。World Wide Web Foundationという団体が2012年9月18日に世界各国のオープンデータ進捗度をOpen Data Indexとして次の14の指標で評価しています。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ビッグデータ/【第5回】ビッグデータ活用上の課題:収集編(2/2)」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

ビッグデータ」関連の製品

intra-mart Accel Platform 【NTTデータ イントラマート】 16PBを超える保存データを保護、MasterCardに学ぶビッグデータセキュリティ戦略 【Cloudera】 IoT時代のビジネスを加速するビッグデータ基盤の課題と解決策 【日本ヒューレット・パッカード】
グループウェア ビッグデータ ビッグデータ
JavaEEフレームワークをベースにワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/モバイルなど業務コンポーネントを揃えたシステム共通基盤/PaaS。ハイブリッドクラウド対応。 16PBを超える保存データを保護、MasterCardに学ぶビッグデータセキュリティ戦略 IoT時代のビジネスを加速するビッグデータ基盤の課題と解決策

ビッグデータ」関連の特集


従来のレーザ読み書きヘッドの仕様をそのままに1枚1TB記録を視野に入れる新規格「Archival D…



2015年9月3日に成立した「改正個人情報保護法」。一体何が変わったのか、企業で対応すべきポイントと…



企業データのバックアップは、日常業務におけるデータ保全という点でも必須だが、昨年の震災以降、災害への…


ビッグデータ」関連のセミナー

SPSS製品紹介セミナー 【アドバンスト・アナリティクス】  

開催日 9月22日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

AI、IoT…急速なテクノロジーの進化によって、企業にはビッグデータが蓄積され、そのデータ活用があらゆるビジネスで重要になっている現代。 データ分析は少数のデー…

セミナー「第4次産業革命とIoT」 【主催:フューチャーイン/協賛:エクス/ウイングアーク1st】  

開催日 9月13日(水)   開催地 愛知県   参加費 無料

◎2017年9月13日(水曜日) 名古屋・新栄町にて開催まずは基本から知り、簡単にはじめよう!「第4次産業革命とIoT」  〜つながる工場、見える工場〜<会場>…

今からはじめる!クラウドのビジネス利用 【グローバルナレッジネットワーク】  

開催日 9月1日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

これからクラウドを導入する企業の担当者の方におすすめ!「クラウドファースト」が合言葉となり、新規導入するシステムの選択肢としてクラウドを最初の候補に検討すること…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ビッグデータ/ 【第5回】ビッグデータ活用上の課題:収集編(2/2)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ビッグデータ/ 【第5回】ビッグデータ活用上の課題:収集編(2/2)」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006615


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ