【第1回】医療におけるIT化の現状と課題

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/09/13

中小企業でも共通!?中小病院の“IT化”成功術

自己紹介
ビーアイ・ラボ 佐藤 雅英
主な経歴
情報サービス会社、システムインテグレータにて17年間、SEとして業務アプリケーションの開発に携わる。その後、真に経営に役立つIT導入に貢献したいという想いから経営を学ぶため経営コンサルティング会社に勤…

【第1回】医療におけるIT化の現状と課題

医療機関のIT化の現状

 現在、医療は「施設から地域へ」また「施設から在宅へ」といったパラダイムシフトが起きています。つまり、国は37兆円と膨大に膨らんだ医療費を削減し、効率的な医療を実現するための施策として地域連携医療、在宅医療を推進しているのです。これを実現するには、多施設・多職種間(※)での効果的かつ効率的な情報連携が必要になるとともに、いつでも、どこでも患者情報を参照・登録・更新する環境が求められてきます。従って、今後、効果的かつ効率的に医療を提供するためには積極的なIT化の推進を避けて通ることができないのです。

 一方、平成13年に定めた「保健医療分野の情報化にむけてのグランドデザイン」では、「電子カルテを平成18年度までに全国の400床以上の病院及び全診療所の6割以上に普及させる」とありますが、未だにそれは達成できておりません。 400床以上の大病院では電子カルテシステムの導入が進んできましたが、200床未満の中小規模病院では普及率が20%程度で、高齢の医師が開業する診療所でもあまり普及していないのが現状です。他の産業に比べ、戦略的IT活用はおろか効率化面での活用すら浸透していない状況と言えます。

※多施設
 病院、診療所、介護施設、調剤薬局、訪問看護センター、訪問介護事業所など
※多職種
 医師、看護師、放射線技師、検査技師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、管理栄養士、
 ケアマネージャー、介護福祉士、介護ヘルパーなど

国が目指すIT化の方向性

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

医療/【第1回】医療におけるIT化の現状と課題」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「医療」関連情報をランダムに表示しています。

医療」関連の製品

DNA塩基対の解析を高速化、ヒトゲノム研究の最前線を支える次世代インフラとは 【日本ヒューレット・パッカード】 多機能・高精細ビューイングエンジン PrizmDoc 【ラネクシー】 驚きの“ビデオ会議”活用法、多彩なビデオ会議ソリューション 【ポリコムジャパン】
垂直統合型システム 開発ツール テレビ会議/ビデオ会議
DNA塩基対の解析を高速化、ヒトゲノム研究の最前線を支える次世代インフラとは PrizmDoc は開発ツールです。Webアプリケーション上に構築するビューイングエンジンです。低コストで効率的に多機能・高精細ビューイングソフトを作成可能。 「ビデオ会議は会議室で使うもの」……その考えはもう古いかもしれない。ビデオ会議は会議室を飛び出し、思いも寄らない使い方をされている。そのエピソードを見ていこう。

医療」関連の特集


オープンデータ/ビッグデータの活用においては、自治体の動きにも注目が集まっている。他自治体や企業との…



 前回に引き続き「ストレスチェック義務化」の背景にある、日本企業におけるメンタル不全の現状について紹…



情報漏えい対策において、従業員による内部不正を無視することはできない。重要度の高い情報が流出する可能…


医療」関連のセミナー

ディープラーニングを活用した、類似性判定や類似文書の検索 【主催:NALヒューマンリソース 協力:オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 8月3日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

【ディープラーニングを活用した、設計文書、特許文書、論文等の類似性判定や類似文書の検索(ベトナムオフショアで開発する人工知能システム)】【急速に普及する人工知能…

販売・保守テンプレートご紹介セミナー 【内田洋行】  

開催日 7月18日(火),9月15日(金),10月18日(水),11月21日(火),12月14日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

導入数4600本以上を誇る基幹業務パッケージ「スーパーカクテル」が、ワークフローシステム「intra-mart」をベースに登場!保守業務を行う企業様において、そ…

医療分野における人工知能(AI)活用 【ビジネスインテリジェンスネットワーク】  

開催日 8月9日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 2万8080円(税込み)

人工知能(AI)の進化が、様々な分野で大きな変革をもたらしています。医療分野についてもその在り方を変えようとしています。 画像診断の支援、ゲノム医療の実現に向け…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

医療/ 【第1回】医療におけるIT化の現状と課題」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「医療/ 【第1回】医療におけるIT化の現状と課題」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006592


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 基幹系システム > 電子帳票システム > 電子帳票システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ