【第10回】「売れる」は戦略的に作ることができる?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/09/02

1人で実現!戦略的“売れる”販促ツール作成法

自己紹介
有限会社グレイズ 小澤 歩
主な経歴
(財)ブランド・マネージャー認定協会マスタートレーナー広告会社のグラフィックデザイナー・アートディレクターを経て、有限会社グレイズを設立し、企業の広告販促・ブランディングツールを手がける。単にきれいな…

【第10回】「売れる」は戦略的に作ることができる?

 前回までで、プロのデザイナーでない方が「売れる」販促ツールを自分で作成するためのポイントをご紹介してきました。販促ツール作成法としてのコラムは今回で一旦終了します。ここまでのまとめとして、売れる販促ツールのポイントをご紹介していきます。


1

売れる『戦略』は難しくない!

 このコラムのタイトルは『戦略的』とあります。『戦略』というと難しそうなマーケティング用語が並んで、大企業がやることとイメージされる方もいらっしゃるかもしれません。中小企業の方ですと「自社には関係ない」と感じることもあるようですが、戦略というのは難しいものではありません。戦略を簡単にいうと「ある目的や目標があって、それを達成するためにどうするか考えて計画すること」です。こう考えたら『戦略』も難しいものでなく感じませんか?「新規のお客様をこれだけ集めたい」という目的を達成するために、どんな販促ツールにしたらよいのかと考えることが戦略です。せっかくチラシやWebサイトを作ったのに効果がない・・・というときに、単にかっこいいからこの写真を使ってみた。何となくこの色やフォントを選んだ。こうするとギャンブル的になってしまい、効果も出づらいものになってしまいます。見る人からこういう反応を得たいという目的のために、「ではどんな写真、色やフォントを使えばよいだろうか」と意図的に考えることで、戦略的な販促ツールができあがります。
 また、販促ツールを作成した後、どのくらいに効果があったのか?という効果検証をすることで、次回の販促の精度を高めることができます。何となくではなく、意図的に表現をすることで、販促活動実施後の効果検証がしやすくなります。

販促ツール作成から実行の大まかな流れ
販促ツール作成から実行の大まかな流れ

+拡大


2

「売れる」販促ツールは手紙を書くこと?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

販促/【第10回】「売れる」は戦略的に作ることができる?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「販促」関連情報をランダムに表示しています。

販促」関連の製品

「未来のお客さま」を見つけ、育てる「フルファネルマーケティング」のすすめ 【AdRoll】 eラーニングや販促など用途が広がる音声合成ソフト、製品選びのポイントは? 【エーアイ】 メール配信の4つの秘訣――リピート率向上と「カゴ落ち」回避で売り上げアップ 【ユミルリンク】
CRM 開発ツール CRM
展示会などでリードを収集してナーチャリングし、営業案件へ育てていく。そんなB2Bマーケティングが、最近頭打ちになっているという。打開策はどこにあるのか。 eラーニングや販促など用途が広がる音声合成ソフト、製品選びのポイントは? メール配信の4つの秘訣――リピート率向上と「カゴ落ち」回避で売り上げアップ

販促」関連の特集


企業利用も進むTwitterやFacebook。これらソーシャルメディアが持つ膨大な情報を、企業で活…



BIって難しいモノで、専門の人しか触れないと思っていませんか?それは大きな間違いなんです!ぜひココで…



 前回では、売れる販促ツールで見る人に伝えるのは、あなたの商品・サービスではなく、その人の持っている…


このページの先頭へ

販促/ 【第10回】「売れる」は戦略的に作ることができる?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「販促/ 【第10回】「売れる」は戦略的に作ることができる?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006573


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 中小企業ITコラム > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ