【第9回】顧客が選びたくなる“フォント”選び!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/08/26

1人で実現!戦略的“売れる”販促ツール作成法

自己紹介
有限会社グレイズ 小澤 歩
主な経歴
(財)ブランド・マネージャー認定協会マスタートレーナー広告会社のグラフィックデザイナー・アートディレクターを経て、有限会社グレイズを設立し、企業の広告販促・ブランディングツールを手がける。単にきれいな…

【第9回】顧客が選びたくなる“フォント”選び!

 前回は、販促ツールのフォントだけで、与える印象が変わり、購買行動に影響を及ぼすことをご紹介しました。今回は、販促ツールで使うフォントはそれぞれどのような印象を与え、どんなフォントを選んで購買行動に結びつければよいのかをご紹介します。


1

フォントにはそれぞれの印象がある!

 販促ツールには、キャッチコピーからはじまり、商品・サービスの紹介やメニュー、料金や連絡先など、文字情報が必ずあります。文字のフォントの適切な使い方はデザインの基本です。販促ツールをパソコンで自作するときは、自分でフォントを選ばなければなりませんが、それぞれを見る人が持ちやすい印象を知っておけばそれほど難しく考える必要はありません。フォントには、ゴシック体、明朝体、POP 体、丸ゴシック体、楷書体、デザイン書体などあります。それぞれのフォントで、どのような印象を持たれるかというと、だいたい以下のようになります。

フォントが与える印象
フォントが与える印象

 これらを参考に、あなたの会社や商品・サービスがどのような印象を持たれればよいのかを考えて、フォントを選んでみてください。


2

自分で判断するから納得してくれる?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

フォント/【第9回】顧客が選びたくなる“フォント”選び!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「フォント」関連情報をランダムに表示しています。

フォント」関連の特集


キーマンズネットで掲載した人気記事を、テーマ別に再編集して1冊のPDFにまとめました。



2015年7月から12月にご寄稿いただいたKey Conductors記事を対象に「記事閲覧数」「読…



 前回まで、販促ツールで世界観をつくることが顧客に納得して買ってもらうために大切とご紹介しました。顧…


「CMS」関連の製品

CMSソフトウェア Movable Type 【シックス・アパート】 Webサイト構築プラットフォーム「RCMS」 【ディバータ】 オープンソースCMS「Drupal」導入サービス 【デジタルサーカス】
CMS CMS CMS
効率的なWebサイト運用を実現する、国内シェアNo.1のCMSプラットフォーム。安心のセキュリティ、豊富なソリューションで、小中規模からエンタープライズまで対応。 豊富な標準機能が強みの国産CMS。コーポレート、求人、情報配信、EC・ポータルなど、多岐に渡るサイトの構築・運用管理を得意とし、2000社以上への導入実績がある。 コンテンツ管理、会員管理、キーワード検索、RSS配信など豊富な機能を搭載しつつ、誰でも無料で利用可能なCMS「Drupal」を豊富な経験を持つエンジニア/デザイナーが支援。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

フォント/ 【第9回】顧客が選びたくなる“フォント”選び!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「フォント/ 【第9回】顧客が選びたくなる“フォント”選び!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006541


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > WEB構築 > CMS > CMSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ