【第4回】電子書籍いざ出版…大事なものはこの2つ!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/09/09

ド素人でも出版できる!?はじめての電子書籍

自己紹介
ビリーブロード株式会社 代表取締役社長 草苅 徹
主な経歴
システムアナリスト/プロジェクトマネージャー/ITサービスマネジメント評論家、作家。システムエンジニア、プロジェクトマネージャーとしてシステム設計・開発、システム統合、システム運用設計などを経験。IT…

【第4回】電子書籍いざ出版…大事なものはこの2つ!

 さあ、さっそく(と言いつつも、すでに第4回目の記事となってしまいましたが……)、書籍の出版を具体的に進めていきましょう。 

1

まずは、アカウント登録

 前回ご紹介したKDP(Kindle Direct Publishing)を利用するためには、申請をしないといけないのですが、申請自体は簡単です。
Amazonアカウントでサインインし(Amazonのアカウントを持っていない人は、無料なので作ってしまいましょう。)、いくつかの項目を登録するだけです。Amazonの、「Amazonでビジネス」のページの左下、「Kindleダイレクト・パブリッシング」のリンクをクリックして進んでください。
 サインインをすると、KDP用に次の項目を登録することになります。

 ・氏名・会社名
 ・国
 ・郵便番号
 ・住所1
 ・住所2(オプション)
 ・電話番号
 ・ロイヤリティ支払いのための銀行口座


 この登録が許可されれば、KDPを使うための環境が揃ったことになります。

「Amazonでビジネス」ページ
「Amazonでビジネス」ページ

+拡大

2

用意するものは表紙と本のデータファイル

 さあ、次に、出版に必要なものを準備します。用意するものは、以下の2つ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

電子書籍/【第4回】電子書籍いざ出版…大事なものはこの2つ!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「電子書籍」関連情報をランダムに表示しています。

電子書籍」関連の特集


テレビに続き、ラジオもデジタル放送が始まっています。この春、新しい放送局も続々と開局。デジタルラジオ…



タブレット端末を営業ツールとしてプレゼンテーションに活用すれば顧客へのインパクトは強い。PCよりも持…



現在利用中の「端末」「OS」「オフィススイート」は?今後1年以内でクライアント端末の導入予定者が検討…


「CMS」関連の製品

エンタープライズコンテンツ管理システム Alfresco 【イージフ】 Webサイト構築プラットフォーム「RCMS」 【ディバータ】 Webコミュニケーションプラットフォーム Sitecore on Cloud 【ソフトバンク・テクノロジー】
CMS CMS CMS
オープンソースによる本格的な文書管理/情報共有ツールであり、CMIS(コンテンツ管理システムの標準規格)に準拠。エンタープライズ規模に対応。 豊富な標準機能が強みの国産CMS。コーポレート、求人、情報配信、EC・ポータルなど、多岐に渡るサイトの構築・運用管理を得意とし、2000社以上への導入実績がある。 多機能なCMS基盤にマーケティング機能(アクセス解析、A/Bテスト、ターゲティング)を備えたWebプラットフォーム。安定したインフラ基盤と運用監視サービスも併せて提供。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

電子書籍/ 【第4回】電子書籍いざ出版…大事なものはこの2つ!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「電子書籍/ 【第4回】電子書籍いざ出版…大事なものはこの2つ!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006538


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > WEB構築 > CMS > CMSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ