【第4回】ビッグデータ活用上の課題:収集編(1/2)

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/09/20

“ビッグデータ”がビジネスにもたらす可能性

自己紹介
株式会社日立システムズ 小島 保
主な経歴
日立グループに30年以上勤務。入社からシステムエンジニア(SE)として、パラメタ指定で業務システムを自動生成する「プログラム開発支援ツール」の開発に10年ほど従事。その後「これからの営業はSE経験も必…

【第4回】ビッグデータ活用上の課題:収集編(1/2)

 これまで起承転結の【起】となる第1回目で「そもそもビッグデータって何なの?」ということで、「ビッグデータ」の定義とその種類を2012年4月27日に総務省が開催した「情報通信審議会 情報通信政策部会 新事業創出戦略委員会・研究開発戦略委員会(第9回)(合同開催) 」で配布され「ビッグデータの活用に関するアドホックグループの検討状況」の資料で分類された8つのデータを紹介し、続く起承転結の【承】となる第2回目で8つに分類されたデータのうち(1)オペレーションデータ、(2)ログデータ、(3)オフィスデータ、(4)カスタマーデータの4つと、第3回目で残る4つの(5)ソーシャルメディアデータ、(6)マルチメディアデータ、(7)ウェブサイトデータ、(8)センサーデータ」について解説させていただきました。

 そこで、今回はその分類されたデータを自分たちが実際に活用するために、どのようにデータを入手するのか?ということで「データ収集方法」について分類した8つのデータの組み合わせも含めて、見てみたいと思います。

1

既に手元にあるデータ

 まずは読者の皆さんが日々の業務活動において業務システム等を介してデータを発生させ、既に手元にあるデータになります。

(1) オペレーションデータ、(4) カスタマーデータ、(7) ウェブサイトデータ

 「オペレーションデータ」「カスタマーデータ」にECサイト等を運営されている場合の「ウェブサイトデータ」は、各業務システムにより日々発生しているデータで、既に予め業務システムが持つデータ分析機能やDWHData WareHouse)やBIBusiness Intelligence)と言われる「経営情報システム」などを活用して、データを分析されている読者も多いのではないでしょうか?

(2) ログデータ

 「ログデータ」も既に手元にあるデータではありますが、通常取得されているデータは異常時解決のために使用されるデータが主となり、「ビッグデータ」の観点で活用や分析するというのはセンサーなどで機械的に検知・取得されたデータ等も含めて、機械や設備などを製造される業種の読者の方々が利用者としては多いのかも知れません。

(3) オフィスデータ

 「オフィスデータ」は、日々の営業活動において作成されるもので、フォルダ管理の簡易的なものから、ドキュメント管理システム等でデータを保管し、データ検索から再利用などで活用されていると思います。

2

サービスを契約することで手に入るデータ

 続いて自社が保有するデータではなく、第三者が保有するデータで、かつデータだけでなく、データを分析するためのツールや分析結果の解析サービスも含めて提供する会社と契約することで、手に入るデータ(情報)になります。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ビッグデータ/【第4回】ビッグデータ活用上の課題:収集編(1/2)」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

ビッグデータ」関連の製品

Hadoopをクラウドで実行すべき5つの理由 【ホートンワークスジャパン】 Dell EMC VxRail HCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)ソリューション 【DELL EMC】 着想から運用開始まで約1カ月 超短工期で出来上がったシステム 【株式会社ジェナ】
データ分析ソリューション 垂直統合型システム システムインテグレーション
ビッグデータ分析基盤の新主流 4つのケースから考える、Hadoop有効利用の方法 ハイパーコンバージドインフラが引き出す「VDIのメリット」ってどんなもの? ネスレ日本が挑んだ「物流現場の問題をIoTで解決」

ビッグデータ」関連の特集


GPS電波が届かない地下街や建物内でも位置が高精度でわかる「地磁気データ屋内測位」技術が登場!おもて…



機密情報保護や情報漏洩による企業リスク低減として利用が進み、2014年度は12億円が見込まれるDLP…



デロイト トーマツ コンサルティングでは、今年3月に日本企業におけるワークスタイル改革に関する調査結…


ビッグデータ」関連のセミナー

Japan Security Vision 2017 【インターナショナルデーターコーポレイションジャパン】 注目 

開催日 3月2日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

■セキュリティは企業の経営戦略の要となる2020年に向かって、デジタルトランスフォーメーション(DX)[※]に対する企業の動きが加速していきます。企業がDXを実…

データドリブンな経営を実現する機械学習の実例紹介 【伊藤忠テクノソリューションズ/ブレインパッド/SAPジャパン】 締切間近 

開催日 3月8日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

●このような方におすすめいたします●・機械学習の活用イメージが知りたい方・手作業のデータ分析が限界のため、効率化していきたい方・すでに機械学習を活用しているがビ…

開発者様向けセミナー「InterSystems Japan Summit in 大阪」 【インターシステムズジャパン】 締切間近 

開催日 3月8日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

インターシステムズジャパンでは、開発者様を対象に、技術セミナー「InterSystems Japan Summit 2017 in 大阪」を開催いたします。共通…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ビッグデータ/ 【第4回】ビッグデータ活用上の課題:収集編(1/2)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ビッグデータ/ 【第4回】ビッグデータ活用上の課題:収集編(1/2)」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006535


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ