この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

IP-PBX

2013/09/03


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、IP-PBXのシェア情報をご紹介しよう。

 富士キメラ総研の調べによれば、2012年のIP-PBXの国内市場規模は750億円と見込まれる。
 国内メーカーによる新製品投入にともなうリプレイス需要や介護施設の増加といった新規需要により一定需要は維持するものの、生産年齢人口の減少や事業所数の減少、スマートフォンへのニーズ移行などの影響から市場は縮小傾向と予測される。
 市場占有率(金額ベース)を見ると、1位のベンダが28.1%で、モバイル端末対応の強化や会議システムとの連携による販売展開の推進により、売上の拡大が見込まれる。メール・SNS・会議システムなどのデータ系の利用が増加しており、今後データ系の機能強化を図っていく方向性である。2位は23.5%で、保守切れや企業内セントレックス案件のリプレイス獲得により、売上拡大が見込まれる。
 販売チャネルは、直接販売が35%で、大手企業や大規模コンタクトセンタに対する直接販売が比較的高い割合を占める。間接販売は65%で、SIerやNIer、古くから電話回線と電話機の販売を行なっている電話設置会社などを中心とする販売パートナー経由でのビジネスが中心である。
 サーバやストレージなどのITリソースや業務アプリケーションをクラウドサービスとして利用するユーザが増加しており、PBXにおいてもベンダやSIerのセンタにPBXを設置し、基本的な通話系システムをサービスとして利用するPBXクラウドサービス需要も拡大しつつあるとみられる。

IP-PBXシェア

IP-PBXシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

PBX/「IP-PBX」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PBX」関連情報をランダムに表示しています。

PBX」関連の製品

トラスティルグループの事例から、在宅勤務実現のヒントを探る 【NTTコミュニケーションズ】 次世代クラウドサービス PureCloud 【インタラクティブ・インテリジェンス】 低コストで始められる「スマートフォン内線化」の仕組みとは―― 【NTTコミュニケーションズ】
IP-PBX コールセンター/CTI IP-PBX
在宅勤務制度を自社にどう取り入れるか悩む企業は多い。新たな取り組みゆえに対応すべきことも多岐にわたる。そこで参考になるのが、ある士業グループの取り組みだ。 コラボレーション、コミュニケーション、顧客エンゲージメント向けクラウドサービスをオールインワンで提供。高い拡張性・信頼性・セキュリティのもとで利用できる。 担当者が外出中で電話対応できないなど、知らぬ間に陥っている機会損失をクラウド型サービスとスマートフォンの活用で解消する方法がある――ビジネスフォンのアプリ化だ。

PBX」関連の特集


今回ピックアップするのはVoIPゲートウエイ。企業向けのIP電話は2003年ごろから本格的にスタート…



今回ピックアップするのはIP-PBX。インターネットのブロードバンド化が急速に進んだ結果、電話もデジ…



コンタクトセンタやヘルプデスクは顧客の生の声を直接聞くことができる重要な接点。より業務効率化が進み、…


「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

PBX/ 「IP-PBX」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「PBX/ 「IP-PBX」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006523


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP-PBX > IP-PBXの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ