【第7回】クラウドストレージとシャドウITの危険性

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/08/21

クラウドって中小企業でもホントに使えるの!?

自己紹介
株式会社ペンタゴン 冨田 さより
主な経歴
ITコーディネータ。東京商工会議所のWeb戦略パートナーとして活動中。1997年ペンタゴン設立。生産管理パッケージ販売及び導入支援、SCMシステム構築に携わり、中国生産工場への導入支援実績も多数。アパ…

【第7回】クラウドストレージとシャドウITの危険性

 前回は財務会計データの保存場所としてクラウドストレージにふれましたが、今回からは2回に分けて利用の現状と導入時の注意点などをご紹介していきます。

1

個人用で良いの?

 クラウドストレージと言えば、法人利用よりも個人利用が進んでおり、自分のデータ保存だけでなく他の人と共有も可能で、連携しているサービスも多い“Dropbox”が、公私ともに利用が一番多いようです。

 他にも、“Sugersync”、“Nドライブ”、など、個人用で無料から使えるストレージサービスがたくさん出ていて、業務に利用している人も多いと思います。個人利用、法人共に、Gmailと一緒に広く利用されている、“GoogleDrive”。Maicrosoftの“SkyDrive”も、PCとの同期、ファイル共有、スマホやタブレット用アプリも用意されており、“GoogleDrive”同様の利用方法が可能です。

 先日“GoogleDrive”の共有設定が、特定の人では無く、一般公開設定になっていて、公的機関含め多くの企業の重要文書に外部からアクセス可能な状況になっていて、皆さん自分の設定を再確認すると言う騒ぎがありましたね。法人契約で利用する“GoogleApps”でも、GoogleDriveは個人アカウントに関連しており、会社のシステム部で、一括管理が出来ないので、セキュリティ設定など個人のリテラシーに左右されてしまいます。

 あまり知られていないのですが、“Dropbox”や“Sugersynk”にも法人利用のビジネス版が用意されており、集中管理が出来るようになっています。
Dropboxが、1ID$795/年(約8万円)、50名で$6420/年 100名で$12670/年。
Sugersyncは、100GB 3IDまで$29.9/年 4ID以降1IDに付き$99.99/年

 SkyDriveにもOffice365とセットで法人利用できるサービスがあります。
*参考 MicrosoftBlog「SkyDriveとSkyDrive Proの違いは?

2

個人用アプリケーション利用の注意点

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

クラウドストレージ/【第7回】クラウドストレージとシャドウITの危険性」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「クラウドストレージ」関連情報をランダムに表示しています。

クラウドストレージ」関連の製品

NIFTY Cloud/ニフティクラウド(パブリック型クラウドサービス) 【ニフティ】 複数のデバイスやアプリを使った働き方に最適な環境や管理とは? 【ヴイエムウェア株式会社】 オンラインストレージ・パッケージ DocPlug 【鉄飛テクノロジー】
IaaS/PaaS VDI オンラインストレージ/ファイルストレージ
国内最大級!4,500件以上の導入実績を誇るパブリッククラウド
◆卓越したパフォーマンスと信頼性・柔軟性
◆24h/365日対応の電話サポート
◆使いやすいコントロールパネル
成果の出る職場は「どのデバイスからでも、すべてのアプリが使える」、どう実現 自社のファイルサーバをオンラインストレージとして利用できるソフトウェア。PCやタブレット、スマートフォンを利用した社外からのデータアクセスを簡単に実現。

クラウドストレージ」関連の特集


データ保護の重要性が再認識されたことで見直しが進められている「バックアップツール」。今回はバックアッ…



XPのサポートが2014年4月9日(日本時間)終了にともない、急務となっているOS移行。移行後のO…



 サーバのバックアップには、D2T(ディスクトゥテープ)、 D2D(ディスクトゥディスク)など様々な…


クラウドストレージ」関連のセミナー

ファイル交換・転送サービスの正しい選び方 【NRIセキュアテクノロジーズ】  

開催日 2月16日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

他社との協業活動の拡大や世の中の急速なデジタル化に伴い、国内外問わず社外とのデータ授受・共有が増えており、それに比例してセキュリティ事故の発生リスクも増加します…

Workspot+ハイパーコンバージドで実現する次世代VDIセミナー  【主催:SCSK/共催:EMCジャパン/CSIソリューションズ/日本ヒューレット・パッカード/ニュータニックス・ジャパン】  

開催日 2月1日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーは、次世代仮想デスクトップ(VDI)ソリューション「Workspot VDI2.0」のセミナーです。Workspotのご紹介とあわせ、VDIの仮想イン…

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

クラウドストレージ/ 【第7回】クラウドストレージとシャドウITの危険性」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「クラウドストレージ/ 【第7回】クラウドストレージとシャドウITの危険性」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006518


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ