【第2回】相手は世界だ!ド素人でも世界に発信!!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/08/26

ド素人でも出版できる!?はじめての電子書籍

自己紹介
ビリーブロード株式会社 代表取締役社長 草苅 徹
主な経歴
システムアナリスト/プロジェクトマネージャー/ITサービスマネジメント評論家、作家。システムエンジニア、プロジェクトマネージャーとしてシステム設計・開発、システム統合、システム運用設計などを経験。IT…

【第2回】相手は世界だ!ド素人でも世界に発信!!

 前回、電子書籍市場の可能性について公開データからの見解を述べましたが、もう少しだけこの電子書籍の可能性を身近に感じていきましょう。筆者は、前回「電子書籍の市場の形成は、まだ未完成」と述べました。特にユーザの年代を分けてその理由を簡単に示しましたが、それだけでは「電子書籍の今後の発展は見込めないのでは?」と思われる読者も多いかと思います。そこを、前回は市場予測のグラフから、市場規模の発展に期待する視点で示してみました。その遠因には、「スマートフォン」「タブレット端末」の普及があります。

 実際には、日本ではもう少しだけ電子書籍専用端末もがんばると思われます。Amazonの「Kindle」端末も、楽天の「Kobo」も、今年は拡販に力を入れています。しかし、後押しするのは、「スマートフォン」「タブレット」です。ここでも、総務省の調査結果を拝借します。世界規模でみた、スマートフォンの市場拡大見通しです。

情報通信産業・サービス動向・国際比較
情報通信産業・サービス動向・国際比較
(出典)総務省「情報通信産業・サービスの動向・国際比較に関する調査研究」(平成24年)

+拡大

 ・スマートフォン比率は今後拡大を続け、2015年(平成27年)には世界市場において5割を超える見通しとなっている。

 ・スマートフォンの販売台数は、2011年(平成23年)の4億7,000万台から、2016年(平成28年)には13億台に、年平均22.5%での成長が予測されており、高い成長が見込まれる有望市場であることが示唆されている。

左図から分かることです。

 「例え世界市場はそうでも、日本はどうだろうか?」と思われる方もいるでしょう。しかし、この分野では、概ね日本も追随していくと考えていいでしょう。そして、世界規模の推移予測をここで出させてもらったのは、何を隠そう、本コラムのテーマ、「電子書籍出版」が、普通の人でも簡単に出版できる、ということだけではなく、その出版の向こう側には「世界」がある、ということも意識してもらいたかったからです。

  そうなんです。あなたも、私も、誰もが電子書籍を出版できると同時に、世界に向けて発信できる環境が、すでに目の前にあるのです。
その数が、2016年には13億台あるわけです。魅力的に感じてきませんか?もし、総務省予測の年平均22.5%が、もう少し続くなら、15億、いや20億台も(つまりはフィーチャーフォンなどのユーザがほぼ全てスマートフォンに乗り換えるわけですが…)あり得るわけです。

 そうしたユーザの一部が、スマートフォン上で電子書籍を楽しむのは、もはや当たり前と言ってもいいでしょう。さあ、この近未来世界を想像しながら、世界に発信する電子書籍を、自分自身で創造してみるのはいかがでしょうか?そのような環境が目の前にあるのです!まさしく、「ど素人でも出版できた!」の世界なのです。

 電子書籍出版は過渡期です。成長している市場です。今なら、多くのコンテンツが受け入れられます。成長期には、試験的な試みもまた発展と捉えて受け入れられやすいでしょう。

■今後の電子書籍に求められるコンテンツとは?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

電子書籍/【第2回】相手は世界だ!ド素人でも世界に発信!!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「電子書籍」関連情報をランダムに表示しています。

電子書籍」関連の特集


テレビに続き、ラジオもデジタル放送が始まっています。この春、新しい放送局も続々と開局。デジタルラジオ…



 写真がこのレベルなら、絵でも十分出版可能な気がします。絵本は、漫画・コミックと同じくらい、まだまだ…



 それでは、早速、Kindle Direct Publishing(KDP)に、自分の作品を登録し、…


電子書籍」関連のセミナー

ワンソース・マルチユース入門 【PFUテクニカルコミュニケーションズ】  

開催日 3月2日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

かつては冊子で配布されるのが一般的だった製品マニュアルも、近年ではPC、タブレット、スマホなどの多様なデバイスで閲覧される機会が増え、Web形式や電子書籍形式な…

ワンソース・マルチユース入門 【PFUテクニカルコミュニケーションズ】  

開催日 2月24日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

かつては冊子で配布されるのが一般的だった製品マニュアルも、近年ではPC、タブレット、スマホなどの多様なデバイスで閲覧される機会が増え、Web形式や電子書籍形式な…

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

電子書籍/ 【第2回】相手は世界だ!ド素人でも世界に発信!!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「電子書籍/ 【第2回】相手は世界だ!ド素人でも世界に発信!!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006511


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > WEB構築 > CMS > CMSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ