【第1回】そもそも“ビッグデータ”って何なの?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/08/30

“ビッグデータ”がビジネスにもたらす可能性

自己紹介
株式会社日立システムズ 小島 保
主な経歴
日立グループに30年以上勤務。入社からシステムエンジニア(SE)として、パラメタ指定で業務システムを自動生成する「プログラム開発支援ツール」の開発に10年ほど従事。その後「これからの営業はSE経験も必…

【第1回】そもそも“ビッグデータ”って何なの?

 はじめまして。このたびは数多くのコラムの中で私のコラムにお越しいただき、大変ありがとうございます。今回から“ビッグデータ”をキーワードに取り上げ、コラムを連載させていただきます小島と申します。よろしくお願いいたします。
 さて、皆さんは“ビッグデータ”というキーワードを聞いてどうお感じでしょうか?私の経験上、このキーワードに少なからず、以下の様な疑問をお持ちの方が多いのですが、皆さんはいかがでしょうか!?

□ 最近よく耳にするが、まずは何なのか?を知りたい
仕事で活かせるのか?を知りたい
□ 仕事に活かしたいと考えているが、どうしていいのか分からない
□ できれば活用事例などを知りたい

と、読者の方々それぞれの立場で異なった状況にあると思いますが、まず第1回目の今回は起承転結の【起】として「そもそもビッグデータって何なの?」について、解説をしていきたいと思います。

1

「ビッグデータ」とは?

 インターネット検索サイトで「ビッグデータ」を検索すると実に多くの情報がヒットします。また同様に最近書店に行っても「ビッグデータ」というタイトルの本を数多く見かけるようになりましたが、8月21日調査時点のAmazonサイトで「ビッグデータ」に関連する書籍は152冊に上りますが、これらを見ると投稿者や著者によって「ビッグデータ」についての説明が少しずつ異なっていることに気づきます。即ち「ビッグデータ」は明確に定義された言葉ではないと言うことになります。
 ただそうは言ってもこのコラムを書き進める上で、何らかの定義をしておく必要がありますので、ネットや書籍等をいくつか見聞きして共通する「ビッグデータ」の定義を今回は次の3つに分類させていただきました。


多様性
発生頻度

 まず「量」については「Big Data」という単語そのものが持つ意味として「非常に大量のデータ」といった、一番なじみやすい要素になると思いますが、ただやはり「ビッグデータ」ということで普段聞きなれた「GB(ギガバイト):10×9乗」や「TB(テラバイト):10の12乗」のさらに上を行く「PB(ペタバイト):10の15乗」程度のデータ量を指すようです。
 続いて「多様性」については、通常コンピュータシステム等で利用するコード、名称、数量と言った構造化されたデータ(RDB:リレーショナルデータベース等)だけではなく、スマートフォンの普及で飛躍的にデータ発生量が増えたソーシャルメディア(facebookやtwitter等)から発せられるテキストや位置情報などの非構造化データ等も含まれるようです。
 そして最後の「発生頻度」については、日々の単位だけではなく、まさしく前述のソーシャルメディアも含めリアルタイムに発生するデータ全てをビッグデータの要素としてご理解いただければと思います。

2

「ビッグデータ」にはどんな種類があるのか?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ビッグデータ/【第1回】そもそも“ビッグデータ”って何なの?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

ビッグデータ」関連の製品

「SDS」を宝の持ち腐れにしない、今どきのストレージ運用管理法 【日本アイ・ビー・エム】 データ・プレパレーション・プラットフォーム 「Paxata」 【アシスト】 BIプラットフォーム WebFOCUS 【アシスト】
ストレージ仮想化 ETL BI
「SDS」を宝の持ち腐れにしない、今どきのストレージ運用管理法 ビッグデータやIoT、クラウドなど先進分野でのデータ分析に求められる「データ準備」を機械学習などの最新テクノロジーを活用して素早く実現する。 ビジネスユーザーから経営層、顧客やパートナーまで、あらゆる人が情報活用できるエンタープライズ型のBIプラットフォーム。クラウド環境でのスピーディな利用開始も可能。

ビッグデータ」関連の特集


BYODという概念だけでなく、CYODやCOPEといったスマートデバイス管理の在り方も。デバイス管理…



機密情報保護や情報漏洩による企業リスク低減として利用が進み、2014年度は12億円が見込まれるDLP…



 2016年10月19日、アイ・ティ・アール(以下、ITR)は「国内IT投資動向調査2017」を発表…


ビッグデータ」関連のセミナー

【大学教員限定】大学での研究に、人工知能(機械学習)を応用 【主催:東芝電子エンジニアリング/協力:オープンソース活用研究所】 注目 

開催日 6月16日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

【人工知能(機械学習)そのものの研究から、その応用へ】大学における研究対象は、機械学習などの人工知能そのものの研究から、それらをどう応用するかに広がりつつありま…

DMP基礎講座〜仕組みから導入推奨ステップまで 【ネットイヤーグループ】  

開催日 5月30日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

消費者ニーズが多様化するデジタル時代において、個客一人ひとりに最適な情報を提供するカスタマーセントリック経営が求められています。このカスタマーセントリック経営を…

物流ITソリューションセミナー33 【セイノー情報サービス】  

開催日 6月16日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

昨今、ビッグデータの活用が進んでいると言われていますが、世に溢れる情報の20%しか利用できていないと言われています。その訳はこれまでのIT技術では、人のように複…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ビッグデータ/ 【第1回】そもそも“ビッグデータ”って何なの?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ビッグデータ/ 【第1回】そもそも“ビッグデータ”って何なの?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006465


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ