【第4回】POPに看板、ポスターや名刺で顧客獲得!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/07/16

1人で実現!戦略的“売れる”販促ツール作成法

自己紹介
有限会社グレイズ 小澤 歩
主な経歴
(財)ブランド・マネージャー認定協会マスタートレーナー広告会社のグラフィックデザイナー・アートディレクターを経て、有限会社グレイズを設立し、企業の広告販促・ブランディングツールを手がける。単にきれいな…

【第4回】POPに看板、ポスターや名刺で顧客獲得!

 前回までで、Webサイトやブログ等のネット、チラシやパンフレット等、紙媒体における販促ツールでのアイキャッチの作り方をご紹介しました。これらの販促ツールは、お客様と離れた場所であることが多いのですが、今回はお客様があなたのそばにいる場合の販促ツールのアイキャッチ作成法をご紹介します。例えば、リアル店舗ではPOPや看板・のぼり。企業になりますとポスター、名刺等があてはまります。


1

「買いたい!」の背中を押してあげるリアル媒体

 リアル媒体と今までご紹介したWeb、紙媒体の販促ツールの違いは、見る人が“既にどんな商品・サービスかを知っているかどうか”です。
店舗などの場合、すでに商品・サービス自体に興味を持っており、来訪される場合が多いです。ですので、リアル媒体の販促ツールは「買いたい」という気持ちの背中を押してあげるような目的と考えるとわかりやすいでしょう。“買う”という意欲を喚起させるためのものですから、アイキャッチにもそのような意識を持って作ることが大切です。
 前回のポイントで具体的にいうのであれば、「今すぐ」という限定感などが効果的です。また、商品・サービスを利用した結果をイメージさせるような写真をアイキャッチで使ってみましょう。POPなどはアイキャッチだけで勝負して、後は商品・サービスを見てもらうか実際の接客など実際の販促になります。販促ツールの「後を見てもらう」というつもりで実際の販促につなげるような意識です。また、同じく店舗で、看板やのぼりを販促ツールとするならば、「お店に入りたい」という気持ちの背中を押してあげるということになります。わかりにくい店名や商品・サービス名では「お店に入りたい」と思いません。第1回目でご紹介した、お客様のどんな問題や欲求を解決・満足させてあげられるか?という「何を?」を提供しているのかも一緒に文字として載せるとよいでしょう。
 例えば、下のPOPのように何かの商品・サービス自体を伝えるのではなく、それを利用した結果を伝えてあげることが大切です。

商品・サービス自体を伝えると・・・

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

販促ツール/【第4回】POPに看板、ポスターや名刺で顧客獲得!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「販促ツール」関連情報をランダムに表示しています。

販促ツール」関連の製品

SNS統合型サイネージソリューション BILLBOARD 【テックリンク】
社内SNS
SNSと連動したディスプレイ表示が行えるデジタルサイネージソリューション。ソーシャルメディアを通じた口コミ戦略やイベントの企画が容易に行える。

販促ツール」関連の特集


 前回は、様々な販促ツールの種類やその特徴をご紹介しました。それらの販促ツールを顧客の段階や心理状態…



営業体質を変え、営業活動成果を上げる4つのプロセスについて最後の1つを解説します。 営業活動の側面か…



 前回は、あなたの会社や商品・サービスは顧客に「どう思われたいのか」を、販促ツールの世界観として表す…


このページの先頭へ

販促ツール/ 【第4回】POPに看板、ポスターや名刺で顧客獲得!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「販促ツール/ 【第4回】POPに看板、ポスターや名刺で顧客獲得!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006462


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 中小企業ITコラム > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ