【第3回】会社全体の“体制作り”が内部不正を防ぐ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/07/22

狙われている機密情報…職場に潜む内部不正

自己紹介
独立行政法人情報処理推進機構 益子 るみ子
主な経歴
情報セキュリティ分析ラボラトリー所属。企業や個人を対象とした情報セキュリティ対策に関する分析及び調査研究に従事。<分析ラボラトリーについて>情報セキュリティに関する情報収集や調査研究(政策提言)、政策…

【第3回】会社全体の“体制作り”が内部不正を防ぐ

 今回は、内部不正防止に向け会社全体で取り組むための体制について説明します。


1

経営者の積極的関与が重要

 内部不正対策を推進するには、体制の構築や対策の整備のための人事権や予算が必要であるため、会社のトップが関与しなければ十分な体制を構築することができません。また、内部不正防止に関する意識や取り組みを会社全体に徹底させることが大切です。そのためには、経営者が積極的に関与し推進していくことが重要です。まずは、経営者がリーダーシップをとって管理体制を整えてください。


2

経営者のリーダーシップによる管理体制の構築

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

内部不正/【第3回】会社全体の“体制作り”が内部不正を防ぐ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「内部不正」関連情報をランダムに表示しています。

内部不正」関連の製品

IT資産管理・情報漏えい対策 LanScope Cat 【エムオーテックス】 ネットワーク監視システム 「PacketBlackHole」 【ギガ+他】 暗号化/マルウェア対策 秘文 Data Encryption 【日立ソリューションズ】
IT資産管理 フォレンジック 暗号化
IT資産管理、操作ログ管理、マルウェア対策、ファイル配布、各種レポートやリモートコントロールなど、セキュリティ対策やIT資産管理に必要な機能を網羅したパッケージ。 社内・社外へ流れる通信データを取得・保存し、その中身の解析・再現。情報漏えいの抑止と事件発生時の迅速な証拠発見を可能にする。 データを暗号化し、内部不正や盗難・紛失、マルウェアによる漏洩リスクから情報を保護する。

内部不正」関連の特集


IPAが「情報セキュリティ10大脅威」2016年版を公開しました。企業を襲う脅威をまとめた「組織」編…



「金融商品取引法」「内部統制報告制度」がキーワードとして脚光を浴びた時代から数年、内部不正への対策の…



“内部からの情報漏洩対策”連載第2弾は「アクセス制御」に注目。システムやワークフロー上でポリシー外の…


内部不正」関連のセミナー

System Support Day 2017 【ディー・オー・エス】 注目 

開催日 9月7日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

「WannaCry」をはじめとするランサムウェアを用いた標的型攻撃や、内部不正に起因する情報漏洩など、IT環境を取り巻く脅威が社会問題となっています。これらの脅…

機械学習で実現するセキュリティ運用の効率化 【マクニカネットワークス】  

開催日 9月7日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

−世界15か国・19業種・1100人の声から見えてきた課題解決標的型攻撃や内部不正が増加し続けている昨今、適切なセキュリティ運用を実行するため、複数のセキュリテ…

認証、ID管理の最新動向 【主催:かもめエンジニアリング/協力:GMOグローバルサイン/ジインズ/オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 8月29日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

★本セミナーでは、企業情報システムにおける認証やID管理ついて、その最新動向を解説します★【対象者】・情報システム部門の担当者、マネージャー・セキュリティ部門の…

「物理セキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

内部不正/ 【第3回】会社全体の“体制作り”が内部不正を防ぐ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「内部不正/ 【第3回】会社全体の“体制作り”が内部不正を防ぐ」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006440


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 物理セキュリティ > その他物理セキュリティ関連 > その他物理セキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ