【第3回】会社全体の“体制作り”が内部不正を防ぐ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/07/22

狙われている機密情報…職場に潜む内部不正

自己紹介
独立行政法人情報処理推進機構 益子 るみ子
主な経歴
情報セキュリティ分析ラボラトリー所属。企業や個人を対象とした情報セキュリティ対策に関する分析及び調査研究に従事。<分析ラボラトリーについて>情報セキュリティに関する情報収集や調査研究(政策提言)、政策…

【第3回】会社全体の“体制作り”が内部不正を防ぐ

 今回は、内部不正防止に向け会社全体で取り組むための体制について説明します。


1

経営者の積極的関与が重要

 内部不正対策を推進するには、体制の構築や対策の整備のための人事権や予算が必要であるため、会社のトップが関与しなければ十分な体制を構築することができません。また、内部不正防止に関する意識や取り組みを会社全体に徹底させることが大切です。そのためには、経営者が積極的に関与し推進していくことが重要です。まずは、経営者がリーダーシップをとって管理体制を整えてください。


2

経営者のリーダーシップによる管理体制の構築

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

内部不正/【第3回】会社全体の“体制作り”が内部不正を防ぐ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「内部不正」関連情報をランダムに表示しています。

内部不正」関連の製品

暗号化/マルウェア対策 秘文 Data Encryption 【日立ソリューションズ】 IT資産管理・情報漏えい対策 LanScope Cat 【エムオーテックス】 ActSecureクラウドメールセキュリティサービス 【NEC】
暗号化 IT資産管理 メールセキュリティ
データを暗号化し、内部不正や盗難・紛失、マルウェアによる漏洩リスクから情報を保護する。 IT資産管理、操作ログ管理、マルウェア対策、ファイル配布、各種レポートやリモートコントロールなど、セキュリティ対策やIT資産管理に必要な機能を網羅したパッケージ。 標的型メール攻撃対策やメール誤送信対策、事後調査や監査対応などに有効なメールアーカイブ機能などのセキュリティ対策をクラウド(SaaS型)で提供。最短7日で導入可能。

内部不正」関連の特集


「DLPの導入状況」について調査を実施。「導入状況」「導入きっかけ」「導入しない理由」など他社の気に…



空前の情報漏洩事件に学ぶ!内部不正を防ぐ“委託先管理”と物理セキュリティを解説!状況的犯罪予防の5カ…



開発環境や情報系システム、管理系システムの移行先として一般的な選択肢となったIaaS。では“基幹系シ…


内部不正」関連のセミナー

HDD暗号化とSKYSEA Client Viewで実現するセキュリティ対策 【サイバネットシステム/Sky】  

開催日 3月7日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

猛威をふるう「標的型攻撃」やPCの盗難・紛失や置き忘れなどによる情報漏えいが後を絶ちません。企業を取り巻く様々な脅威から情報を守るには、PCの適切な管理とセキュ…

事例から学ぶ特権ID・監査ログ管理実践セミナー 【NRIセキュアテクノロジーズ】  

開催日 4月12日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

IT全般統制の不備に対する監査法人からの指摘への対応、PCI DSS認定時のアクセス管理要件への適応、リモート作業時のアクセス制御・ログ取得など、現在様々な要件…

【3/9 広島開催】次世代工場インフラセミナー 【日本電気】  

開催日 3月9日(木)   開催地 広島県   参加費 無料

〜2017年3月9日(木) 広島開催〜NECはこのたび、広島にて「次世代工場インフラセミナー〜IoT時代に今から備えるべき事とは?〜」(無料)を開催します。本セ…

「物理セキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

内部不正/ 【第3回】会社全体の“体制作り”が内部不正を防ぐ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「内部不正/ 【第3回】会社全体の“体制作り”が内部不正を防ぐ」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006440


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 物理セキュリティ > その他物理セキュリティ関連 > その他物理セキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ