基礎から学ぶ「VoIP」と“IP電話”の仕組み

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

IT担当者の必須知識が身につく 初級ネットワーク講座

基礎から学ぶ「VoIP」と“IP電話”の仕組み

2013/11/26


 現在、急速に発展してきたIP電話。なんといっても魅力はそのコストである。しかし一般の電話に比べて音声品質が劣ったり、音声が途切れたりするイメージが強い方も多いだろう。その原因は、音声パケットの「遅延/遅延揺らぎ(ジッタ)/損失」などが挙げられる。
 今回は、このIP電話やVoIPの仕組みについて詳細を説明するとともに、その問題点や回避法、サービス品質の改善方法もあわせて解説していく。

VoIP

※「VoIP/基礎から学ぶ「VoIP」と“IP電話”の仕組み」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「VoIP/基礎から学ぶ「VoIP」と“IP電話”の仕組み」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

音声・映像配信

1-1

ダウンロード型とストリーミング型

 VoIPは、インターネットやイントラネットといったIPネットワークを用いて音声通話を実現する技術の総称である。音声をデータ化したものをIPパケットにし、インターネットなどIPのプロトコルを用いることが可能な通信網を用いて、音声による通話ができるものである。
 VoIPは、広い意味で言えば音声や映像などのコンテンツ(マルチメディアデータ)をインターネットなどで配信する方式の1つだ。インターネットで音声や映像を配信する方法は次の2通りがあり、VoIPではストリーミング方式を用いる。

■ダウンロード型

 音声や映像などのコンテンツを受信側ですべてディスクにダウンロードしてから再生する方式で、ダウンロードする時間が必要なので、再生までに時間がかかる。リアルタイム性はないものの、保存されたデータからいつでも過去の映像を見ることができる。通信媒体の帯域は問わないが、保存するファイル容量が必要となる。

■ストリーミング型

 音声や映像などのコンテンツを一方が送信し、これと同時にもう一方が受信しながら再生する方式で、同時再生が可能でリアルタイム性がある。また受信側のディスクに保存しないので、ディスク容量や著作権保護などの面において有利である。その反面、通信媒体には広帯域を必要とする。更に「遅延/遅延揺らぎ(ジッタ)/パケット損失」などによって音声の途切れ、画像の乱れなどが生じる。また、音声と動画が同期をとれるようにRTPというプロトコルが必要である。ストリーミングをデータとして保存し、後日再生できるソフトウェアもある。動画投稿サイト「YouTube」や各放送局のニュース配信サイトもストリーミングである。

参考

NHK:

http://www.nhk.or.jp/news/t10015048891000.html

TBS:

http://news.tbs.co.jp/

 なお、ストリーミングには「ライブ放送」と「オンデマンド放送」がある。それぞれの特徴は以下のとおりだ。

● ライブ放送
 いわゆる生放送のことである。テレビやラジオのように、入力した映像や音声をリアルタイムに配信する。放送の場合、時間やURLをあらかじめ公表したうえで放送している場合が多い。
 最近ではライブカメラを接続して、風景や部屋の中などの動画を常時生中継しているサイトなども増えてきている。インターネットを利用した電話(VoIPなど)やテレビ電話も双方向のライブ放送という形態である。

● オンデマンド放送
 ビデオやCDのように見たい・聴きたいときにいつでも見ることができる放送形態である。利用者から要求があった時に、その都度、サーバは格納してある映像や音声のコンテンツを配信する。BluRayやDVD・CDのように、巻き戻し・早送り・一時停止などが可能である。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

VoIP/基礎から学ぶ「VoIP」と“IP電話”の仕組み」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「VoIP」関連情報をランダムに表示しています。

VoIP」関連の製品

Web会議システム Cisco WebEx 【ネットワンパートナーズ】 中規模遠隔会議用スピーカーフォン 『Jabra SPEAK 810』 【GNネットコムジャパン】
Web会議 Web会議
パソコンやスマートフォン、タブレット端末などを活用して、どこでもミーティングが可能なWeb会議システム。 最大15人の中規模会議に適したスピーカーフォン。コンパクトデザインや直感的な使いやすさ、優れた音声品質により、様々なシーンで生産性の高い遠隔会議を実現。

VoIP」関連の特集


警察庁発表の調査データから、盗聴被害の現状を報告。さらに、IP電話に欠かせないSIPを狙った攻撃手法…



 前回はIPv6のファイアウォール・ルールがIPv4のときと同様に書けることを見た。続いて企業がネッ…



多種類のWANサービスが提供されている今IP-VPN独自の強みを活かす「使い分け法」とは!?最新事情…


「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

VoIP/ 基礎から学ぶ「VoIP」と“IP電話”の仕組み」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「VoIP/ 基礎から学ぶ「VoIP」と“IP電話”の仕組み」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30006362


IT・IT製品TOP > 通信サービス > VoIP > VoIPのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ