徹底比較!22種類の“LANケーブル”大解剖

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

IT担当者の必須知識が身につく 初級ネットワーク講座

徹底比較!22種類の“LANケーブル”大解剖

2013/10/01


 無線LAN普及が進む一方で、ツイストペアケーブルや光ファイバケーブルを用いたLAN(有線LAN)もいまだ多く用いられている。かつては同軸ケーブルという直径1センチ程度の太い線を用いていたイーサネットの生い立ちから、ツイストペアケーブル、光ファイバケーブルまでの流れや特徴、あわせてギガビット通信の仕組みまでを一挙解説していく。

 規格名からケーブル直径、最大長、最大ノード数まで22種類ものLANケーブルも徹底比較します!

LAN

※「LAN/徹底比較!22種類の“LANケーブル”大解剖」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「LAN/徹底比較!22種類の“LANケーブル”大解剖」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

有線LANの基礎知識

1-1

イーサネット

 現在は対応機器も増え、無線LANを利用する方も少なくないと思うが、「安定性」「安全性」などの面では、LANケーブルを使って接続する有線LANが多く用いられている。

 有線LANの規格は、ほぼイーサネット(Ethernet)が主流である。イーサネットは、米ゼロックス PARC(Palo alto Research Center:パロアルト研究所)のロバート・メカトフ博士が、ハワイ州立大学のキャンパス間で電波を使ったデータ通信(CSMA方式)に成功したのを期に、無線で利用した周波数を有線でデータ通信ができないものかと考案しCSMA/CD方式に改良して、1973年にIEEE802委員会に発表した(IEEE:The Institute of Electrical and Electronics Engineers,Inc.:米国電気電子学会)。その後、イーサネットはIEEE802.3分科会で規格化されている。

コラム:2013年で40歳! イーサネットの誕生日

 イーサネットは1973年5月22日生まれ。記事執筆時点で現在40歳。イーサネットの特許登録日である。


 イーサネットは、同軸ケーブル、ツイストペアケーブル、光ファイバなどを通信媒体として用いる。イーサネットは、CSMA/CD方式を採用しており、この方式の基本的なルールは、「1つの伝送路(Bus)をみんなで使おう」というものだが、その使い方は「はい! あなたの番」「次はあなたの番」というように順番を制御するものがなく、伝送路が空き次第、誰でも早い者勝ちというものだ。

 そのため衝突も発生する。会議に例えて言うならば、議長がいない、誰か話しをしていたら話を聞く(Carrier Sense)、誰も話をしていなければ自由に話してよい(Multiple Access)、また誰かが話を終えた途端、複数の人が話し始めることがある(Collision)、そうなると聞き手は誰が何を話しているのか聞き取れない。各話し手が衝突に気がついたら(Detection)、話しをやめる。伝送路が1つしかないので半二重通信である。

コラム:イーサネットとエチルアルコールのルーツは同じ?

 古代ギリシャでは、万物は次の五元素で形成されていると考えられていた。それは「火」「水」「土」「風」そして「Ether:エーテル」である。このうち「Ether:エーテル」は光や音を運ぶもので、あまねく宇宙空間に充満していると考えられていた。

 現在の科学では当然否定されているが、Ethernetの開発者たちは、この「Ether」と「network」とを結びつけて「Ethernet:イーサネット」と名付けた。なお参考までに「Ether」は英語では“イーサ”と発音するが、欧州の多くでは“エーテル”と発音する。実は、消毒薬やお酒に入っているエチルアルコールの“エチル”の語源も「Ether」である。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

LAN/徹底比較!22種類の“LANケーブル”大解剖」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「LAN」関連情報をランダムに表示しています。

LAN」関連の製品

次世代クラウドセキュリティ対策ソリューション Gresシリーズ 【グレスアベイル】 アセンテック仮想デスクトップソリューション 【アセンテック】 Barracuda Web Application Firewall 【バラクーダネットワークスジャパン】
ファイアウォール VDI WAF
次世代仮想化ファイアウォールや標的型攻撃対策サンドボックス、マルウェア解析サービスなど、高性能のセキュリティ製品をラインナップしたセキュリティトータルサービス。 1次代理店として取扱うCitrixソリューション、「Dell Wyseシンクライアント」などに設計/構築を加えたVDIソリューション。 ファイアウォールやIDS/IPSで保護できない、Webサイトへの外部からの不正アクセスを防御。SQLインジェクションやXSSなどによる顧客情報流出やWebサービス停止を確実に防止

LAN」関連の特集


バーコードをスキャンすることで、商品の情報を多言語で表示させ、顧客に商品の魅力を伝えるサービスがある…



あらゆるシステムに必要となるDB。今回はRDBの新しい機能をまとめてさっくりご紹介します!



過信していると知らぬ間にバレてるかも!?痛い目に会う前に、実際に起きた事件とパスワードクラッキング攻…


LAN」関連のセミナー

【横浜】ビジネスチャット ChatLuck体験セミナー 【ネオジャパン】 注目 

開催日 8月8日(水)   開催地 神奈川県   参加費 無料

1社1台のパソコン環境で操作性や機能をご体験いただきながら、ビジネスチャットシステム「ChatLuck(チャットラック)」をご紹介するセミナーです。セミナーの中…

Salesforceからの帳票設計&出力体験SVF Cloud for Salesforce 【ウイングアーク1st】 注目 

開催日 8月22日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ご紹介製品:SVF Cloud for Salesforce世界10万社以上で導入されている「Salesforce」、SFA・CRMだけでなくForce.com…

AWS初心者と中級者向けの運用管理セミナー 【主催:ソニーネットワークコミュニケーションズ 共催:アマゾン ウェブ サービス ジャパン】 締切間近 

開催日 7月27日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

AWSの強みは圧倒的な実績や豊富で先進的なサービス群だけではありません。実はセキュリティ性と運用管理性の高さが評価され、「用途拡大」されているケースが数多くあり…

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

LAN/ 徹底比較!22種類の“LANケーブル”大解剖」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「LAN/ 徹底比較!22種類の“LANケーブル”大解剖」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006354


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > LAN構築 > LAN構築のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ