徹底比較!22種類の“LANケーブル”大解剖

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

IT担当者の必須知識が身につく 初級ネットワーク講座

徹底比較!22種類の“LANケーブル”大解剖

2013/10/01


 無線LAN普及が進む一方で、ツイストペアケーブルや光ファイバケーブルを用いたLAN(有線LAN)もいまだ多く用いられている。かつては同軸ケーブルという直径1センチ程度の太い線を用いていたイーサネットの生い立ちから、ツイストペアケーブル、光ファイバケーブルまでの流れや特徴、あわせてギガビット通信の仕組みまでを一挙解説していく。

 規格名からケーブル直径、最大長、最大ノード数まで22種類ものLANケーブルも徹底比較します!

LAN

※「LAN/徹底比較!22種類の“LANケーブル”大解剖」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「LAN/徹底比較!22種類の“LANケーブル”大解剖」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

有線LANの基礎知識

1-1

イーサネット

 現在は対応機器も増え、無線LANを利用する方も少なくないと思うが、「安定性」「安全性」などの面では、LANケーブルを使って接続する有線LANが多く用いられている。

 有線LANの規格は、ほぼイーサネット(Ethernet)が主流である。イーサネットは、米ゼロックス PARC(Palo alto Research Center:パロアルト研究所)のロバート・メカトフ博士が、ハワイ州立大学のキャンパス間で電波を使ったデータ通信(CSMA方式)に成功したのを期に、無線で利用した周波数を有線でデータ通信ができないものかと考案しCSMA/CD方式に改良して、1973年にIEEE802委員会に発表した(IEEE:The Institute of Electrical and Electronics Engineers,Inc.:米国電気電子学会)。その後、イーサネットはIEEE802.3分科会で規格化されている。

コラム:2013年で40歳! イーサネットの誕生日

 イーサネットは1973年5月22日生まれ。記事執筆時点で現在40歳。イーサネットの特許登録日である。


 イーサネットは、同軸ケーブル、ツイストペアケーブル、光ファイバなどを通信媒体として用いる。イーサネットは、CSMA/CD方式を採用しており、この方式の基本的なルールは、「1つの伝送路(Bus)をみんなで使おう」というものだが、その使い方は「はい! あなたの番」「次はあなたの番」というように順番を制御するものがなく、伝送路が空き次第、誰でも早い者勝ちというものだ。

 そのため衝突も発生する。会議に例えて言うならば、議長がいない、誰か話しをしていたら話を聞く(Carrier Sense)、誰も話をしていなければ自由に話してよい(Multiple Access)、また誰かが話を終えた途端、複数の人が話し始めることがある(Collision)、そうなると聞き手は誰が何を話しているのか聞き取れない。各話し手が衝突に気がついたら(Detection)、話しをやめる。伝送路が1つしかないので半二重通信である。

コラム:イーサネットとエチルアルコールのルーツは同じ?

 古代ギリシャでは、万物は次の五元素で形成されていると考えられていた。それは「火」「水」「土」「風」そして「Ether:エーテル」である。このうち「Ether:エーテル」は光や音を運ぶもので、あまねく宇宙空間に充満していると考えられていた。

 現在の科学では当然否定されているが、Ethernetの開発者たちは、この「Ether」と「network」とを結びつけて「Ethernet:イーサネット」と名付けた。なお参考までに「Ether」は英語では“イーサ”と発音するが、欧州の多くでは“エーテル”と発音する。実は、消毒薬やお酒に入っているエチルアルコールの“エチル”の語源も「Ether」である。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

LAN/徹底比較!22種類の“LANケーブル”大解剖」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「LAN」関連情報をランダムに表示しています。

LAN」関連の製品

Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】 クラウドグループウェアサービス 「desknet's NEO クラウド版」 【ネオジャパン】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】
バックアップツール グループウェア データベースソフト
ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。 グループウェア「desknet's シリーズ」のクラウド版。更に使いやすさを追求した定番グループウェアを圧倒的な低価格で提供。 専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。

LAN」関連の特集


今回の「文書管理システム」特集は、基礎のおさらいだけでなく、うまく活用するためのポイント、ナレッジ化…



ビデオ会議システムやストリーミングなど、動画を伝送する仕組みの歴史を紐解きながらその起源に迫ります。



 前回に引き続き、iPadとiTunesを利用したペーパーレス会議システムを紹介する2回目です。今回…


LAN」関連のセミナー

巧妙化するサイバー攻撃!情報流出を防ぐための対策とは? 【エムオーテックス/ディーアールエス】 締切間近 

開催日 1月27日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

大手旅行会社で793万件もの個人情報流出がニュースを賑わしました。その手口は標的型メールと言われており、昨年発生した日本年金機構と同様のものになります。標的型攻…

ユーザー事例、AWS最新情報!クラウド活用のポイント 【主催:NTTデータイントラマートCSI/共催:アマゾンウェブサービスジャパン/エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】 締切間近 

開催日 1月26日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

■概要日時:2017年1月26日(木) 14:00〜17:00 (受付開始 13:30〜)会場:名古屋 ミッドランドホール 会議室A定員:60名参加費:無料ユー…

Japan Storage Vision 2017 【インターナショナルデーターコーポレイションジャパン】 注目 

開催日 2月14日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

ストレージ市場ではクラウド、コンバージェンス(統合)、フラッシュ、Software-Definedへのシフトが大きな潮流となっています。この潮流の変化の中で、オ…

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

LAN/ 徹底比較!22種類の“LANケーブル”大解剖」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「LAN/ 徹底比較!22種類の“LANケーブル”大解剖」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006354


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > LAN構築 > LAN構築のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ