この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

3年間・7000万円で基幹システムをWebシステムに刷新!

2013/11/05


 今回のケースは中堅企業の基幹ITシステム更新の典型的な事例だ。オフィスコンピュータをホストにして専用のアプリケーションや専用端末でしか確認できなかったシステムをWebシステムを採用し、Windowsで全社を統一。47部門ある全社のシステム間の自動連携による業務効率化、データの一元化による経営情報のタイムリーな把握など、完璧なクライアント・サーバ・システムを構築した。
 導入したソリューションは従来からサポートを受けていたIT企業によるオーダーメイドのERP。
  総投資額は7000万円に上る。これを成功させたのはサポートIT企業との緊密なコミュニケーションだ。

※「ERP/もう残業はいや…システム刷新で解決」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ERP/もう残業はいや…システム刷新で解決」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


導入企業プロフィール

日進化成株式会社
従業員数/145名
売上高/113億円(平成25年3月実績)
事業内容/高強度アスファルトの製造販売等
企業サイトへ

導入製品・ソリューション

WebベースのERPソリューション
イアス株式会社
企業サイトへ


課題 導入システム 効果

各拠点のシステムと本社のシステムが独立しており、本社の集計作業は、各拠点のフロッピーディスク(FD)を手作業で変換後、集計するためミスやトラブルが起きやすいし、経営資料の完成にも時間がかかっていた。

WebベースのERPソリューションに更新。イアス株式会社にオーダーメイド依頼した。

段階的にWeb化を進めることで分散したデータを統合し、業務を効率化。
32部門のFDを変換し、翌月15日までかかっていた全社集計および営業拠点ごとの月次損益情報を翌月10日に経営陣に提出。スピーディーな意思決定を実現。


1

製造・建設業態で全国47部門をカバーする基幹システムを刷新

■専任の情報システム部門なしに運用してきたオフィスコンピュータは限界に

 日進化成は特殊なアスファルトなど道路舗装用の材料製造と景観工事を事業の柱とし、ニッチな市場でナンバー・ワンの製品を持つことで、1958年の創業以来、半世紀にわたってビジネスを拡大してきた。
 同社は規模的には中堅企業であり、その組織は本社管理部門、技術研究所、海外事業部のほか、営業拠点は北海道から九州まで全国に20営業所あり、そのほか6工場、6工事事務所と、合計47部門に及ぶ。
 今回、対象となったITシステムはこの全社・47部門をカバーする基幹システムで、売上/入金、仕入れ/支払い、工事、車両、受取手形、製造、財務、予算、小口の支払――の各業務が処理されている。
 ただ、同社には専任の情報管理部門は存在しない。経理部門の長である渡辺部長が30年来の付き合いであるイアスから提案を受けて、同社の協力の下、財務諸表作成のための販売管理、財務管理などをはじめとするシステム化を進めて来た。IT担当者は渡辺部長以外には総務部にメールやホームページを管理しているスタッフが1名在籍するだけだ。
 他方、イアスの五十嵐社長は大手OA機器商社に勤務時代に日進化成が初めてオフィスコンピュータ(オフコン)を導入した1980年代から同社を担当しており、独立してイアスを設立後も日進化成を重要顧客として同社のシステムを一手に引き受けてきた。今回のシステム移行の最大のポイントはオフコンを中核にこれまで専用のアプリケーションや専用の端末でしか操作・確認できなかったシステムをブラウザからアクセスできるWebシステムに完全移行し、全社統一のシステムとすることだ。

コラム:パッケージソフトで対応するのはとても無理

 イアスの五十嵐社長とは私が日進化成に入社した時以来、30年以上のお付き合いになります。それ以来、システムのメンテナンスは五十嵐社長に全面的に依存していましたので、何かトラブルがあった時、五十嵐社長の都合がつかないと、データ修正や更新作業などの業務がストップしてしまいます。
 今回のシステム更新に当たっては一部役員からパッケージソフトをカスタマイズして対応できるのではないかという、意見もありましたが、当社の業務である製造業と建設業の双方に対応するパッケージソフトは存在しないこと、また、従来使用してきたソフトは販売管理や損益管理など長年かけて当社の業務にフィットするように、何回にもわたって事細かく改良されてきたものですから、市販のパッケージソフトではとても対応するのは無理だと説得しました。
 最終的には当社の業務内容を熟知しているイアスさんに引き継続きシステム開発を依頼することにしました。
 (日進化成株式会社管理本部取締役経理部長 渡辺三幸氏)

移行を成功させた渡辺取締役経理部長
移行を成功させた渡辺取締役経理部長
限られた人員で全社のITシステムを統括するために、渡辺取締役は、入社以来、サポートを依頼しているイアスのパワーを最大限活用してきた。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ERP/もう残業はいや…システム刷新で解決」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

ERP」関連の製品

製造業の情報連携に必要な4つのステップ――自動車業界の場合 【インフォアジャパン】 ProActive E2(プロアクティブイーツー) 【SCSK】 ERPで海外拠点の情報を可視化、THKリズムに学ぶ国際展開の勘所 【インフォアジャパン】
ERP ERP ERP
品質低下、ストライキ、不正……海外拠点の問題を解決する仕組み作りのススメ 会計、販売、生産、資産、人事給与など、基幹業務全般をカバーし、豊富な機能より高い業務適合率を実現。パッケージ利用のメリットを最大限に享受できる超寿命なERP。 ERPで海外拠点の情報を可視化、THKリズムに学ぶ国際展開の勘所

ERP」関連の特集


「何でもいいので職業を1つ選び、人工知能に1年間学習する時間を与えるといい。おそらく人間よりも効率的…



労基法改正や働き方の多様化に対して適性な管理が求められている今だからこそ、勤怠管理システムの目的と必…



51億円規模と見込まれる2014年の勤怠管理ソフト(パッケージ)市場。幅広い製品ラインアップと顧客基…


ERP」関連のセミナー

Biz∫SCAW製番管理システム製品説明会 【大阪】 【エヌ・ティ・ティ・データ関西】  

開催日 1月12日(木),12月8日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

 業務効率化を進める上で業種業態を問わず、業務の統合マネジメントは重要なテーマとなっています。受注生産・個別受注生産形態をベースとしている「Biz∫SCAW製番…

重要文書に対するe-文書法への取り組み 【NECネクサソリューションズ】 締切間近 

開催日 12月15日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

e-文書法を意識した重要書類のリスク管理についてご紹介します。

ExcelやAccessを本格データベースにアップするセミナー 東京会場 【ニューコム】  

開催日 1月26日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

多くの企業を回り、気づかされることは、ERPや業務パッケージソフトでは、現場の要求を対応し切れないために、現場では、ExcelやAccessを活用してそれらを…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ERP/ もう残業はいや…システム刷新で解決」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ERP/ もう残業はいや…システム刷新で解決」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006350


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 基幹系システム > ERP > ERPのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ