必見!情報伝達の質・効率を向上させた秘訣

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

離れた人同士の連絡を円滑にし、より高質な審査を可能に

2013/10/07


 社外のスタッフ、パートナー企業などと協力してプロジェクトを進める場合、カギになるのは、意思疎通をしやすい環境を整えることだ。連絡を取りやすく、互いの情報を容易に共有できる仕組みがあれば、共同作業はグッとスムーズに進むだろう。
 今回紹介するのは、「クラウド型コラボレーションツール」を導入した団体の事例。ネット上に置かれたホワイトボードを関係者全員で共有するようなサービスを導入し、情報伝達の効率・質を大きく向上させた。社外のメンバーとの連絡に悩んでいる企業にとっては、非常に参考になるだろう。

※「クラウド/必見!情報伝達の質・効率を向上させた秘訣」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「クラウド/必見!情報伝達の質・効率を向上させた秘訣」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


導入企業プロフィール

全国企業品質賞委員会
活動内容/
企業の経営革新を支援する全国企業品質賞運営
企業サイトへ

導入製品・ソリューション

コラボノート クラウドサービス
販売元/金沢総合研究所
企業サイトへ
開発元/JR四国コミュニケーションウェア


課題 導入システム 効果

「全国企業品質賞」外部審査員との連絡に、かなりの手間がかかっていた。事務局、審査員同士の情報共有も効率的でなかった。

クラウド型コラボレーションツール「コラボノート クラウドサービス」(開発元/JR四国コミュニケーションウェア、販売元/金沢総合研究所)を導入。

各審査員にいちいちメールを出す必要がなくなり、連絡がとても楽になった。さらに、誤送信の解消、郵送費の削減、審査活動・評価レポートの質の向上なども実現できた。


1

遠隔地にいる審査員と審査活動に伴うメールをやりとりすることが負担に

■書類送付やスケジュール調整を、すべてメールで行っていた

 全国企業品質賞委員会は、経営革新を実現した企業を表彰する「全国企業品質賞」の推進母体。この賞で価値を認められたノウハウは、各種セミナーの開催や講演への講師派遣、企業へのコンサルティングなどを行っているNPO法人「一般財団法人経営革新審査支援機構」を通じて、日本各地の企業に広められている。
 全国企業品質賞の審査員を務めるのは、外部の有識者だ。通常は、応募企業1社に対し、4〜6人の審査員がさまざまな角度から検討を行う。彼らを事務局としてとりまとめているのが、委員会で主席審査員を務めている、金沢工業大学大学院教授の明道弘政氏だ。
 審査員が審査をする際には、申請企業から寄せられた申請書や、審査ガイドライン・評点シートなど、数多くの書類が必要になる。従来は、それらをすべてメールで送付していた。また、企業に出向いて行う「現地審査」などのスケジュール調整も、メールを使って行っていたという。その手間は、かなりの負担になっていた。
 状況が深刻になったのは、2011年秋のこと。全国企業品質賞への関心が高まり、応募企業が急増した。その結果、明道氏は連絡などの業務に忙殺されることとなったのである。

担当者のナマ声:応募企業が急激に増え、連絡・事務作業に手が回らなくなった

 「やりとりするメールの数が多かったため、時には添付ファイル漏れや、相手にメールが読まれずに連絡が滞るなどの問題が起こりましたね。また、私自身も大学教授ですし、他の審査員の皆さんもそれぞれ本業を持っていて多忙です。担当審査の振り分けや現地調査の日程調整などにも、何度もメールによる連絡が必要でした。そのため、1社の審査が終わるまでに、審査員の皆様とは何十通もメールをやりとりしていたのです。
 2010年までは、それでも何とか対応できていました。年間の応募企業数が、3社から5社程度にとどまっていたからです。ところが、2011年の応募企業は11社。これではとても対応できないと考え、対策を練ることにしたのです」
(全国企業品質賞委員会 主席審査員 明道弘政氏)

システムの導入を進めた明道氏
システムの導入を進めた明道氏

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

クラウド/必見!情報伝達の質・効率を向上させた秘訣」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「クラウド」関連情報をランダムに表示しています。

クラウド」関連の製品

大規模システムのクラウド化、日本通運に学ぶ「TCO削減&運用効率化」の秘訣 【インターネットイニシアティブ】 そのHCIを10年間使う? 次に選ぶべきHCIを山形銀行事例で解説 【日立製作所】 災害対策とハイパースケール、クラウド向け国内DCの要件をどうクリアする? 【Coltテクノロジーサービス】
IaaS/PaaS 垂直統合型システム データセンター運用
大規模システムのクラウド化、日本通運に学ぶ「TCO削減&運用効率化」の秘訣 山形銀行はリソース不足に直面していたITインフラをHCIを入れることで刷新した。同行が選んだHCIとは? 製品選択のポイントとともにお伝えする。 災害対策とハイパースケール、クラウド向け国内DCの要件をどうクリアする?

クラウド」関連の特集


 全5回にわたってお伝えしているこのシリーズでは、IPAがまとめた「情報セキュリティ産業の構造と活性…



「災害対策は万全だったのに…。」東日本大震災時、“従業員の安否確認”に思いのほか時間がかかる事態に!…



電力の小売り自由化を機に、さまざまな企業が独自サービスを開発、顧客囲い込みをねらっている。その中の1…


クラウド」関連のセミナー

ゼロから80分でマスター!誰でもできる帳票作成セミナー 【ウイングアーク1st】 締切間近 

開催日 9月27日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

SVFは「帳票基盤ソリューション」として、長く皆様の帳票出力業務を支えています。・ノンプログラミングの簡単帳票設計・あらゆるアプリケーションとの柔軟な連携・PD…

Salesforceからの帳票設計&出力体験SVF Cloud for Salesforce 【ウイングアーク1st】 注目 

開催日 10月16日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

ご紹介製品:SVF Cloud for Salesforce世界10万社以上で導入されている「Salesforce」、SFA・CRMだけでなくForce.com…

【大阪】desknet's NEOじっくり触れる!ハンズオンセミナー 【主催:ネオジャパン/共催:ソフトビジョン】 注目 

開催日 10月24日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」の各機能をご紹介するセミナーです。徹底した「現場主…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

クラウド/ 必見!情報伝達の質・効率を向上させた秘訣」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「クラウド/ 必見!情報伝達の質・効率を向上させた秘訣」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006348


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ