クラウド実装で考えるサーバルームの最適解

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

クラウド実装で考えるサーバルームの最適解

2013/11/21


 機器を集約して合理的・経済的に運用するデータセンタ(小規模な場合は社屋内のサーバルーム)の効率性は、これからのITを背負う大切な要素。企業システムではブレードサーバや仮想化技術の一般化をきっかけにサーバ集約/統合が進み、オフィス内に散在していた多数のサーバはコンパクトなブレードや1Uサーバなどに置き換わって少数のラックに集積されるか、または仮想化されていくつかの物理サーバ上で稼働するのが一般的になってきた。またプライベートクラウド構築事例も増えてきた中で、将来を考えてサーバの運用環境を見直す機運が生じている。今回はこれからのデータセンタ/サーバルームに求めるべき要素について考えてみる。

サーバ

※「サーバ/クラウド実装で考えるサーバルームの最適解」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「サーバ/クラウド実装で考えるサーバルームの最適解」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

田崎 堅志

リサーチ部 田崎 堅志(Kenshi Tazaki)

ガートナー ジャパン株式会社企業サイトへ
アナリストファイル #036

1991年よりデータクエスト ジャパン (現ガートナー ジャパン) にてデータ・ネットワーキングやボイス・コミュニケーション、パブリック・ネットワーク、モバイル・コミュニケーションなど、テレコミュニケーション産業全般にわたる動向分析ならびにマーケティング・コンサルティングに従事。IEEE Communications Society及びComputer Society会員。電子工学修士、上智大学卒。



1

データセンタ/サーバルームで考慮すべき4つのポイント

 この数年で企業システムのサーバ仮想化やデスクトップ仮想化がより一般化し、ブレードサーバによるサーバ集約の実績も積まれてきた。コンピューティング環境が集約されることにより、システムの運用管理効率が上がることが実感されている。しかし一方で、このまま集約/統合化が進むと、従来からの施設・設備で将来的なシステム拡張や更なる集約に対応できるかどうかの不安も生じるようになってきた。

1-1

プライベートクラウドとデスクトップ仮想化がIT施設・設備を変える

 サーバ集約/統合の勢いは、自社で自前のクラウド基盤を保有するプライベートクラウドの考え方と技術が浸透したことで弾みがついている。その目的の1つに、クライアントPCを仮想化し、多数を1台のサーバで稼働させる「デスクトップ仮想化」がある。仮想化はストレージやサーバ領域で進んできたが、もともと台数が多く、部署やグループ単位での増減が起こりやすいデスクトップ仮想化には、リソースを柔軟に増減できるクラウド技術が向いているからだ。またサーバ仮想化も同時に実施することで柔軟性が高まるため、デスクトップ仮想化のためにサーバ仮想化を行うという実例も増えてきている。
 サーバ仮想化ができるとサーバ統合がしやすくなり、加えて物理サーバの集約も進めていこうとしているのが現在のトレンドだ。これには1Uサーバで多数を集約する手もあり一定の効果があるが、現在第1の選択肢となっているのがブレードサーバを利用した集約だ。
 近年ブレードサーバのブレード性能はめざましく向上しており、サーバ仮想化に十分利用可能な実力を備えている。シャーシ側ではI/Oの広帯域化などをはじめとする、サーバ仮想化を前提とした改良・最適化が施された。その一方で価格的には相対的に安価になり、「ブレードサーバは高額」というイメージは過去のものになりつつある。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

◆関連記事を探す

サーバ/クラウド実装で考えるサーバルームの最適解」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバ」関連情報をランダムに表示しています。

サーバ」関連の製品

統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】 CMSソフトウェア Movable Type 【シックス・アパート】 無停止型サーバ「ftServer」ファミリ 【日本ストラタステクノロジー】
バックアップツール CMS PCサーバ
幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。 効率的なウェブサイト運用を実現する、国内シェアNo.1のCMSプラットフォーム。安心のセキュリティ、豊富なソリューションで、小中規模からエンタープライズまで対応。 「インテルXeonプロセッサ E5-2600v3シリーズ」を搭載した無停止型サーバ。仮想化システム/クラウド/DBサーバなど、ミッションクリティカルなシステムに高い可用性を提供。

サーバ」関連の特集


 Windows XPは依然として多くの企業が利用しています。ですが、同OSがリリースされたのは20…



スマートデバイスが普及する中、標的型攻撃対策などIT資産管理の役割や形態も大きく変化しています。そん…



スタッフの要望から生まれた“個性的な社内設備”を紹介していく。


サーバ」関連のセミナー

ユーザーからの「何か遅い」その原因を特定する仕組みと手順 【ゾーホージャパン】 注目 

開催日 4月26日(水),6月20日(火),7月19日(水),8月22日(火),9月20日(水)   開催地 神奈川県   参加費 無料

この手のツールの新規導入・乗り換えを検討中だけど...●どれくらいの費用感で何をどこまでできるのか知りたい●導入実績や製品の強みを知りたい●どのような手順で障害…

ユーザーからの「何か遅い」その原因を特定する仕組みと手順 【ゾーホージャパン】 注目 

開催日 4月21日(金),8月9日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

この手のツールの新規導入・乗り換えを検討中だけど...●どれくらいの費用感で何をどこまでできるのか知りたい●導入実績や製品の強みを知りたい●どのような手順で障害…

Zabbix入門コース 【Zabbix Japan】 締切間近 

開催日 5月17日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 1万9440円(税込)

Zabbix入門トレーニングはZabbixを利用しはじめる方がZabbixの基本的な操作設定を学ぶことができるコースです。このコースでは基本的なZabbixの監…

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

サーバ/ クラウド実装で考えるサーバルームの最適解」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「サーバ/ クラウド実装で考えるサーバルームの最適解」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30006330


IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ