見逃しがちなシャドーITへの警鐘と対策

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

見逃しがちなシャドーITへの警鐘と対策

2013/10/17


 「シャドーIT」とは、「会社や組織の承認なく業務利用されているIT機器やソフトウェア、サービス」のことである。コンシューマ(消費者)市場でスマートデバイスやクラウドサービスの利用が拡大し、「ITのコンシューマライゼーション」が進展するなか、シャドーITに起因する企業情報漏えいのリスクが増している。そこで本稿では、シャドーITが企業システムにもたらすリスクを整理しながら、企業が取るべき対策を紹介したい。

シャドーIT

※「シャドーIT/見逃しがちなシャドーITへの警鐘と対策」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「シャドーIT/見逃しがちなシャドーITへの警鐘と対策」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

藤吉 栄二

先端ITイノベーション部 上級研究員 藤吉 栄二(Eiji Fujiyoshi)

株式会社 野村総合研究所企業サイトへ
アナリストファイル #021

1995年大阪大学理学部物理学科卒業後、大手電機メーカー系ソフトハウスにて無線技術の研究開発に従事。2001年に野村総合研究所に入社。情報技術本部にてIT動向の調査と分析を行うITアナリスト集団に所属。専門はクライアント端末、ネットワークの先進技術動向調査と企業活用研究。



1

シャドーITとは

1-1

シャドーIT問題を顕在化させる「ITのコンシューマライゼーション」

 シャドーITとは「会社や組織の承認なく業務利用されているIT機器やソフトウェア、サービス」のことを示す。企業側で管理されていないITのため、「隠れたIT」ともいわれる。シャドーITは、BYOD(Bring Your Own Device:個人所有端末の業務活用)への注目の集まりと相まって登場したキーワードだ。シャドーITやBYODというキーワードは、新しい付加価値を生むITの利活用が、企業側ではなく生活者側で生まれることを示す「ITのコンシューマライゼーション」(ITのコンシューマ化)を象徴する現象ではあるが、2つの言葉が示唆する点は対象的である。
 現代は、クラウドサービスとの相性がよいスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスがコンシューマ市場で台頭する“モバイルファースト”の時代である。個人の使い慣れた端末を業務で利用してもらうBYODを積極的に実践すれば、企業は社員の生産性を高め、事業継続に貢献できる可能性がある。一方シャドーITは、企業にとって情報漏えいなどのリスク要因となるネガティブな意味を持つ。なぜなら、業務メールを個人用のメールアドレスに転送したり、業務用の電子ファイルを個人利用しているオンラインストレージに保存したりすることで、端末の紛失や第三者による不正アクセスによって情報漏えいしてしまう、といった問題を発生させやすいからだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

シャドーIT/見逃しがちなシャドーITへの警鐘と対策」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「シャドーIT」関連情報をランダムに表示しています。

シャドーIT」関連の製品

【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 負荷分散だけではない、BIG-IPが企業にもたらす多様なソリューション 【ネットワールド】 クラウドサービスを積極的に活用するための「CASB」入門 【サイバネットシステム株式会社】
データベースソフト その他ネットワークセキュリティ関連 ID管理
ユーザー部門のシステム自前導入は危険 Webデータベース導入で運用を改善 「BIG-IP」といえば負荷分散、そんな思い込みを持つ方は少なくない。しかしクラウドの普及やサイバー攻撃の増加といったIT環境の変化に適用する機能を豊富に用意している。 クラウドサービスを積極的に活用するための「CASB」入門

シャドーIT」関連の特集


一見すると同じように見える「超高速開発ツール」ですが、開発するアプリケーションの種類によっても選択肢…



デロイト トーマツ コンサルティングでは、今年3月に日本企業におけるワークスタイル改革に関する調査結…



企業のITコストの約7割が、既存IT環境の維持や運用に費やされると言われている。これを解決するために…


シャドーIT」関連のセミナー

独自調査レポートから見るサイバーセキュリティ最新動向 【野村総合研究所/NRIセキュアテクノロジーズ】  

開催日 12月14日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

今年に入ってもApache Sturts2の脆弱性への攻撃や、WannaCryやPetya等を始めとしたランサムウェアによる攻撃、バラマキ型の標的型メールなど、…

ファイル交換・転送サービスの正しい選び方 【NRIセキュアテクノロジーズ】  

開催日 11月16日(木),12月15日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

他社との協業活動の拡大や世の中の急速なデジタル化に伴い、国内外問わず社外とのデータ授受・共有が増えており、それに比例してセキュリティ事故の発生リスクも増加します…

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

シャドーIT/ 見逃しがちなシャドーITへの警鐘と対策」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「シャドーIT/ 見逃しがちなシャドーITへの警鐘と対策」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30006329


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > MDM > MDMのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ