韓国人のLINE開発秘話…送信数1日70億超え

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2013/11/08
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#212韓国人のLINE開発秘話…送信数1日70億超え 〜李 海珍氏

いまやスマートフォンユーザにとって必携に近いアプリとなった「LINE」。ご存じのとおり、文字をメインとしたコミュニケーションツールで、2013年7月には利用ユーザ数が2億人を突破したほどの人気を獲得している。今回はそんなLINEの開発を主導した、NHN社の創業者でもある李 海珍氏(以下敬称略)をキーマンとして紹介しよう。

李 海珍(イ・ヘジン)は、1967年に大韓民国にて誕生した。高校を卒業後、ソウル大学に入学。大学ではコンピュータ工学科で学んだ。同大を1990年に卒業すると、同国の科学技術研究の最高峰である国立大学・KAIST(韓国科学技術院)へ進学。在学中には国家情報機関の検索システムなどを開発し、1992年にサムスンSDS社へ入社した。

サムスン財閥グループの中でIT事業を担当する同社で李はめきめきと頭角を現す。1999年には、同社にて社内ベンチャーを立ち上げ、とあるサービスの提供を開始する。それが李の独自開発した検索エンジンを使った検索ポータル「NAVER」だ。李はそれをひっさげ独立し、ネイバードットコム社を設立した。

李 海珍氏
1967年
韓国にて誕生。
1990年
ソウル大学を卒業後、KAISTへ進学。
1992年
サムスンSDS社へ入社。
1999年
ネイバードットコム社を創業。
2001年
NHN社の共同代表取締役社長に就任。
2004年
同社会長兼最高戦略責任者に就任。
2007年
NHN Japanの取締役に就任。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ 韓国人のLINE開発秘話…送信数1日70億超え 〜李 海珍氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ 韓国人のLINE開発秘話…送信数1日70億超え 〜李 海珍氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30006308



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ