あと半年!まだ間に合うデスクトップ仮想化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

あと半年!まだ間に合うデスクトップ仮想化

2013/10/07


  2014年4月9日にサポート期限が終了するWindows XPの対策が急がれる中、その解決策の1つとしてデスクトップ仮想化に踏み出す企業が増えている。またデスクトップ仮想化は、セキュリティの強化やエンドユーザの利便性向上、運用コスト削減といった様々なメリットをビジネスにもたらす。今回は、単なるWindows XPの延命にとどまらないデスクトップ仮想化の価値を、基本的な知識からあらためて解説し、導入判断に役立つ情報をお届けする。

仮想化

※「仮想化/あと半年!まだ間に合うデスクトップ仮想化」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「仮想化/あと半年!まだ間に合うデスクトップ仮想化」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1
1-1

デスクトップ仮想化の基本

 これまで各クライアントPC上で稼働していたOSやアプリケーション、データなどをサーバ上に移動して集中管理する。そして、サーバ上で実行するデスクトップの画面情報がネットワーク経由でクライアント側のデバイスに転送され、ユーザはローカル環境と同じように操作することができる――。簡単にまとめると、【図1】に示すような仕組みを実現することが、デスクトップ仮想化の基本的なコンセプトである。

図1 利用イメージ
図1 利用イメージ
資料提供:日本ビジネスシステムズ

 ただ、一口にデスクトップ仮想化といっても様々な方式があり、“できること”も違っている。現在、主に使われているのは、VDI(Virtual Desktop Infrastructure)方式とSBC(Server Based Computing)方式の2つで、それぞれ次のような特徴をもつ。

VDI方式(仮想PC方式)

 サーバ側の仮想化基盤(ハイパーバイザー)上に、ユーザの数だけデスクトップ環境(仮想PC)を構築する。ユーザは「接続ブローカー」と呼ばれる仕組みにより、ネットワーク経由で自分に割り当てられた仮想PCに接続する。
 主な製品に、Citrix XenDesktop 、VMware Horizon View、Microsoft VDIなどがある。

SBC方式

  Windowsサーバ上のデスクトップ環境を複数セッションで共有する。特定アプリケーションのみをクライアント側のデバイスに配信し、リモートで利用する「アプリケーション仮想化」もこの方式のもとで実現することができる。
 主な製品に、Citrix XenApp 、VMware ThinApp 、Microsoft Remote Desktop Servicesなどがある。

 もちろん、このどちらの方式が優れているとは言えない。【図2】に示すような集約度、管理性、自由度、アプリ互換性といった様々な観点から2つの方式の特性を見極め、適材適所で組み合わせながら活用することが現実解となる。

図2 SBC方式とVDI方式
図2 SBC方式とVDI方式
資料提供:伊藤忠テクノソリューションズ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

仮想化/あと半年!まだ間に合うデスクトップ仮想化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「仮想化」関連情報をランダムに表示しています。

仮想化」関連の製品

アシスト Citrix サポートセンター 【アシスト】 エンタープライズ向けL3スイッチ ApresiaNPシリーズ 【APRESIA Systems】 楽天のオールフラッシュ導入事例、そこで得られた「教訓」と「課題」 【伊藤忠テクノソリューションズ】
シンクライアント ネットワークスイッチ NAS
実績豊富なアシストのエンジニアによるXenDesktop、XenAppの導入/運用サポート。アシスト以外のベンダーによる構築環境であっても高品質のサポートを提供可能。 エンタープライズ向けインテリジェントL3スイッチ。最大4台のスタック接続による冗長化が可能。 楽天のオールフラッシュ導入事例、そこで得られた「教訓」と「課題」

仮想化」関連の特集


従来、科学技術分野における分散コンピューティング環境や仮想的なスーパーコンピュータを実現するための技…



MacでWindowsのシステムを使うための方策ごとにメリット・デメリットを整理!構築・運用で注意す…



2015年第1四半期は前年同期比19%増の1484億円だった国内サーバ市場。27%の占有率を獲得した…


仮想化」関連のセミナー

API開発におけるテスト自動化と継続的なテスト運用のツール活用 【テクマトリックス】  

開催日 4月25日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

APIの機能テスト、回帰テスト及びパフォーマンステストを効果的に実施するための「SOAtest」の活用方法と、そのテスト環境を効率的に構築するための「Virtu…

vSAN検証ならネットワールドにお任せ!POCサービス始めました 【ネットワールド】  

開催日 4月11日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

ヴイエムウェアの主力製品の1つであるvSAN を通じてビジネスを展開している、パートナーの皆様必見のセミナーです。これにあわせてネットワールドでは、独自サービス…

“事例で学ぶ”オンプレミスからクラウドへシステム移行の始め方 【ソフトバンク/arcserve Japan】  

開催日 4月7日(金),4月14日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

ソフトバンクは、お客様に対して過去多くのクラウド移行をお手伝いしてきました。当セミナーでは、実際にお客様の移行プロジェクトを担当したエンジニアが複数の事例を用い…

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

仮想化/ あと半年!まだ間に合うデスクトップ仮想化」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「仮想化/ あと半年!まだ間に合うデスクトップ仮想化」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30006289


IT・IT製品TOP > 仮想化 > シンクライアント > シンクライアントのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ