この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

IT資産管理ツールの導入状況(2013年)

2013/12/24


 キーマンズネットでは、2013年9月25日〜2013年10月7日にかけて「IT資産管理ツールの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:308)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の47.7%、一般部門が52.3%という構成比であった。
 今回お聞きしたのは、導入・検討しているIT資産管理ツールの「導入状況」「重視ポイント」「利用する機能」「満足度」「導入しない理由」などIT資産管理ツールの導入状況を把握するための質問。その結果、全体の導入率は50.4%で、導入している企業の8割近くは満足していることが明らかになった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので事前にご了承いただきたい。

※「資産管理/IT資産管理ツールの導入状況(2013年)」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「資産管理/IT資産管理ツールの導入状況(2013年)」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

全体で50.4%が導入済み。管理端末トップ3はWindows PC、仮想端末、タブレット

 最初に「IT資産管理ツールの導入状況」について尋ねた(図1)。「既に導入済みである(追加リプレイスなし)」が46.8%、「既に導入済みである(追加リプレイスあり)」が3.6%、「新規で導入を検討している」が4.2%、「必要性を感じるが検討しない」が21.1%、「必要性を感じない」が24.4%と続き、まとめると全体では50.4%が導入済みという結果となった。また、「導入済み」の方を従業員別に見ると、100名以下の中小企業で17.3%、101名〜1000名以下の中堅企業で56.2%、1001名以上の大企業では70.1%と、従業員規模が大きくなるにつれて「導入済み」の割合が大きくなる傾向にあった。
 続いて、IT資産管理ツールを「導入済み」と回答した方に「管理対象となっている端末・機器」を尋ねたところ(複数回答)、1位は「Windows PC」で98.0%、同率2位は「仮想端末」と「タブレット」で19.3%、4位は「スマートフォン」で16.0%、5位は「Apple社のノート・デスクトップ端末」で11.3%という結果となった。タブレットやスマートフォンなどが業務上管理しなければならないデバイスとして一般化しつつあることが見てとれる。「その他」には、「サーバ」「プリンタ」というコメントが多く寄せられ、「ネットワークに接続する機器すべて」という声も見受けられた。

図1 導入状況

※会員登録いただくと図をご覧いただけます。
会員登録はこちら(無料)

図1 導入状況
このページの先頭へ

2

導入目的は「ライセンス管理」より「IT資産管理の手間軽減」を優先、不動の地位に

 続いて、IT資産管理ツールを「導入済み」と回答した方にIT資産管理ツールを「導入した目的」について尋ねた(図2)。1位は「IT資産管理の手間軽減」で60.4%、2位は「IT全般統制」で53.0%、3位は「セキュリティ・情報漏洩対策」で42.3%、4位は「ライセンス管理によるリスク回避」で38.9%、5位は「個人情報保護法対策」で14.1%、同率6位は「ISMS認証取得」、「既存資産管理からのリプレイスによるコスト削減」で9.4%という結果となった。ちなみに前回の調査でも順位に変動は見られず、1位は「IT資産管理の手間軽減」で59.6%、2位は「IT全般統制」で48.3%、3位は「セキュリティ・情報漏洩対策」で42.3%という結果となり、「ライセンス管理」を引き離して「IT資産管理の手間軽減」が不動の導入目的となっていることが分かった。

図2 導入目的

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図2 導入目的
このページの先頭へ

3

最も重視したポイント「導入コスト」「管理項目・機能」が前回調査と変わらず上位

 次に、IT資産管理ツールを「導入済み」と回答した方に「IT資産管理ツールを導入する際に重視したポイント」について尋ねた(図3)。1位は「導入コスト」で56.6%、2位は「運用コスト」で46.9%、3位は「管理項目・機能」で42.0%、同率4位は「安定性」「実運用の容易さ」「操作性」で25.9%という結果となった。
 「最も重視したポイント」を見ると、1位は「導入コスト」で23.1%、2位は「管理項目・機能」で19.6%、3位は「運用コスト」で9.1%、同率4位は「安定性」「操作性」「管理PC台数(サーバ1台あたり)」で8.4%という結果となった。ちなみに前回の調査では、1位は「導入コスト」で17.9%、2位は「管理項目・機能」で16.0%、3位は「安定性」で12.5%、4位は「セキュリティ関連機能の充実」で11.3%、5位は「導入の容易さ」で8.2%という結果であり、大まかな順位に変動はないが、「運用コスト」がより重要視される傾向にあることが分かった。
 続いて、IT資産管理ツールを導入済みと回答した方に「IT資産管理ツールで利用している機能」を回答してもらった。その結果、1位は「ライセンス管理」で76.7%、2位は「インベントリ収集」で65.3%、3 位は「資産台帳作成」で60.7%、4位は「ソフトウェア配布」で50.7%、5位は「ログ収集・監視」で49.3%と続いた。ここで注目したいのは、「導入目的」で4位だった「ライセンス管理」が「利用する機能」では1位になっている点だ。

図3 重視ポイント

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図3 重視ポイント

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

資産管理/IT資産管理ツールの導入状況(2013年)」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

資産管理」関連の製品

ZeeM 会計 【クレオ】 IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工情報システム】 ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」 【NTTテクノクロス】
会計システム IT資産管理 IT資産管理
財務・管理会計を統合し、他システムとの連携性と充実した管理会計、決算日程の短縮にこだわったオールインワン会計システム。 資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。
保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。

資産管理」関連の特集


自社からの情報流出を防ぐ出口対策のために自社のIT資産明確化と外部メディア制御が可能な資産管理ツール…



48.2%がクビの対象…社内機密データの漏洩防止策は?デキる社員のメール、マウス監視で業績UP?驚き…



古典的で代表的な攻撃手法「パスワードクラッキング」。不正ログインの実態とは?攻撃者の手口から認証強化…


資産管理」関連のセミナー

売れ筋「IT資産管理ツール」比較セミナー 【サイバネットシステム】  

開催日 6月21日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

IT資産管理ツールの導入担当者様に向けに、選定時に必ず比較対象となる売れ筋IT資産管理ツールの紹介セミナーを開催いたします。それぞれの特長や機能を比較いただきな…

マルチベンダー・インフラの戦略的な運用管理保守術とは 【日本アイ・ビー・エム】  

開催日 5月17日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは、企業が複雑なIT環境の課題を解決し、ITシステムの安心・安全な運用保守を維持するための具体的な解決策について、事例を多数交えながらご紹介します。…

【16PDU】 ITサービスマネジメント実践(移行/運用) 【アイテック】  

開催日 9月6日(木)〜9月7日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 9万7200円(税込)

【概要】中上級者向けであるITILインターミディエイト研修のカリキュラムを整理し、講師が厳選したポイントを絞り込んだ形式で講義します。ワークショップでは、本来O…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

資産管理/ IT資産管理ツールの導入状況(2013年)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「資産管理/ IT資産管理ツールの導入状況(2013年)」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006288


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ