この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

ERPの導入状況(2013年)

2013/11/12


 キーマンズネットでは、2013年8月21日〜2013年8月28日にかけて「ERPの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:323)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の48.6%、一般部門が51.4%という構成比であった。
 今回、お聞きしたのは導入・検討しているERPの「導入状況」「導入しない理由」「満足度」「導入目的」「重視ポイント」など、ERPの導入状況を把握するための質問。その結果、全体の導入率は32.8%で、導入している企業の7割以上は満足していることが明らかになった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「ERP/ERPの導入状況(2013年)」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ERP/ERPの導入状況(2013年)」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

全体で32.8%が導入済み。中小企業では15.8%、大企業では47.7%と大差がつく結果

 最初に「ERPの導入状況」について尋ねた(図1)。「既に導入済みである(追加リプレイスなし)」が28.2%、「既に導入済みである(追加リプレイスあり)」が4.6%、「新規で導入を検討している」が4.0%、「必要性を感じているが、検討しない」が19.8%、「導入の必要性を感じない」が43.3%と続き、まとめると、全体では32.8%が導入済み、8.7%が検討中という結果となった。また、「導入済み」の32.8%を従業員別に見ると、100名以下の中小企業で15.8%、101名〜1000名以下の中堅企業で37.2%、1001名以上の大企業では47.7%と、従業員規模が大きくなるにつれて「導入済み」の割合が大きくなる傾向にあった。
 次に、ERPを「導入済み」「導入予定」と回答した方に、その「製品タイプ」を尋ねたところ、1位は「パッケージ型」で76.0%、2位は「自社開発」で19.2%、3位は「プライベート型クラウドサービス」で1.9%、4位は「ハイブリッド型クラウドサービス」と「パブリック型クラウドサービス」で1.0%という結果となった。

図1 導入状況

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 導入状況
このページの先頭へ

2

導入目的「業務効率の改善」が約6割。更に「経営情報の把握」「情報共有」と続く

 続いて、ERPを「導入した目的」について尋ねた(図2)。1位は「業務効率の改善」で57.4%、2位は「経営情報のリアルタイムな把握」で42.6%、3位は「全社的な情報共有と活用」で38.6%、4位は「コスト削減」で30.7%、5位は「国際会計基準(IFRS)への対応」で13.9%という結果となった。「業務効率の改善」や「経営情報のリアルタイムな把握」が重要視されているので、業務全体の見直しやそれにともなう経営基盤としてERPが導入されているようだ。その他のフリーコメントには、「親会社へシステムを合わせる」や「経理処理、予算管理の業務の強化」という意見が寄せられた。また、2014年4月からは8%、そして2015年10月からは10%と段階的に引き上げられるとされる消費税率の変更への対応も急務とされており、全体の順位としては9位ではあるが、「消費税法改正への対応」にも注目したい。

図2 導入目的(導入済み)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図2 導入目的(導入済み)
このページの先頭へ

3

最も重視するポイントでは「業種業務別テンプレートの充実性」「IFRS対応」が浮上

 次に、ERPを導入済みと回答した方に「導入時に重視したポイント」を回答してもらった(図3)。その結果、1位は「導入・運用コスト」で53.5%、2位は「操作性」で44.4%、3 位は「既存・周辺システムとの連携性」で32.3%、4位は「カスタマイズのしやすさ」で31.3%、5位は「セキュリティ」で24.2%と続いた。最も重視する項目を見ると、1位・2位は順位に変動はなかったが、全体の順位で9位の「業種業務別テンプレートの充実性」が3位に、全体の順位で10位の「国際会計基準(IFRS)への対応」が4位に浮上し、以下、「既存・周辺システムとの連携性」、「セキュリティ」、「グループ会社導入のERP製品との連携性」と続く結果となった。「最も重視する項目」として、「業種業務別テンプレートの充実性」が上位にあがってきているところは注目だ。標準的なテンプレートの導入となると、結局カスタマイズが必要となり膨大な時間と費用がかかってしまうのでは…という点を懸念し“業種業務別に用意されたテンプレートがどこまで自社システムに対応するのか、柔軟で簡単にカスタマイズできるのか”と言った点や、バージョンアップ時の運用管理面を考えると“時間やコストをかけることなく、できるだけリスクを下げて、バージョンアップ時などに対応できるか”と言った点を重要視する人が多いようだ。

図3 重視ポイント(導入済み)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図3 重視ポイント(導入済み)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ERP/ERPの導入状況(2013年)」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

ERP」関連の製品

脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の4大課題解決法 【セールスフォース・ドットコム】 業種特化 物流ソリューション 【東計電算】 GRANDIT 【双日システムズ】
開発環境/BaaS 特定業種向けシステム ERP
脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の「4大課題」解決法 販売管理、運行管理、庫内管理、財務管理、勤怠管理、人事給与管理のサブシステムをオープン&シームレスにつなげる物流業向けERPシステムなどのソリューションを提供。 基幹業務に留まらず、ワークフロー、BI、ECなどを標準機能で統合した純国産のWeb-ERP。双日システムズによるアドオンテンプレートの提供も。

ERP」関連の特集


サーバの入れ替えにともない、在庫管理システムを刷新。月次集計が不要となり、業務負荷を大幅に軽減した事…



企業内にばらばらに点在しているシステム同士を相互に連携させるEAI。現在、Webサービス、SOAなど…



企業のIT担当者613人対象に「勤怠管理システムの導入状況」を調査。導入目的や苦労している点などから…


ERP」関連のセミナー

Office 365ハンズオンセミナー【Office365の基礎】 【カコムス】  

開催日 12月22日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

大変ご好評頂いておりますOffice 365及びMicrosoft Azureハンズオンセミナーを、カコムス大阪本社にて12月も開催させていただきます。 12月…

純国産ERP「GRANDIT」最新版Ver2.3ハンズオンセミナー 【主催:双日システムズ/協力:GRANDIT】  

開催日 1月27日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

純国産ERPパッケージ「GRANDIT」の最新版「Version2.3」がリリースされました。 この「Version2.3」を実機を使って、その機能、操作性を体…

ExcelやAccessを本格データベースにアップするセミナー 東京会場 【ニューコム】  

開催日 2月24日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

多くの企業を回り、気づかされることは、ERPや業務パッケージソフトでは、現場の要求を対応し切れないために、現場では、ExcelやAccessを活用してそれらを…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ERP/ ERPの導入状況(2013年)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ERP/ ERPの導入状況(2013年)」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006285


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ