統合運用管理ツールの導入状況(2013年)

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

統合運用管理ツールの導入状況(2013年)

2013/10/08


 キーマンズネットでは、2013年7月24日〜2013年8月5日にかけて「統合運用管理ツールの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:327)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の48.3%、一般部門が51.7%という構成比であった。
 今回、お聞きしたのは導入・検討している統合運用管理ツールの「導入状況」「導入のきっかけ」「重視ポイント」「満足度」「導入しない理由」など、統合運用管理ツールの導入状況を把握するための質問。その結果、全体の導入率は26.3%と低いものの、導入している企業の7割以上は満足していることが明らかになった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「統合運用管理/統合運用管理ツールの導入状況(2013年)」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「統合運用管理/統合運用管理ツールの導入状況(2013年)」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

導入率は26.3%にとどまる結果に。大企業では42.3%、中小企業では11.0%と大差

 最初に「統合運用管理ツールの導入状況」について尋ねた(図1)。「既に導入済みである(追加リプレイスなし)」が23.5%、「既に導入済みである(追加リプレイスあり)」が2.8%、「運用管理ツールは導入しており、統合運用管理ツールの導入を検討している」が1.8%、「新規で統合運用管理ツールの導入を検討している」が4.0%、「統合運用管理ツールの必要性を感じているが、導入しない」が27.8%、「導入の必要性を感じない」が40.1%と続き、まとめると、全体では26.3%が導入済み、8.6%が検討中という結果となった。また、「導入済み」の26.3%を従業員別に見ると、100名以下の中小企業で11.0%、101名〜1000名以下の中堅企業で22.4%、1001名以上の大企業では42.3%と、従業員規模が大きくなるにつれて「導入済み」の割合が大きくなる傾向にあった。従業員規模によって導入率に差があることが分かった。
 次に「システムの運用管理上の悩み」について尋ねた。全体では、「人手が足りていない」が40.8%、「社内に詳しい人材が少ない」が37.1%、「コストがかかりすぎている気がする」が30.2%、「運用レベルを上げたいができていない(ITIL対応等)」が21.8%、「デバイスの多様化への対応が困難」が18.4%という結果となった。企業規模別に1位の項目を比べてみると、100名以下の中小企業は、「運用管理について社内に詳しい人材が少ない」で42.5%、101〜1000名以下の中堅中小企業は、「運用管理の人手が足りていない」で43.5%、1001名以上の大企業では、「コストがかかりすぎている気がする」で41.8%という結果となり、特に中堅中小企業では知識と人手不足が、大企業ではコストがシステム運用上の悩みとして挙げられた。

図1 導入状況

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 導入状況
このページの先頭へ

2

導入きっかけは「運用管理の一元化」が6割超。「自動化」「管理費の削減」と続く

 統合運用管理ツールを「導入したきっかけ」について尋ねた(図2)。1位は「運用管理の一元化」で64.7%、2位は「業務の自動化」で38.8%、3位は「運用管理費の削減」で32.9%、4位は「セキュリティの強化」で27.1%、5位は「内部統制(SOX法対応)」で20.0%という結果となった。その他のフリーコメントには、「既存の設備の老朽化」や「会社合併により、合併先が使っていたツールを横展開した」などという意見が寄せられた。
 また、統合運用管理ツールを導入済みと回答した方に「導入時に必要とした機能」について尋ねた。その結果、1位は「ジョブ管理・スケジュール管理」で60.2%、2位は「資産管理・ライセンス管理」で43.4%、3位は「セキュリティ管理」で37.3%、4位は「パフォーマンス管理」で30.1%、5位は「構成・変更管理」で22.9%と続いた。特に「ジョブ管理」や「スケジュール管理」で自動化できるようになり運用負荷軽減につながることは、「業務の自動化」「運用管理費の削減」など、煩雑な作業負荷を軽減することが「きっかけ」の上位にあがってきていることを裏付けていると言える。

図2 導入きっかけ

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図2 導入きっかけ
このページの先頭へ

3

重視ポイントは「導入コスト」がダントツ、「サポート体制」「運用コスト」と続く

 続いて、統合運用管理ツールを導入済みと回答した方に「導入時に重視したポイント」を回答してもらった(図3)。その結果、1位は「導入コスト」で58.0%、同率2位は「サポート体制の充実」と「運用コスト」で38.3%、4位は「信頼性/安定性」で29.6%、5位は「管理対象との相性」で28.4%と続いた。最も重視する項目を見ると、1位・2位は順位に変動はなかったが、全体の順位で5位の「管理対象との相性」が3位に浮上し、以下、「運用コスト」、「操作性」、「管理ツール類の豊富さ」と続く結果となった。「最も重視する項目」として、「管理対象との相性」が浮上しているところを見ると、統合運用管理ツールはコストをかけて導入し、日常的に利用するツールだけに、全体を1つのツールで管理したいが管理しきれない対象もある場合もあり “実際にトラブルなく日常業務の道具として使えるのか”という観点を懸念し、重視する人が多いようだ。

図3 重視ポイント

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図3 重視ポイント

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

統合運用管理/統合運用管理ツールの導入状況(2013年)」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

統合運用管理」関連の製品

オンプレミスと同じように安定かつ安全に運用できるクラウド導入 【F5ネットワークスジャパン】 Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】 LANDesk Management Suite 【LANDesk Software】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
企業のマルチクラウド導入が急速に進んでいる。しかし、その導入では正常に動いていたオンプレミスとどれだけ同じように安定かつ安全に運用できるかが管理者の悩みとなる。 「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインターフェースで一元的に行える。 PCやモバイルデバイスなど企業内ファイアウォールの内外に存在するすべてのクライアントを、OSに関係なく共通コンソールから一元管理するIT統合管理ソリューション。

統合運用管理」関連の特集


中堅・中小企業では備えなければ取引先からの発注が止まるかもしれないと導入が急がれている「PCログ監視…



クラウドコンピューティングの進展やフラッシュストレージなど新たなストレージの台頭により、ストレージ環…



システムの安定運用に欠かせない監視作業。でも、バラバラな監視体制は無駄を生む元凶に!監視コストを落と…


統合運用管理」関連のセミナー

JP1統合管理製品によるイベント管理の最適化! 【主催:アシスト】  

開催日 2月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

v9から機能強化が著しいJP1/IM製品によるイベント管理の効率化手法をご紹介JP1には、システム内で発生するあらゆる事象(イベント)が集約されます。これらのイ…

ITサービスマネジメント(ITILファンデーション)速習2日間コース 【IT&ストラテジーコンサルティング】 締切間近 

開催日 2月7日(火)〜2月8日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 7万5600円(税込)

 本研修は研修時間を9:30〜15:30に設定することによって、仕事のスケジュールや子育て中や家庭の事情等により1日フルに研修をご受講されているのが難しい方でも…

ITサービスマネジメント(ITILファンデーション)速習研修 【IT&ストラテジーコンサルティング】  

開催日 1月30日(月),2月13日(月),3月30日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 7万5600円(税込)

本研修は日々の業務等にお忙しく2日間の研修を受講される時間の都合がつかない方を対象に、ワークブックによる自習+1日の座学研修をお受けいただき、ITI ファンデー…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

統合運用管理/ 統合運用管理ツールの導入状況(2013年)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「統合運用管理/ 統合運用管理ツールの導入状況(2013年)」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006283


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ