Webマーケティング施策の効果を分析したい

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

Webマーケティング施策が効果的かどうかを分析したい

2013/12/05


  Webを利用してあれやこれやのマーケティング施策を試していても、何が本当に売上向上などの効果につながっているのかわからなければ、「次の一手」を効果的に打つことができない。そこで頼りになるのがWebマーケティングの効果測定ができるITツールだ。目指すべきは、直接販売や資料請求などの結果につながった施策ばかりでなく、それに至るまでの過程も含めて各施策の投資効果を数字で明らかにする「アトリビューション分析」だ。そこに至るには多様な情報収集と分析ノウハウが欠かせない。マーケティング施策の効果測定と分析には、いったいどんなITツールが利用できるのだろうか?

※「マーケティング/Webマーケティング施策の効果を分析したい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「マーケティング/Webマーケティング施策の効果を分析したい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

アクセス解析ツールで自社Webを徹底解剖

 まずは現状の把握・理解から始めたい。自社Webサイトを利用して販売などを行っている場合は、ユーザの購買や資料請求などの、そもそもWebマーケティングが目的としている行動を、ユーザがとってくれているのかどうかが効果の判定基準になる。これはマーケティング用語で「コンバージョン」という。
 コンバージョン成立あるいは不成立(離脱)までに、ユーザはいくつかの行動をとるのが普通だ。例えば自社サイトへの訪問の入り口としては、企業からのメール中のURLクリックや他サイトのバナー広告、検索サービスのリスティング広告などのクリックがほとんどだろう。サイトにやってきたユーザは、興味があるページのいくつかを遷移し、リンクをクリックしたり、時間をかけて記事を読んだりして、最終的にコンバージョンにつながるページに至り、対応するリンクをクリックするなどしてコンバージョンを成立させる。そうでなければ、他サイトに移動したりして「離脱」する。
 このような行動を捕捉するのが「アクセス解析ツール」だ。自社サイトに行動追跡機能(ビーコン)を組み込むか、パケットキャプチャによって、例えば訪問日時、自社サイト訪問直前のページ、遷移した自社サイト内のページ、クリックした場所などの情報を取得し、記録することができる。ユーザはIPアドレスなどによって識別され、個々の訪問でどのような行動をしたかが明らかになる。訪問数、ユニーク訪問者数、利用時間、クリックしたコンテンツなどがわかり、コンバージョン率、離脱率などが計測できる。そのデータを解析すれば、広告・宣伝のほか、個々のコンテンツやページ要素などがコンバージョンにどう寄与したのか、しなかったのかが数値評価できるわけだ。
 細かいデータ取得ができるツールなら、サイトのコンテンツ構成上の問題点や改善ポイントも鮮明になる。たとえば「クリックマップ」という機能を使うと、サイト上のクリック数をグラフィカルに表示してどんなコンテンツがコンバージョンにつながったのか、ユーザが何に注目したのか、時間をかけて見たのはどこか、などの情報が読み取れる。これにより、最初に訪れるランディングページを最適化(LPO)したり、画像やキャッチコピーなどの効果を客観的に評価して見直すことも可能になる(コンテンツ分析)。

アクセス解析・分析ツールの画面例
アクセス解析・分析ツールの画面例
提供:マクニカネットワークス

+拡大

クリックマップの画面例
クリックマップの画面例
提供:マクニカネットワークス

+拡大


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

マーケティング/Webマーケティング施策の効果を分析したい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「マーケティング」関連情報をランダムに表示しています。

マーケティング」関連の製品

データ連携ミドルウェア 「ASTERIA WARP」 【インフォテリア】 AXIOLE 【ネットスプリング】 大手・中堅向けワークフロー AgileWorks(アジャイルワークス) 【エイトレッド】
EAI 認証 ワークフロー
企業内の様々なデータをノン・プログラミングで高速・簡単に連携するデータ連携ミドルウェア。
5,000社以上への導入実績を持ち、9年連続国内シェアNo.1を獲得。
LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 組織改変・人事異動に強いワークフロー。人事システムとの密な連携が可能。高度なフロー制御をもつことで、社内の意思決定プロセスをすべてフロー化することができる。

マーケティング」関連の特集


ビッグデータ解析による流動人口データ提供サービスを発表したAgoopは、ソフトバンクモバイル向けにエ…



 パロアルトネットワークスの調査では、全体のトラフィックの8%がファイル共有のアプリケーションだった…



 初代iPhone発売から9年が経ち、消費者がさまざまなシーンでスマートフォンを利用するようになった…


マーケティング」関連のセミナー

ビッグデータ活用事例 【主催:オープンソース活用研究所 協力:システナ/ノーチラス・テクノロジーズ/KSKアナリティクス】 注目 

開催日 5月18日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

【ビッグデータの活用は本格的な普及期へ】少し前までは「バズワード」と言われていた「ビッグデータ」。しかし、先進企業でのビッグデータ活用事例とその効果が認知されつ…

kintoneで実現する顧客管理とは。 【ランドスケイプ/サイボウズ/さくらインターネット】  

開催日 6月6日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

サイボウズ社、さくらインターネット社講演サイボウズの業務改善プラットフォーム『kintone』。現在、5000社を超える企業が導入・活用しています。今回は、ki…

インサイドセールスのコツがわかる。CRMツールを用セミナー 【ランドスケイプ/インフォテリア】  

開催日 6月22日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

インサイドセールスとは、営業部門に見込客を引き渡す前の一連のマーケティングプロセスです。インサイドセールスのコツ/ポイントは「売り込まないこと」「有益な情報を提…

このページの先頭へ

マーケティング/ Webマーケティング施策の効果を分析したい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「マーケティング/ Webマーケティング施策の効果を分析したい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006279


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ