正確に業務管理するため位置情報を活用したい

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

より正確に業務を管理するために位置情報を活用したい

2013/10/31


 客先を訪問して商談を行う営業担当者や、複合機/プリンターなどのメンテナンスを担当する保守サービス担当者など、企業には自社オフィス外での業務がメインの従業員が数多くいる。こうした人員の業務効率を高め、より速く、より的確に顧客対応を行うためには、各人員が今どこにいるのかをリアルタイムに把握し、素早い指示を出すことのできる仕組み作りが必要だ。現在では様々な視点からの解決方法が提供されている。

※「位置情報/正確に業務管理するため位置情報を活用したい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「位置情報/正確に業務管理するため位置情報を活用したい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

“タイムカード代わり”にGPS搭載のスマートフォンを利用する

 直行直帰の多い営業担当者や、1日中、顧客先を回って機器類のメンテナンス作業を行う保守サービス担当者などの業務時間を正確に管理することは難しい。それというのも、出勤/退勤の時間を正確に記録するために、いちいちオフィスに寄ってタイムカードに打刻することを強いれば、逆に業務効率は低下し、さらには顧客対応のレベルも下がる恐れがあるからだ。かといって、そうした従業員の出退勤を全く管理しなければ、正しい給与計算もできず、ガバナンス上も大きな問題となる。
 そこで活用を考えたいのが、現在大きく普及の進んだスマートフォンだ。こうしたモバイルデバイスに搭載されたGPS機能を利用して、外出先の従業員の位置情報を取得し、勤怠管理のシステムと連携を図ることで、従業員の勤務状況を正確に把握することが可能となる。タイムカードに頼る必要もない。
 例えば勤怠管理機能を提供するあるクラウドサービスでは、従業員が“出勤”や“退勤”、あるいは“移動”や“訪問”といった定型の行動を取る際に、その内容を手元のスマートフォンから現在の時刻/場所と併せて入力すれば、それがインターネット経由で上長の管理画面で確認できる、といった仕組みを提供している。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

位置情報/正確に業務管理するため位置情報を活用したい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「位置情報」関連情報をランダムに表示しています。

位置情報」関連の製品

10業種23社の導入事例:MDMで業務はどう変わったのか? 【エムオーテックス】 ビーコンによる動線分析ソリューション Location Data Analyzer 【パナソニック ソリューションテクノロジー】 ビジネス専用メッセンジャー direct エンタープライズ版 【L is B】
MDM データ分析ソリューション その他情報共有システム関連
モバイルデバイスマネジメントの効率化 10業種23社成功事例 場所を選ばず簡単に設置可能な小型軽量のビーコンを用いて、人やモノなどの経営資源の位置情報や動きを「見える化」することで、業務効率アップや売上拡大を支援。 現場スタッフと社内のコミュニケーションを素早く安全に行う、マルチデバイス対応ビジネス専用メッセンジャー。
チャットのほか写真・動画・位置情報共有など機能も多彩。

位置情報」関連の特集


IoTでビジネスをどう変えるか。現在のビジネス課題を解決するための方法や、まだ見えぬ本質的な課題を明…



登場から約3年が経過した「SOA」。今回は、ユーザ企業で「SOA」の普及が進まない理由をアンケートを…



数十年前から想像できないほどの進化を遂げ、インフラとなった通信ネットワーク。次のネットワークの未来を…


このページの先頭へ

位置情報/ 正確に業務管理するため位置情報を活用したい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「位置情報/ 正確に業務管理するため位置情報を活用したい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006274


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ