内部統制強化!会社備品を正確に管理したい

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

内部統制の強化にあたり、会社の備品を正確に管理したい

2013/10/17


内部統制の強化は、現代の企業にとって避けて通れない課題。そこで、固定資産やソフトウェア資産などを正確に把握しておくことは、ますます重要になっている。ところが、紙の台帳を使った古いやり方は、手間がかかるし正確性にも欠ける。そこで検討したいのが、ITを活用した備品管理法だ。アナログな手法に比べ、全社の資産を容易に一元管理できる、リース期限が迫った資産をいち早く把握できるなど、たくさんのメリットが得られる。

※「資産管理/内部統制強化!会社備品を正確に管理したい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「資産管理/内部統制強化!会社備品を正確に管理したい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

固定資産管理システムで、社内の備品類を「見える化」

 社内には、OA機器、製造機器、什器といった固定資産・リース資産が蓄積されている。これらをITによって管理するのが「固定資産管理システム」だ。導入すれば、総務部門・生産部門・営業部門などで分散管理されていた社内資産を一元管理することが可能。その結果、無駄な資産などを発見しやすくなり、維持コストの削減が期待できるだろう。また、リース契約が終わりに近づいた備品を自動的に抽出して次の契約に備えたり、各種の帳票類を作成して申告業務に役立てたりすることもできる。
 特に注目したいのが、バーコードやRFIDを使った手法。備品にバーコードラベルやICタグを付け、スマートフォンや専用端末で読み取ることによって資産管理を行える。情報をいちいち手入力する必要がなくなるため、棚卸しなどの手間を大幅に省くことができるだろう。また、すべての備品にラベルを付けることによって、不正利用や安易な部外持ち出しなどを防止する効果も期待できる。

固定資産管理システムの概念図
固定資産管理システムの概念図
提供:日立キャピタル株式会社

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

資産管理/内部統制強化!会社備品を正確に管理したい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

資産管理」関連の製品

エンドポイントセキュリティ管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】 IT資産統合管理 コア ITAMソリューション 【ギガ+他】 ソフトウェア資産管理ツール「SARMS」 【ARアドバンストテクノロジ】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。 導入実績1500社以上。PC端末からデータセンターまで、幅広いニーズに応えるIT資産統合管理ソリューション。物の管理と固定資産管理の紐づけを行い、資産管理を効率化する。 ソフトウェア資産管理ツール。台帳登録された情報とIT資産管理ツールで収集したインベントリ情報を突き合わせ、適正なソフトウェア資産管理を実現する。

資産管理」関連の特集


データ消去の中でも、ソフトウェアによる上書きデータ消去が一般的な手法ですが、具体的には何をするのかご…



 2015年7月にリリースされ、既に1年以上が経過したWindows 10。ビジネスシーンにおいて、…



訴訟リスクを回避すべく導入に意欲的な企業が増えているIT資産管理ツール。SaaSや仮想化対応など、I…


資産管理」関連のセミナー

海外拠点における情報セキュリティ対策とITシステム活用を学ぶ 【サイバネットシステム】  

開催日 5月30日(水)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

日系企業の海外進出が加速する中、日本国内の端末はセキュリティ対策や管理ができているが、海外拠点は現地スタッフに任せっきりといった企業が多いようです。実際に、ウイ…

データ消去ソフト ディスクシュレッダー6 製品紹介セミナー 【パーソナルメディア】  

開催日 3月28日(水),4月11日(水),4月25日(水),5月16日(水),5月30日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

データ消去ソフト「ディスクシュレッダー6」の製品紹介セミナーです。実機を用いたデモンストレーションなど、実際の消去作業をご覧いただきながら、製品説明をいたします…

事業影響度分析/ビジネスインパクト分析(BIA)トレーニングコース 【BSIグループジャパン(英国規格協会)】  

開催日 5月11日(金),8月6日(月)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

本コースは、事業継続に取り組む上で欠かせない事業影響度分析/ビジネスインパクト分析(BIA)について学びます。事業継続におけるビジネスインパクト分析(BIA)は…

このページの先頭へ

資産管理/ 内部統制強化!会社備品を正確に管理したい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「資産管理/ 内部統制強化!会社備品を正確に管理したい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006272


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ