この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

“粘菌型コンピュータ”って何だ?

2013/10/16


 日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を高めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。このコーナーを読めば、最新IT事情がスラスラ読み解けるようになることうけあい。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。今回のテーマは超並列コンピュータでも難しい不確実な条件ばかりの問題を高速に解決できる「粘菌型のナノコンピュータ」。粘菌の生態を情報処理に応用する研究が、このたびナノの世界の「見えない光(近接場光)」の研究と合体することで画期的な飛躍を遂げそうです。研究の先には、ネットワークの最適経路を「自分が変形して」見つけ出すルータのような、自律的に環境適応するハードウェアの実現まで見えてきました!

PC

※「PC/“粘菌型コンピュータ”って何だ?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「PC/“粘菌型コンピュータ”って何だ?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

粘菌型コンピュータとは?

 粘菌の生態を模倣した仕組みのコンピュータのこと。従来コンピュータが不得手としてきた「条件が不確定で常に変動する」状態での問題解決が効率化すると期待されている。

1-1

粘菌の情報処理ってどんなもの?

 森林などの土壌に住む粘菌は、一定の形をとらない単細胞生物だ。その体は1つの細胞膜(細胞外質ゲル)の中で、無数の細胞核を含む原形質(細胞内ゾル)が常に振動・流動する特異な構造をとっている。この構造により、体の一部が何か危険な刺激を受けると全体が変形し、刺激を避けることができる。中枢神経=集中制御システムがないのに、刺激を受けた部分(単純な反応の仕組みだけを備えたサブシステム)の情報が全体に伝わり、合理的な退避行動(体全体の変形制御)ができるという、見事な自律分散制御の仕組みを備えている。

図1 粘菌
図1 粘菌
資料提供:理化学研究所
図2 局所への刺激が全体に伝わる
図2 局所への刺激が全体に伝わる
資料提供:理化学研究所

 図2のように3方向に足を伸ばした形の粘菌があるとしよう。青い矢印の部位に刺激(粘菌が嫌う光の照射)を加えると、それを避けるように原形質が他の部位に流れ込み、全体の形を変える。これはたとえばゴム手袋に水を入れて端を締め、ある1本の指部分を握ると他の指部分が膨れ上がるのと似ている。体積は一定で、形が刺激に応じて変わるのだ。局部で生じた情報が全体に伝わり、最適な形になるための情報処理と制御が行われていることになる。
 この性質をコンピュータ科学の問題解決に応用できないかと考えたのが、東京工業大学の青野真士氏だ。青野氏は、2013年3月まで在籍していた理化学研究所・揺律機能研究チームの原正彦チームリーダー(東京工業大学教授兼務)のもとで、図3のような実験装置を作り、粘菌に光刺激を加えて動きを観察した。

図3 粘菌の行動原理の実験装置
図3 粘菌の行動原理の実験装置
資料提供:理化学研究所

 図3上部右側の写真のような装置の中央に粘菌を置いておくと、何も刺激がなければ左側のように面積をひろげて同心円状に装置を覆い尽くす。その状態で装置に刻まれた特定の溝(レーン)をめがけて光を当てる。すると粘菌の足は退避行動をとって縮む。その変形に応じて光を当てるレーンを変えていくと、刺激される回数の少ないレーンに足を伸ばそうとする。これをくり返すうち、やがて最も刺激を受けるリスクが少ないレーンだけに足を伸ばすようになる。もちろん光の当て方で粘菌を恣意的に誘導しないよう光照射は調整されている。この実験により、刻々と変化する刺激の方向を粘菌が学習し、最も刺激リスクが少ないレーンを粘菌自身が効率よく選べることが証明できた。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2017/3/31まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 Lenovo 2 in 1タブレット「YOGA BOOK with Windows」 
●A賞:抽選で1名様
 ZEROTECH 小型セルフィードローン「Dobby Deluxe D100B-H」 
●C賞:抽選で1名様
 harman/kardon ワイヤレスホームスピーカーシステム「AURA PLUS」 
●D賞:抽選で1名様
 THANKO iPhoneケース型「モバイルDLPプロジェクター」 
●E賞:抽選で2名様
 キングジム コンパクトにたためるパソコン「PORTABOOK XMC10」 

このページの先頭へ

PC/“粘菌型コンピュータ”って何だ?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PC」関連情報をランダムに表示しています。

PC」関連の製品

ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】 intra-mart Accel Platform 【NTTデータ イントラマート】 5年間で3割のコスト削減、焼津市役所のタブレット活用に学ぶ業務改革 【富士通】
アンチウイルス グループウェア タブレット
APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。 JavaEEフレームワークをベースにワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/モバイルなど業務コンポーネントを揃えたシステム共通基盤/PaaS。ハイブリッドクラウド対応。 5年間で3割のコスト削減、焼津市役所のタブレット活用に学ぶ業務改革

PC」関連の特集


 前回は、システム調達の現場で起こっている問題点と解決の方向性について述べた。今回は、その解決方法と…



444人を対象に、業務に欠かせないExcelの利用状況を調査しました。



 働き方インテグレーターの星野です。近年、クラウド、インターネット、Wi-Fi,タブレットなどのIC…


PC」関連のセミナー

SVF無料体験セミナー、最新バージョンのご紹介 【ウイングアーク1st】 締切間近 

開催日 3月8日(水)   開催地 愛知県   参加費 無料

本セミナーでは、SVFをはじめてご覧になられる方や既にSVFをご利用中のお客様へ製品概要をわかりやすくお伝えいたします。ご参加の方へノートPCをお配りし、実機に…

Microsoft Project無料セミナー 【主催:ウッドロー・ビジネス・コンサルティング/共催:ソフトバンク コマース&サービス】  

開催日 3月13日(月),4月12日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

Microsoft Projectを知ろう!スケジュール作成〜レポート出力までを一挙紹介  (2017年03月13日) 〜 Microsoft Project…

パートナー募集!SSO/ID管理クラウドサービス「SKUID」 【主催:GMOグローバルサイン/協力:オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 3月3日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

SSO/ID管理クラウドサービス「SKUID」は、GMOグローバルサイン社が2016年12月末にサービスリリースしたばかりの無料クラウドサービスです。無料SSO…

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

PC/ “粘菌型コンピュータ”って何だ?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「PC/ “粘菌型コンピュータ”って何だ?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30006259


IT・IT製品TOP > PC > その他PC関連 > その他PC関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ