光一粒に情報をのせる「量子暗号鍵配信」

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

光一粒に情報をのせる「量子暗号鍵配信」

2013/10/02


 日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を高めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。このコーナーを読めば、最新IT事情がスラスラ読み解けるようになることうけあい。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。今回のテーマは超高速コンピュータの出現を前に危機に瀕している暗号技術の救世主と目される「量子暗号」。実用化は遠い未来のことではありません。課題解消が次々に進み実用化カウントダウンが始まる「量子暗号鍵配信」技術の進展状況をサックリと見ていきましょう。

暗号

※「暗号/光一粒に情報をのせる「量子暗号鍵配信」」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「暗号/光一粒に情報をのせる「量子暗号鍵配信」」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

量子暗号通信とは

 「暗号は必ず破られる」……というのはもう過去の常識。原理的に絶対破れない暗号方式に、もうすぐ手が届きそうだ。素因数分解などの計算量が安全性の根拠になってきたこれまでの暗号方式はすでに解読方法がわかっている。どんなに計算機性能が上がっても絶対不正解読できない新しい暗号方式が必要だ。その筆頭に挙げられるのが「量子暗号」。実用化ははるか先と考えられてきたが、近年次々に未解決だった課題が解消されており、そう遠くない将来に機密性の高い通信への適用が期待できるようになってきた。

1-1

量子暗号が期待される背景:従来型暗号はいずれ瓦解?

 現在最も堅牢な暗号方式と考えられているのがPKIでおなじみのRSA暗号方式だ。その安全性の根拠は、暗号鍵がわからなければ解読に膨大な計算量が必要で時間とコストがかかり過ぎるという事実による。計算量は暗号鍵の長さにもよるがRSA 1024ビットの場合で数十年〜数百年、金額換算すれば数十億円〜数兆円とも見積もられる。もっと桁数を増やせば天文学的時間が必要になる。解読の方法はすでにわかっているものの、誰がそんな愚行をするだろうか、という考え方だ。
 しかしこの考え方は、現在の超並列コンピュータで数億年かかるはずの計算を、わずか数秒で終わらせてしまう「量子コンピュータ」の発明によって崩れ去った。量子コンピュータはいまだ実用化の目処が立っていないとはいえ、将来的に現在の暗号基盤を根底から崩してしまう可能性がある。RSA暗号はもちろん、それをさらに複雑にした楕円曲線暗号であろうとも、存在意義がなくなってしまうのだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2018/6/30まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で2名様
 ASUS タブレット「ZenPad 10 Z301M-WH16」  
●A賞:抽選で1名様
 ダイソン 空気清浄機能付ヒーター 「HP 00 WS」 
●C賞:抽選で1名様
 Google Home 
●D賞:抽選で1名様
 酒グラスコレクション 冷酒セット(金箔)  
●E賞:抽選で5名様
 Amazon 使える商品は1億種以上「Amazonギフト券 5000円分」 

このページの先頭へ
関連キーワード

暗号/光一粒に情報をのせる「量子暗号鍵配信」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号」関連情報をランダムに表示しています。

暗号」関連の製品

HCIの課題を解決し理想の仮想化環境を実現するストレージソリューションとは 【ノックス】 個人情報検出・暗号化ソリューション 【ネスコ】 半数がセキュリティ上の重大被害を経験、運輸・交通・インフラ業界の課題とは? 【トレンドマイクロ】
ストレージ仮想化 暗号化 検疫
HCIの課題を解決し理想の仮想化環境を実現するストレージソリューションとは マイナンバーや個人情報を検出する「P-Pointer」と、ハイレベルのセキュリティを実現するDRM製品「DataClasys」とを組み合わせたソリューション。 半数がセキュリティ上の重大被害を経験、運輸・交通・インフラ業界の課題とは?

暗号」関連の特集


 前回は、暗号モジュール試験及び認証制度の全体的な流れについて紹介してきた。今回は、同制度の今後の展…



セキュリティを確保しながらファイル送受信が可能な大容量ファイル送信ツール。機能と高セキュリティの理由…



年々ニーズが多様化している文書管理ツール市場、クラウドとの連携による外出での使用場面やソーシャル機能…


暗号」関連のセミナー

イーサリアムによるスマートコントラクトの実装と、ICO事例 【主催:NALヒューマンリソース/協力:オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 4月25日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

【注目される「スマートコントラクト」】ビットコインや、その中核技術である「ブロックチェーン」に注目が集まっています。しかしブロックチェーンは、暗号通貨だけのもの…

CompTIA Security+(SY0-401)完全マスターコース 【ウチダ人材開発センタ】  

開催日 7月24日(火)〜7月27日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 21万6000円(税込)

受験対策テキストを使用し、暗号化や認証などの標準的なセキュリティ技術だけではなく、セキュリティポリシーなどのセキュリティマネージメントまで幅広く学習します。また…

鍵管理入門 〜基本概念からICカードの仕組みまで〜 【日本ネットワークインフォメーションセンター】  

開催日 6月29日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 4万円(税込)

●概要 HTTPSやメールにおける認証技術や、電子署名技術を利用した仕組みにおいて重要な位置づけにある 鍵管理 は、技術者として押さえておきたい重要な概念の一…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

暗号/ 光一粒に情報をのせる「量子暗号鍵配信」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「暗号/ 光一粒に情報をのせる「量子暗号鍵配信」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30006258


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ