13番目のMルート?“DNS”の仕組み徹底解説

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

IT担当者の必須知識が身につく 初級ネットワーク講座

13番目のMルート?“DNS”の仕組み徹底解説

2013/08/06


 インターネット上のサーバにアクセスする際には“recruit.co.jp.”のようなドメイン名や、“www”のようなホスト名を用いる。しかしIPパケットを見ると「あて先IPアドレス」はあれど「あて先ドメイン名」や「あて先ホスト名」なるものはない。そこで、「ホスト名」や「ドメイン名」を「IPアドレス」に置き換える仕組みが必要となってくる。
 今回はその“名前解決”の仕組みである「DNS」について、その仕組みを詳しく説明していく。

DNS

※「DNS/13番目のMルート?“DNS”の仕組み徹底解説」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「DNS/13番目のMルート?“DNS”の仕組み徹底解説」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

DNSの仕組み

1-1

URLの構造

 実際にインターネットを利用してWebサーバにアクセスする場合、ブラウザのアドレスにURLを入力する。URLは、Uniform Resource Locatorの略で、RFC1738で規定されている。URLの全体構造は、次のとおり“:”をはさんで前半の「スキーム部(scheme)」、後半の「スキーム仕様部(scheme-specific-part)」に分かれる。

<scheme> : <scheme-specific-part>

<scheme> は、通信相手とやり取りする手段・方法を表す。
  Webであれば「http」ファイル、データ転送であれば「ftp」、メール送信であれば「mailto」などがある。
<scheme-specific-part> は、通信に必要な情報を示す。スキームによって構文仕様は異なる。
  通信相手のホスト名、リソース名、ユーザ名、パスワードなどがある。  

 例えば、前回の記事である「今さら聞けない!“DHCP”の機能と役割 」の内容を閲覧するためのURLは、「http://www.keyman.or.jp/at/network/router/30006237/」で、その内容は次のように構成されている。

scheme> → [http]
<scheme-specific-part> → [//www.keyman.or.jp/at/network/router/30006237/]

 意味は、通信相手とは[http]という手段(プロトコル)でやり取りしたい。その必要情報は[//www.keyman.or.jp/at/network/router/30006237/]である、ということだ。

 <scheme>が[http]の場合、<scheme-specific-part>の構文は、以下の通りとなる。

 // <host> : <port> / <path> ? <searchpart>

<host>  → www.keyman.or.jp
<port>  → 省略
<path>  → at/network/router/30006237/
<searchpart> → 省略

  <host>は、通信相手のホストを識別する。[www.keyman.or.jp.]は、さらにホスト名である[www]とドメイン名である[keyman.or.jp.]に分けられる。このようにホスト名とドメイン名を組み合わせたものをFQDN(Fully Qualified Domain Name:完全修飾ドメイン名)と呼ぶ。FQDNは、インターネット上で一意である。
 <path>は、そのホスト内にあるリソース(ファイル)の場所を示す。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

DNS/13番目のMルート?“DNS”の仕組み徹底解説」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「DNS」関連情報をランダムに表示しています。

DNS」関連の製品

Barracuda Load Balancer ADC 【バラクーダネットワークスジャパン】 シマンテック クラウド型WAF 【ソフトバンク コマース&サービス】 Barracuda Load Balancer 【バラクーダネットワークスジャパン】
ADC/ロードバランサ WAF ADC/ロードバランサ
トラフィックを複数のサーバーへ負荷分散する機能やフェールオーバ機能などに加え、本格的なWAF(Web Application Firewall)機能を標準搭載した高機能なADC製品 WebサイトやWebアプリケーションを改修することなく脆弱性の対策を実施可能なSaaS/ASP型WAF(Web Application Firewall)。 トラフィックを複数のサーバへ負荷分散。サーバ障害に備えたフェールオーバ機能やセキュリティ対策に有効な不正侵入防御機能を搭載した低価格・簡単操作のロードバランサ。

DNS」関連の特集


近年はUDPプロトコルを用いる「DNS」「NTP」などを利用したDDoS攻撃が増殖中。実際の攻撃手法…



なりすましに乗っ取り、不適切投稿…。個人だけじゃない!SNSが起こす恐怖の事件例を紹介!SNS上での…



2008年夏からDNSサーバの脆弱性をついた攻撃が激増!統計情報とあわせて被害にあわないためのチェッ…


DNS」関連のセミナー

DNSSEC基礎 【一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター】  

開催日 6月28日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 4万円(税込)

●対象者:DNSサーバの運用経験がある方(BIND9の設定方法やdigなどのコマンドラインツールに関する基本的な知識がある方。 コマンドラインツールに不安のある…

DNS基礎 【一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター】  

開催日 6月23日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 5000円(税込)

●対象者:ネットワーク技術者、サーバ管理者等、ネットワーク、UNIX/Linux等の基本的な事項をご存じの方●難易度:★★☆☆☆●内容:DNSは、 インターネッ…

IPv6ハンズオン〜サーバ編〜 【日本ネットワークインフォメーションセンター】  

開催日 6月29日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 4万円(税込)

●対象者:IPv4サーバの運用経験がある方、Linuxの運用経験がある方●難易度:★★★☆☆●内容:IPv6の実践的な設定ができる技術者の育成を目的にした、 仮…

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

DNS/ 13番目のMルート?“DNS”の仕組み徹底解説」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「DNS/ 13番目のMルート?“DNS”の仕組み徹底解説」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30006238


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > その他ネットワーク関連 > その他ネットワーク関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ