13番目のMルート?“DNS”の仕組み徹底解説

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

IT担当者の必須知識が身につく 初級ネットワーク講座

13番目のMルート?“DNS”の仕組み徹底解説

2013/08/06


 インターネット上のサーバにアクセスする際には“recruit.co.jp.”のようなドメイン名や、“www”のようなホスト名を用いる。しかしIPパケットを見ると「あて先IPアドレス」はあれど「あて先ドメイン名」や「あて先ホスト名」なるものはない。そこで、「ホスト名」や「ドメイン名」を「IPアドレス」に置き換える仕組みが必要となってくる。
 今回はその“名前解決”の仕組みである「DNS」について、その仕組みを詳しく説明していく。

DNS

※「DNS/13番目のMルート?“DNS”の仕組み徹底解説」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「DNS/13番目のMルート?“DNS”の仕組み徹底解説」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

DNSの仕組み

1-1

URLの構造

 実際にインターネットを利用してWebサーバにアクセスする場合、ブラウザのアドレスにURLを入力する。URLは、Uniform Resource Locatorの略で、RFC1738で規定されている。URLの全体構造は、次のとおり“:”をはさんで前半の「スキーム部(scheme)」、後半の「スキーム仕様部(scheme-specific-part)」に分かれる。

<scheme> : <scheme-specific-part>

<scheme> は、通信相手とやり取りする手段・方法を表す。
  Webであれば「http」ファイル、データ転送であれば「ftp」、メール送信であれば「mailto」などがある。
<scheme-specific-part> は、通信に必要な情報を示す。スキームによって構文仕様は異なる。
  通信相手のホスト名、リソース名、ユーザ名、パスワードなどがある。  

 例えば、前回の記事である「今さら聞けない!“DHCP”の機能と役割 」の内容を閲覧するためのURLは、「http://www.keyman.or.jp/at/network/router/30006237/」で、その内容は次のように構成されている。

scheme> → [http]
<scheme-specific-part> → [//www.keyman.or.jp/at/network/router/30006237/]

 意味は、通信相手とは[http]という手段(プロトコル)でやり取りしたい。その必要情報は[//www.keyman.or.jp/at/network/router/30006237/]である、ということだ。

 <scheme>が[http]の場合、<scheme-specific-part>の構文は、以下の通りとなる。

 // <host> : <port> / <path> ? <searchpart>

<host>  → www.keyman.or.jp
<port>  → 省略
<path>  → at/network/router/30006237/
<searchpart> → 省略

  <host>は、通信相手のホストを識別する。[www.keyman.or.jp.]は、さらにホスト名である[www]とドメイン名である[keyman.or.jp.]に分けられる。このようにホスト名とドメイン名を組み合わせたものをFQDN(Fully Qualified Domain Name:完全修飾ドメイン名)と呼ぶ。FQDNは、インターネット上で一意である。
 <path>は、そのホスト内にあるリソース(ファイル)の場所を示す。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

DNS/13番目のMルート?“DNS”の仕組み徹底解説」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「DNS」関連情報をランダムに表示しています。

DNS」関連の製品

脆弱性対策にDDoS攻撃、企業の「顔」であるWebサイトへの攻撃にどう対処するか 【株式会社ラック】 Barracuda Load Balancer ADC 【バラクーダネットワークスジャパン】 インターネットVPNルーター 「FutureNet NXR-G200シリーズ」 【センチュリー・システムズ】
WAF ADC/ロードバランサ ルーター
自社サービスが継続困難に……DDoS攻撃から保護する方法 トラフィックを複数のサーバーへ負荷分散する機能やフェールオーバ機能などに加え、本格的なWAF(Web Application Firewall)機能を標準搭載した高機能なADC製品 無線(LTE)回線やWiFii対応で通信を二重化。通信にかかる負荷とコストを低減できる高性能VPNルーター。独自のFQDNルーティング機能を搭載し、ゼロコンフィグも実現可能。

DNS」関連の特集


620Gbpsもの大規模DDoS攻撃を引き起こした「Mirai」の亜種が登場するなど「IoTマルウェ…



ネットワークで重要な役割を果たしている「経路制御」。その仕組みを理解し、ルータが行っている経路制御を…



迷惑メールの総称「スパム」の実態と、スパム被害から企業を守るスパム対策ツールの基礎を徹底解体!7つの…


DNS」関連のセミナー

クラウドで実現するDNSセキュリティと運用効率化 【マクニカネットワークス】  

開催日 9月6日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

適切なセキュリティ対策、運用を実行する上で、DNSのログを可視化する必要があります。しかしながら膨大なDNSログに対して十分なフィルタリング対策がなされていない…

DNSの正当性を確認する電子署名鍵が更新/KSKロールオーバー 【主催:デージーネット 協力:オープンソース活用研究所】  

開催日 8月3日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

★本セミナーは承認制です★一旦お申込みいただいたあと、事務局から参加可否のご連絡をさせていただきます。アンケートの、セミナー参加目的のところに、なぜこのセミナー…

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

DNS/ 13番目のMルート?“DNS”の仕組み徹底解説」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「DNS/ 13番目のMルート?“DNS”の仕組み徹底解説」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30006238


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > その他ネットワーク関連 > その他ネットワーク関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ