13番目のMルート?“DNS”の仕組み徹底解説

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

IT担当者の必須知識が身につく 初級ネットワーク講座

13番目のMルート?“DNS”の仕組み徹底解説

2013/08/06


 インターネット上のサーバにアクセスする際には“recruit.co.jp.”のようなドメイン名や、“www”のようなホスト名を用いる。しかしIPパケットを見ると「あて先IPアドレス」はあれど「あて先ドメイン名」や「あて先ホスト名」なるものはない。そこで、「ホスト名」や「ドメイン名」を「IPアドレス」に置き換える仕組みが必要となってくる。
 今回はその“名前解決”の仕組みである「DNS」について、その仕組みを詳しく説明していく。

DNS

※「DNS/13番目のMルート?“DNS”の仕組み徹底解説」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「DNS/13番目のMルート?“DNS”の仕組み徹底解説」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

DNSの仕組み

1-1

URLの構造

 実際にインターネットを利用してWebサーバにアクセスする場合、ブラウザのアドレスにURLを入力する。URLは、Uniform Resource Locatorの略で、RFC1738で規定されている。URLの全体構造は、次のとおり“:”をはさんで前半の「スキーム部(scheme)」、後半の「スキーム仕様部(scheme-specific-part)」に分かれる。

<scheme> : <scheme-specific-part>

<scheme> は、通信相手とやり取りする手段・方法を表す。
  Webであれば「http」ファイル、データ転送であれば「ftp」、メール送信であれば「mailto」などがある。
<scheme-specific-part> は、通信に必要な情報を示す。スキームによって構文仕様は異なる。
  通信相手のホスト名、リソース名、ユーザ名、パスワードなどがある。  

 例えば、前回の記事である「今さら聞けない!“DHCP”の機能と役割 」の内容を閲覧するためのURLは、「http://www.keyman.or.jp/at/network/router/30006237/」で、その内容は次のように構成されている。

scheme> → [http]
<scheme-specific-part> → [//www.keyman.or.jp/at/network/router/30006237/]

 意味は、通信相手とは[http]という手段(プロトコル)でやり取りしたい。その必要情報は[//www.keyman.or.jp/at/network/router/30006237/]である、ということだ。

 <scheme>が[http]の場合、<scheme-specific-part>の構文は、以下の通りとなる。

 // <host> : <port> / <path> ? <searchpart>

<host>  → www.keyman.or.jp
<port>  → 省略
<path>  → at/network/router/30006237/
<searchpart> → 省略

  <host>は、通信相手のホストを識別する。[www.keyman.or.jp.]は、さらにホスト名である[www]とドメイン名である[keyman.or.jp.]に分けられる。このようにホスト名とドメイン名を組み合わせたものをFQDN(Fully Qualified Domain Name:完全修飾ドメイン名)と呼ぶ。FQDNは、インターネット上で一意である。
 <path>は、そのホスト内にあるリソース(ファイル)の場所を示す。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

DNS/13番目のMルート?“DNS”の仕組み徹底解説」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「DNS」関連情報をランダムに表示しています。

DNS」関連の製品

FortiGate 【図研ネットウエイブ】 クラウド型(SaaS型)WAFサービス Scutum(スキュータム) 【セキュアスカイ・テクノロジー】 慶應義塾はなぜDNSサーバをクラウド化したのか? 【アカマイ・テクノロジーズ】
UTM WAF WAN高速化
ファイアウォールをはじめとした多彩なネットワークセキュリティを単一のアプライアンスで提供。独自開発プロセッサによる最高水準の性能と高コストパフォーマンスを両立。 顧客情報流出や改ざんの防止、リスト型攻撃などユーザ認証や新たな脅威も適切に防御するクラウド型WAFサービス。導入後に必要な運用もすべてお任せ。 慶應義塾はなぜDNSサーバをクラウド化したのか?

DNS」関連の特集


実際のところ、現状の届出数はどれくらいあるのか?業種別ではどこが最も狙われているのか?企業が取るべき…



社員のソフト違法コピーが発覚、和解金は1億円以上で、会社の存続危機…。あなたは自社の「IT資産」、正…



こんにちは。加賀結衣(かが ゆい)と申します。このコラムでは、2015年4月に発行された、マイナビの…


DNS」関連のセミナー

Linuxサーバ構築マスター講座 【エパノ プログラミングスクール/運営:オフィス24】  

開催日 2月23日(木)〜2月24日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 5万8968円(税込)

Linuxを用いた各種サーバの構築を2日間でマスター。イントラネットやインターネットで使用される各種のサーバを独力で構築できる知識を習得します。前半はLinux…

Infoblox金融ITフォーラム 【主催:Infoblox/ 協賛:マクニカネットワークス】  

開催日 2月24日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

「セキュリティホールへの気づきとグローバルオペレーションの最適化」に向けて昨今、世界的な技術革新と産業構造の変革期を迎え、特に高度なセキュリティ対策が求められる…

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

DNS/ 13番目のMルート?“DNS”の仕組み徹底解説」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「DNS/ 13番目のMルート?“DNS”の仕組み徹底解説」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30006238


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > その他ネットワーク関連 > その他ネットワーク関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ