この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

IT担当者の必須知識が身につく 初級ネットワーク講座

ロードバランサとアドレス変換技術

2013/07/16


 一見、複雑・難解そうに見えるネットワーク技術でも、元を正せば基本的なネットワーク技術。現在のネットワーク技術は、基本的なネットワーク技術の応用、組み合わせで成り立っている。前々回、基本的なネットワーク技術の1つである「アドレス変換」について、主にプライベートアドレスとグローバスアドレス相互に変換する目的で利用されていると説明した。今回は、「アドレス変換」の応用例の1つであるロードバランサについて、その詳細を説明しよう。

ロードバランサ

※「ロードバランサ/ロードバランサとアドレス変換技術」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ロードバランサ/ロードバランサとアドレス変換技術」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

ロードバランサとは

1-1

システムを多重化するワケとは?

 近年、ネットワークシステムには高パフォーマンスおよび高信頼性が求められている。そのための方策の1つが多重化である。
 システムを多重化して並行的に処理を行うことによって、ネットワークの負荷を分散するとともに信頼性を高めることが可能となる。そこで、多重化されたシステムにパケットを適切に振り分ける技術が必要となる。その役割を担うのがロードバランサである。「ロードバランサ」は、別名「負荷分散装置」「振分サーバ」とも呼ばれる。

 例えば、同一の機能をもつ「装置」が2台あるとしよう。ごくごく当たり前のことだが、装置が1台の場合に比べ2台の場合、処理をこなす量は単純に2倍になる。また、どちらか一方が故障しても、処理をこなす量が半分にはなるが、残りの1台の方で処理をこなし続けることができる。
 しかし、「処理要求」そのものは、どちらの「装置」で処理すべきなのか、を選ぶことができない。そこで、処理要求を2台の装置に振り分ける「振分装置」が必要となる(図1)。

図1 処理要求と振分装置
図1 処理要求と振分装置

 前述したように、ネットワークシステムでこの振り分け作業を行う装置がロードバランサだ。「処理要求」は、すなわちパケットである。そして「装置」に当たるのが、各種サーバをはじめ、ルータやファイアウォール、IDSなどのネットワーク機器である。すなわち「ロードバランサ」は、配下の装置に対して処理要求であるパケットを振り分ける装置のことなのだ。
 処理要求が増えてきた時、ロードバランサを用いていない場合には、装置自体を高い性能のものへ置き換えなければ、パフォーマンスや信頼性を維持することができない。しかし、ロードバランサを用いている場合なら、単に装置を増設し、ロードバランサの設定を追加するだけでよい。つまり、ロードバランサを用いることで、処理要求の増加に合わせて段階的にキャパシティを拡張することが容易となる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ロードバランサ/ロードバランサとアドレス変換技術」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ロードバランサ」関連情報をランダムに表示しています。

ロードバランサ」関連の製品

SPPDレンタルサーバー 専用サーバー 【スタジオマップ】 仮想サーバ基盤サービス EINS/SPS 【インテック】 アプリケーションデリバリコントローラ Array APVシリーズ 【アレイ・ネットワークス】
ホスティング IaaS/PaaS ADC/ロードバランサ
用途に合わせて選べる全5コースを用意し、最も安価なエントリーコースでも運用保守を任せられるフルマネージドを実現した法人向けレンタルサーバー。Linux/Windows対応。 ビジネス利用に適した信頼性/柔軟性の高い仮想サーバ基盤サービス。専門スタッフによるマネジメント型とユーザ自ら自由な構築ができるセルフサービス型を選択できる。 最先端のマルチコア処理、ハードウェア高速化モジュール、エネルギー効率のよいコンポーネント、10Gbitイーサネット接続等が特長のアプリケーションデリバリコントローラ。

ロードバランサ」関連の特集


アドレス変換の仕組みと、それを応用した資産管理ツールを解説!資格試験で腕試しもできる、新人必見のビギ…



ロードバランサは、今やサイトの負荷分散だけでなくメールやDBサーバ等の企業内システムにも導入が加速し…



こんにちは。加賀結衣(かが ゆい)と申します。 このコラムでは、NRIネットコム株式会社の「Am…


ロードバランサ」関連のセミナー

Office 365の利用を快適にするトラフィック制御と運用自動化 【テクマトリックス】 注目 

開催日 3月16日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

Microsoft社のOffice 365の通信経路制御の運用において、定期的なURL変更への対応が管理者の方の課題になっています。この課題を解決するソリューシ…

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ロードバランサ/ ロードバランサとアドレス変換技術」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ロードバランサ/ ロードバランサとアドレス変換技術」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30006235


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ADC/ロードバランサ > ADC/ロードバランサのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ