この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

IT担当者の必須知識が身につく 初級ネットワーク講座

プライベートアドレスとアドレス変換

2013/07/02


 前回までIPアドレス空間枯渇問題を解決する方法としてサブネット、VLSM、CIDRを見てきた。しかし、これらの方策だけではこの問題を完全には解決することはできない。そこで今回は、さらなる解決策であり、広く一般的に使われている「プライベートアドレス」、そしてプライベートアドレスを実現するための技術である「アドレス変換」について説明していく。

IPアドレス

※「IPアドレス/プライベートアドレスとアドレス変換」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「IPアドレス/プライベートアドレスとアドレス変換」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレス

 IPというプロトコルを用いるインターネットは、元来、「プライベートIPアドレス」と「グローバルIPアドレス」という概念はなかった。

 しかし、インターネットの急速な普及によってIPアドレスの枯渇問題が取り立たされる現在において、インターネットで通信するためには、少なくともIPアドレスは一意性がなくてはいけない。

 前回までIPアドレス空間枯渇問題を解決する方法としてサブネット、VLSM、CIDRを見てきたが、それらの概念でホストにIPアドレスを割り当てたとしても、インターネットを介して通信をしない、組織内部だけの通信に止まっているホストが少なくなかった。そういったホストに対して、インターネット上で一意性のあるIPアドレスを割り当てる必要はない。

 そこで、“インターネット=グローバルネットワーク”と捉え、「グローバルネットワーク」に対して、インターネットを介さない、閉じられたネットワークのことを「プライベートネットワーク」と名づけたのである。

 従来のアドレス体系は、「グローバルネットワーク」に通用するものであるため、このアドレスを「グローバルIPアドレス」とした。そして、「プライベートネットワーク」だけに適用できるアドレスとして、新たに「プライベートIPアドレス」という概念を考え出した。「グローバルIPアドレス」は、公的な割当機関が割り当てるのに対し、「プライベートIPアドレス」は、限られたアドレスの範囲内であれば、それぞれの組織の管理者が割り当てることができる。

 「グローバルIPアドレス」は、「グローバルネットワーク」「プライベートネットワーク」のいずれにも適用できるが、「プライベートIPアドレス」は「プライベートネットワーク」しか適用できない。

コラム:普及が待たれるIPv6

 IPアドレスの枯渇問題について究極の解決法は、IPアドレスの長さを128ビットとしたIPv6である。アドレス数は単純に計算すると2の128乗、IPv4のアドレス数の43億の4乗という途方もない数字になる。

 IPv6技術は早くから確立していたものの、なかなか普及が進まなかった。プライベートIPアドレスの運用でIPv4の寿命が延びたことに加え、プライベートIPアドレスの運用がセキュリティにも有効であるため、IPv6の普及が遅れてしまったともいわれている。
 なお、IPv6にもプライベートIPアドレスの概念がある。


1-1

プライベートアドレスの考え方

 「株式会社キーマンズネット物産」があるとする。本社は東京にあり、大阪に支社がある。これから大阪支社の高橋さん、本社営業部の山田さんがそれぞれ、本社総務部の佐藤さんに書類を送るケースを考えてみよう。

本社営業部の山田さんの場合

本社営業部の山田さんの場合、総務部とはフロアは違うが同じビルにあるので、社内メール便を使う。書類を封筒に入れ、封筒のあて先に以下のとおり記入する。「総務部佐藤様」同じ会社内なので、いちいち「東京都千代田区丸の内3-8-1 株式会社キーマンズネット物産」と書かなくてもよい。

大阪支社の高橋さんの場合

書類を封筒に入れ、封筒のあて先に以下のとおり記入する。
東京都千代田区丸の内3-8-1 株式会社キーマンズネット物産
そして、郵便ポストに投函する。

 大阪支社の高橋さんが、もし「総務部佐藤様」だけで郵便ポストに投函したらどうなるだろうか。

 日本中、総務部のある会社は、たくさんあるだろうし、佐藤さんという名の社員もたくさんいるだろう。郵便局の人はどこにもっていいのか困ってしまう。

 この例では、郵便のシステムが「インターネット」=「グローバルネットワーク」に相当する。郵便システムに通用するアドレス「東京都千代田区丸の内3-8-1 株式会社キーマンズネット物産」…これがプライベートアドレスに対しての「グローバルアドレス」である。

 これに対し、社内メール便のシステムが「プライベートネットワーク」に相当する。キーマンズネット物産の内部だけで通用するアドレス「総務部佐藤様」、これがネットワークで言うところの「プライベートアドレス」である。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

IPアドレス/プライベートアドレスとアドレス変換」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IPアドレス」関連情報をランダムに表示しています。

IPアドレス」関連の製品

コンフィグ管理ソフト Net LineDancer Enterprise 【ロジックベイン】 ジョブカンワークフロー 【Donuts】 クラウド型(SaaS型)WAFサービス Scutum(スキュータム) 【セキュアスカイ・テクノロジー】
ネットワーク管理 ワークフロー WAF
ネットワーク機器の整合性コンフィグ管理ソフト。バックアップにより機器群のコンフィグDBを自動生成。プロパティ閲覧/コンフィグ世代管理/設定変更などの業務を一括自動化 誰でも使える簡単な操作性と高度な機能を併せ持つクラウド型のワークフローシステム。PC・スマホから、いつでもどこでも申請・承認が可能。 過去の申請も簡単に検索できる。 顧客情報流出や改ざんの防止、リスト型攻撃などユーザー認証や新たな脅威も適切に防御するクラウド型WAFサービス。導入後に必要な運用も全てお任せ。

IPアドレス」関連の特集


社会不安を煽るサイバー攻撃。被害が相次ぐ標的型攻撃には従来の入口対策が通用しない?進化する攻撃とその…



情報漏えい対策において、従業員による内部不正を無視することはできない。重要度の高い情報が流出する可能…



季節外れの大型ハリケーンがニューヨークを襲った日、東京に本社をおくA社の情報システム部ではこんな会話…


IPアドレス」関連のセミナー

資源管理の基礎知識 【日本ネットワークインフォメーションセンター】  

開催日 6月21日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

●概要: 普段、 何気なく利用しているドメイン名やIPアドレスについて知りたい方向けの無料セミナーです。 ドメイン名やIPアドレスの基礎的な内容について理解を深…

エンジニア向けIPv6基礎技術解説 【日本ネットワークインフォメーションセンター】  

開催日 6月27日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 5000円(税込)

●概要: 国内では コンシューマー向けIPv6サービスが提供され始めてから既に数年が経過し、 いよいよこの夏頃から携帯電話の通信網でもIPv6が標準で提供されま…

カスタマーサポート・営業職向けIPv6入門 【日本ネットワークインフォメーションセンター】  

開催日 6月21日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 5000円(税込)

●概要: 国内ではコンシューマー向けIPv6サービスが提供され始めてから既に数年が経過し、 2017年夏からは携帯電話の通信網でもIPv6が標準で提供され始めま…

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IPアドレス/ プライベートアドレスとアドレス変換」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IPアドレス/ プライベートアドレスとアドレス変換」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006233


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ルーター > ルーターのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ