物を無くしやすい人必見!貼るだけで場所を特定するステッカー?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2013/07/11

物を無くしやすい人必見!貼るだけで場所を特定するステッカー登場?

Bluetoothを搭載したボタンほどの大きさのステッカーが発売された。スマートフォンのアプリと連動してステッカーの場所を特定できる。これはクラウドファンディングによる資金調達の結果、開発できた製品だ。

***

 Bluetoothを内蔵したボタン型のステッカーは、製品としては魅力的である。自分がなくしてしまいそうなカギ、財布……にそのステッカーを貼っておけば、貼られたものの場所が特定できる。ペットに貼りつけておけば、そのペットがどこへいっても場所がわかるのである。スマートフォンや、タブレット型アプリを使ってレーダーのようにステッカーを探すことができるなら特に魅力的である。

Bluetooth搭載の超小型ステッカーのクラウドファンディングのための動画
 ところが製品宣伝用の動画にあるスマートフォンのアプリ画面からわかることは、レーダーのように位置や方角を特定できるわけではなく、ありそうな方向へ向けることで、そのステッカーとの距離が近いか、遠いかを判別することくらいしかできない。スマートフォンとステッカーの間に仮想の手綱をつけるイメージである。

 Bluetoothを内蔵したボタン型のステッカーを開発したStickNFindが、2013年6月末に対応アプリ開発用のSDK(Software Development Kit)をリリース(公開)した。ただ、同社のサンプル製品のビデオを見る限り、主要な機能は、ステッカーとアプリを内蔵したスマホがある一定の距離以内に近づく(一定距離以上離れる)と反応すること。レーダーアプリ開発のほうが製品販売にとって大事そうだが、開発者が検討している様子は窺えない。もしかすると対応アプリ開発用のSDK(Software Development Kit)をリリース(公開)したのは、アプリ開発者側に新たなレーダーアプリの開発を期待しているからかもしれない。

 実際に製品を使う前(クラウドファンディングの時)には、「旅行で使ってみたい」(米国)、「おたくはドイツに販売網ある?」(ドイツ)、「うちの犬のために必要」(米国)、「これはいいなあ」(日本)、「クール! こどもの動きをペットと一緒に追える」(米国)など、使ってみたいとのコメントが多かった。購入して使う直前には「ちょうど2個買ったところ。サイフ用と車のキー用。準備完了」(米国)など、すぐにでも使いたい気持ちが伝わってくる。

 ところが実際に使おうと準備を開始してみると、「おたくのStickNFindはうまくうごかないし、質問に対してサポートが何も答えない」(オランダ)、「ちょうど製品が届いたばかりだけど、使えない!」(イスラエル)など、不満のコメントが多い。また、アプリに限界があるようで「今のAndroidバージョンだと使えない」(不明)など、使えるスマートフォンのなかでもOSバージョンによって動作しないものがあることが窺える。

 少し違う傾向としては「人間とか、動物が呑み込んだあと安全なのか、また人間の体内にあってもトラッキングできるのか確かめたい」(マレーシア)と呑み込んでも身体にとって安全なのか、そのまま使えるかを問うコメントもある。

 ボタン型のステッカーは、あると便利そうだが実際に使ってみると期待していたイメージとちがった、というところだろうか。アプリ開発に注力してOSバージョンの主要大部分をカバーできる状況にして、さらにサポート体制を充実させることが必要だろう。もっと言えば、アプリ仕様を方向の特定も可能なレーダー型に変更したものが開発できたなら、爆発的に人気が出て売れる可能性を感じる。
  • 「旅行でつかってみたい」(米国)
  • 「おたくのStickNFindはうまく動かないし、質問に対してサポートが何も答えない」(オランダ)
  • 「これはいいなあ」(日本)
  • 「ちょうど2個買ったところ。サイフ用と車のキー用。準備完了」(米国)
  • 「人間とか、動物が呑み込んだら安全なのか、またトラッキングできるのか確かめたい」(マレーシア)
  • 「うちの犬のために必要」(米国)
  • 「(自分の)Androidバージョンだと使えない」(不明)
  • 「おたくはドイツに販売網ある?」(ドイツ)
  • 「クール! こどもの動きをペットと一緒に追える」(米国)
  • 「ちょうど製品が届いたばかりだけど、使えない!」(イスラエル)
  • 「誰かがコメントしていたけど、最初のステッカーは問題があって取り替える必要があるとのことだった。なぜ一部の人にしか伝えないの?」(英国)
  • 「SDK(Software Development Kit)はAndroidでも動く? それともiOSのみ?」(イスラエル)
  • 「ハイ! メキシコからだけど、製品を買うのに、どこに行けばいいのか教えて」(メキシコ)
  • 「動作しません。あんたたちはぼったくりのアーティストだ!!」(不明)

※上記枠内はすべて編集部訳

(執筆者:西山 昇)
おすすめ記事

バックナンバーをまとめて読むなら右のボタンから! 一覧へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「世界のRe:アクション」の記事は、インターネット上に配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、ニュース内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30006221


IT・IT製品TOP > 通信サービス > その他通信サービス関連 > その他通信サービス関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ
噂のIT都市伝説

キーマンズネットとは

ページトップへ