この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

IT担当者の必須知識が身につく 初級ネットワーク講座

MACアドレスと通信の仕組み

2013/06/04


 ネットワーク機器がLANに接続して他の機器と通信するためにはLANカードまたはLANボードなどのLANインタフェースが必要である。LANインタフェースは、フレームの「組み立て」、「送出」および「受け取り」、「分解を」担うが、そのためにLANインタフェース製品には、それぞれ固有のMACアドレスが振られている。
 今回は、MACアドレスとは何か、MACアドレスと通信の仕組みはどのようになっているのか、を解説していく。

MACアドレス

※「MACアドレス/MACアドレスと通信の仕組み」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「MACアドレス/MACアドレスと通信の仕組み」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

MACアドレスと通信の仕組み

1-1

パケット構造

 前回説明したパケットの構造についておさらいしてみる。 LAN(Ethernet)上を流れるパケットは、以下の構造となる(図1)。

図1 パケットの構造
図1 パケットの構造

 ここでわかりやすく、あるキャラクターを使って説明しよう。
LANのインタフェース(LANカード/LANボードなど)に棲んでいる妖精「パケト君」の登場だ。パケト君は、ユーザやアプリケーションからデータをもらうと、次々とヘッダを付加して「フレーム」という形式にしてLAN(Ethernet)に送出する(図2)。
 各ヘッダには、通信相手先などを識別するため、Ethernetには「MACアドレス」、IPには「IPアドレス」、TCPには「ポート番号」といったアドレスが含まれる。LAN(Ethernet)上を流れるパケットの先頭は必ずEthernetヘッダである。
 以下、Ethernetヘッダの中身を詳しく見てみよう(図2)。

図2 Ethernetヘッダの中身
図2 Ethernetヘッダの中身
右上が妖精「パケト君」。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

MACアドレス/MACアドレスと通信の仕組み」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「MACアドレス」関連情報をランダムに表示しています。

MACアドレス」関連の製品

リモートデスクトップサービス 「AnyClutch Remote」 【ソフトバンク コマース&サービス】 ファイル送受信サービス「Confidential Posting」 【富士通エフ・アイ・ピー】 Pandora-AX 【 NTTデータビジネスブレインズ】
リモートアクセス ファイル転送 電子帳票システム
スマートフォンやタブレット(Android OS/iOS)、モバイルPCなどで、外出先からいつでも会社や自宅のPCを安全かつスピーディーに遠隔操作できるリモートアクセスサービス。 「機密データ」や「大容量」のデータを「安心・安全」かつ「簡単」に送受信できるファイル送受信サービス。導入企業の50%以上が金融業界という高セキュリティ機能を搭載。 e-文書法・電子帳簿保存法をオールインワンサポート。スキャナ保存や帳簿・書類の長期保存に対応。高いセキュリティ性能とずばぬけた検索機能が特長の電子帳票システム。

MACアドレス」関連の特集


ネットワークの中継機器ルータ。昨今のビジネス環境の変容を受けてルータもどのように進化しているのか?最…



 キーマンズネットの業務用スマートフォンの導入状況(2013年)によると、企業でのスマートフォン導入…



無防備にノートPCをLANにつなぐ…そんな危険な行為はもうおしまい!きちんと「検疫」始めましょう。


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

MACアドレス/ MACアドレスと通信の仕組み」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「MACアドレス/ MACアドレスと通信の仕組み」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30006208


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > LAN構築 > LAN構築のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ