この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

シンクライアント端末

2013/06/18


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、シンクライアント端末のシェア情報をご紹介しよう。

 富士キメラ総研の調べによれば、2012年のシンクライアント端末の国内市場規模は97億円と見込まれる。
 2012年の市場占有率(金額ベース/見込み)を見ると、金融の超大型案件を獲得したベンダが30.9%で1位。2位は27.8%で、幅広いラインアップをベースに、通信業・公共での大型案件を取りこんだほか、大手SIベンダとの協業による大型採用が増加している。3位は17.0%で、ノート型の実績が高い点が特徴的であり、金融・公共・通信での需要が多い。
 従来はSBC(サーバベースドコンピューティング)によるシンクライアント採用が中心であったが、VDI(デスクトップ仮想化)の大規模導入の増加による裾野の拡大が進み、急速にVDI環境におけるシンクライアント採用が増加している。VDI環境で使用されるシンクライアントの比率は、2012年には60%を超える見込みである。
 サーバのパフォーマンス向上に比例して仮想化されたデスクトップの集約化は一層進むため、VDI構築ソリューションの導入価格も低廉化していくとみられる。ただSBCもその集約性によってソリューション単価はVDIより割安であり、SBCも同様にサーバ性能向上の恩恵を受けるため、SBCの採用は今後も一定数を維持するものと想定される。また文教向けに市場を構築していたネットワークブート方式もVDIにリプレイスする傾向もあり、VDIのますます適用範囲が拡大するとみられる。

シンクライアント端末シェア

シンクライアント端末シェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

シンクライアント/「シンクライアント端末」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「シンクライアント」関連情報をランダムに表示しています。

シンクライアント」関連の製品

1ユーザー当たり5万円台 低価格で高性能なリモートデスクトップ 【アセンテック】 全部門が納得するVDI(仮想デスクトップインフラ)導入 【ソフトバンク コマース&サービス+他】 川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由 【パラレルス】
VDI VDI シンクライアント
ハイパーバイザーを使用せず、1ユーザー当たり5万円台という低価格で高性能なリモートデスクトップを実現する技術が登場した。仮想化特有の課題を払拭できる。 VDI(仮想デスクトップインフラ)は運用工数削減やセキュリティ強化、柔軟な働き方を後押しする注目の技術だ。しかし導入失敗例も少なくない。成功/失敗の分かれ目とは? 川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由

シンクライアント」関連の特集


市場規模は2012年度に72万ライセンス/280億円に達すると予測されるシンクライアント(ミドルウェ…



情報漏洩対策やコストメリットなどの魅力から様々な企業で導入が進んでいる「シンクライアント」。決め手は…



 前回は「デスクトップ仮想化」という言葉から想像できるソリューションを紹介した。今回は仮想PC方式の…


「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

シンクライアント/ 「シンクライアント端末」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「シンクライアント/ 「シンクライアント端末」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006203


IT・IT製品TOP > 仮想化 > シンクライアント > シンクライアントの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ