Sun創業者、グーグルに投資した10万$の今

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2013/09/27
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#206Sunの創業者、2度も退社で2度も買収? 〜アンディ・ベクトルシャイム氏

 成功する会社を起業するような人物はもちろん優秀であり先見の明がある人物であるだろうが、起業するたび2度も即買収されるというのはさすがと言わざるを得ない。そしてその人物はサン・マイクロシステムズ社の創業者の1人であり、ごく初期のGoogleに最速で投資した人物でもある。今回は、そんな先見の明にあふれた人、アンディ・ベクトルシャイム氏(以下敬称略)をキーマンとして紹介しよう。

 アンディ・ベクトルシャイムは、1955年にドイツ・バイエルン州にて誕生した。アルプスからほど遠い農園で育った。自宅にテレビはなく、近所に親しい友人もいなかったことから、子供の頃から電子機器を組み立てて時間を過ごしていたという。イタリア・ローマを経たあと、1968年にドイツ・ノンネンボルンへ家族で移住。16歳の時、その近所にあった工場から依頼され、Intel 8008チップを使った工業用コントローラを設計した。専門的な教育を受けていないにもかかわらずである。ある意味天賦の才というものだろうか。そのギャラを元手に、彼は進学を決意した。

 ミュンヘン工科大学に入学したベクトルシャイムは1974年、ドイツで開催されている若手研究者向けの科学コンテスト「Jugend forscht(英訳:Youth researches)」で物理学賞を受賞。さらに翌1975年にはフルブライト奨学金(アメリカで実施されている国際的な奨学金制度)の対象者として選ばれ、アメリカへ渡ることに。カーネギーメロン大学へ入学し、計算機工学の修士号を取得。さらに1977年にはスタンフォード大学の博士課程へ進学し、計算機科学と電気工学を学んだ。

ホルスト・ファイステル氏
1955年
ドイツ・バイエルン州にて誕生。
1968年
ノンネンボルンに移住し、得意の電気工作で学費を稼ぐ。
1972年
ミュンヘン工科大学へ入学。
1975年
奨学金を得てアメリカへ。カーネギーメロン大学へ入学。
1977年
スタンフォード大学へ進学。SUNワークステーションを開発。
1982年
サン・マイクロシステムズ社を設立。
1995年
サンを退社して起業するもすぐにシスコに買収される。
2001年
Kealia社を設立もすぐにサンに買収される。
2008年
サンを2度目の退社。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ Sunの創業者、2度も退社で2度も買収? 〜アンディ・ベクトルシャイム氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ Sunの創業者、2度も退社で2度も買収? 〜アンディ・ベクトルシャイム氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30006179



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ