次世代Office対決!Google AppsかOffice 365、使うならどっち?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2013/09/03

みんなの疑問に“白黒”つける 情シスのスイッチ

クラウド時代の「次世代Office」、使うならどっち?

 クラウド時代の「次世代Office」として使うなら、「Google Apps」という人は34%、「Office 365」という人は66%という結果に。「Google Apps」派のコメントからは、まずこれまで使ってきたMicrosoft Officeシリーズからの脱却を考えている人が多く感じられた。コメントにもあった“呪縛”という言葉はやや過激すぎるかもしれないが、これまで代わりになる製品がなかったこともまた事実。次世代Officeとして期待が高まるところ。しかし多数を占めたのは「Office 365」派だった。大きな理由はこれまでの“慣れ”があるところのよう。そして、これまでの資産があること、顧客との関係からMicrosoft Officeから容易に離れられないという実情がある。企業にとってクラウド型アプリへの移行は現実的なだけに悩ましいところだ。

【「Google Apps」派のコメント】

Google Appsを使っている=最先端っぽくなれた?気がします。(20代・女性)

どちらもよく知りませんが、イメージではGoogleの方が次世代っぽいです。(30代・男性)

スマホでも使えそう。(40代・男性)

やはり、トレンドはGoogle Appsでしょうか。(40代・男性)

Microsoftの呪縛からの解放。(50代・男性)

使ったことがないので、一度トライしてみたい。(50代・男性)

さまざまなクラウド系アプリを統合化した形で使いたいので、Google製品に軍配が上がる。(50代・男性)

すでにGoogle Appsでの取り組みが開始されています。(50代・男性)

Office 365は、動作が重そうです。(50代・男性)

今後のモバイルデバイス活用を前提とすると、やはりこれ。(60代・男性)


【「Office 365」派のコメント】

Google Appsを試したいと思うが、ずっとMicrosoft Officeを使い続けてきたため、やはり二の足を踏んでしまう。(30代・男性)

クライアントにインストールされたOfficeの「ライセンス管理」が煩雑なため、クラウドでの活用をしたい。(30代・男性)

使い慣れている方が効率が良いので、変える必然性がなければ変えない。(40代・男性)

ビジネスで使う場合、これまでの資産や相手とのデータのやり取りなど考えると、Officeで考えざるを得ない。(40代・男性)

やはりなんだかんだ言ってもMicrosoftのほうが安心(40代・男性)

Microsoftからは離れられないのが現状。若手はいいのですが…。(40代・男性)

Googleは突然サービスを終了するので、信頼できません。(40代・男性)

今のところ会社の既存資産との互換性が重要なのと、マクロを使うことを考えるとMicrosoft社製の方が安心です。…というかすっかり囲い込まれていますね。(40代・男性)

慣れを考えると、Office 365だが、意外と料金がかかるのがネック。(40代・男性)

やはりOfficeが使い慣れている。(50代・男性)

年齢的に、Office以外に手を出せないと思います。(50代・男性)

互換性が気になります。(50代・男性)

Googleは個人情報が流用されそうで怖い。(50代・男性)

いままでの流れで考えれば、互換性を重視したいので、Microsoft製品かなと思います。(50代・男性)

使うなら慣れているOfficeでしょう。慣れるまでの時間がもったいない。しかし、もうOfficeの時代は終わるのでは?(60代・男性)



データセンタの立地、どっちが安心?

 データセンタの立地として安心できるのは「国内」という人が92%、「海外」という人が8%と、圧倒的な差が付く結果となった。「国内」派のコメントからは、確かに地震によるリスクはあるものの、それよりも海外で起こりうる紛争や契約時のトラブルなどいったことのほうが深刻な事態になりそうと警戒している様子がうかがえる。また、国内で分散配置していたデータセンタがすべて停止するような事態になれば、それこそ業務どころではないだろう?という意識もあるようだ。超少数派となった「海外」派では、実際に海外にデータセンタを置いて運用しているという声がちらほら見られた。そしてとにかく、国内が混乱したときでも安定した運用ができるという点で海外を推す声が多かった。しかしこの結果を見る限り、やはりリスクを分散しながら国内に置くほうが現実的なようだ。

【「国内」派のコメント】

時差があると、システム障害時に電話をかけてもつながらない時間があるかもしれないため、国内が良いと思います。東京が業務の中心地であれば、沖縄のデータセンタに預けるなど。(20代・女性)

職業柄、データセンタ勤務になる可能性があるので、国内のほうが助かります。(20代・男性)

天災は、地球上ならどこでも起こり得る。セキュリティや信頼度からいうと日本が良いと思います。(30代・男性)

国内で十分。利用者が駄目ならデータセンタが無事でも意味がない。分散したデータセンタが駄目ならもう日本での通常の業務は無理だろう。(30代・男性)

国際的なBtoCの仕事をしているわけではないので、通常稼働のデータセンタとしては距離と安心感重視で国内、バックアップとしてなら海外のデータセンタも検討対象になるという感じだと思います。(40代・男性)

海外はその国の法律が適用されるため、データの秘密保持に不安がある。(40代・男性)

海外だと事故責任の所在が不明になる可能性がある。(40代・男性)

係争時に国内完結は非常に魅力。国内の場合は地震が心配ですが、地震があっても、データを使う側が無傷ではないので問題にならないでしょう。(40代・男性)

国内の場合は地震が多いかもしれませんが、海外は買収しかり、へたすると戦争被害にあう可能性の方が大きい気がします。(40代・女性)

こればかりは信用問題だから国内ですね。何かあって入館の必要があっても、国内の方が早い対応が取れるし。(50代・男性)

外資系企業なら当然海外でしょうが、日本沈没みたいに日本全体が壊滅したら会社自体が存在しなくなるので、国内分散で十分です。(50代・男性)

色々なこと(交渉事、契約内容、事故時など)を考えたときに、国内のほうが安心して任せることができる。(50代・男性)

海外サイトだと機密保持が不安。その点国内なら安心。(50代・男性)

海外は、政情不安や情報漏洩(従業員のモラル欠如)など、リスクが多すぎます。確かに地震の心配はありますが、国内の方が安心ですね。(50代・男性)

島国根性全開ではありますが、やはり安心かと。日本列島沈没するときには諦めもつくかと考えます。(60代・男性)


【「海外」派のコメント】

国内のデータセンタでは、国内での地震等災害に対してのリスク対策としては不安だから。(30代・男性)

国内は地震が多いので、海外が安心。(40代・男性)

海外アクセスが有効であれば、国内の混乱に巻き込まれることが少ないと思われるから。(40代・男性)

日本だとやはり地震が心配です。わが社も海外設置です。(40代・男性)

セキュリティ意識は海外の方が高いです。地震立国日本で、どれだけ対策とってあっても、津波もあるし。沈没するかも。(50代・男性)

運用やメンテを考えなければ、自然災害の少ない海外の方が良いですね。(50代・男性)

直接出向くわけではないので海外だろうと国内だろうと問題はない。ただ、地震が多いので海外。(50代・男性)



 ※今回の記事は、キーマンズネットで2013年 8月 8日〜 2013年 8月21日にかけて実施した「クラウド(雲)」に関するアンケート(有効回答数:380)より抜粋して構成した。


最新特集

最新鋭の米原潜で使われる、時代遅れなマイクロソフト製品とは? 【金曜Black★ピット】 2017/10/13

強大な軍事力を背景に「世界の警察」を自認する米軍。その原潜の重要な操作に採用された意外なMS製品がある。

誠意って何かね? 「おわび as a Service」サービスの使い方 【金曜Black★ピット】 2017/10/06

今や個人でも容易に情報発信できる時代。ちょっとしたトラブルが発生しても「誠意ある対応」がなければすぐに炎上してしまう。

Amazonが45キロの「爆弾作り」をオススメしていた 【金曜Black★ピット】 2017/09/29

「よく一緒に購入されている商品」のオススメ機能で買い物がはかどる。ついつい爆弾の材料を買い集めちゃった……。

227万人がDLした超有名アプリがマルウェアだった、親会社は…… 【金曜Black★ピット】 2017/09/22

公開以来50億回もダウンロードされている人気ユーティリティソフトが汚染されていた。とんでもない事態だ。

「おまえの足、気絶するほど臭いぞ」を優しく伝える方法 【金曜Black★ピット】 2017/09/15

最近、スメハラを人事評価の1つに取り入れる企業もあるそうだ。上司の足が臭いことをどうやって伝えたらいいだろうか。

返事をしないとスマホをロック、お父さんは心配性? 【金曜Black★ピット】 2017/09/08

子どもがスマートフォンを所有する年頃になると、いろいろと悩ましい問題が浮上してくる。そこでお父さんは考えた。




クラウド/次世代Office対決!Google AppsかOffice 365、使うならどっち?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「クラウド」関連情報をランダムに表示しています。

クラウド」関連の製品

プロジェクト(契約)管理型フレームワークシステム New_PRM 【エー・ワークス】 「諦めてしまった人に見てほしい」と力説するHCIは何が違うか 【ヴイエムウェア株式会社】 無線LANのAPや通信状況を可視化、有線並みの安定性と安全性を実現する統合管理 【日立システムズ+他】
販売管理システム 垂直統合型システム 無線LAN
ベースとなるシステムをカスタマイズすることで、汎用的なパッケージソフトでは対応できない個別業務やプロジェクトの管理に対応したシステムをコストを抑えて構築できる。 「諦めてしまった人に見てほしい」と力説するHCIは何が違うか 無線LANのAPや通信状況を可視化、有線並みの安定性と安全性を実現する統合管理

クラウド」関連の特集


デル株式会社にワークスタイル変革に必要なインフラとは?ITベンダとしての提供価値とは?執行役員の原田…



産学官で推進するジャパン・クラウド・コンソーシアムにM2M・ビッグデータWGが設立。M2M(Mach…



 第1回では、ビーコンがワークスタイル変革に有効なツールであるということをお伝えしました。第2回の今…


クラウド」関連のセミナー

【札幌】基本がわかる!機能体験セミナー 【主催:リコージャパン/共催:ネオジャパン】 締切間近 

開催日 10月19日(木)   開催地 北海道   参加費 無料

1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」の各機能をご紹介するセミナーです。徹底した「現場主…

AWSが選ばれている“理由”と選んだ企業の“生の声” 【主催:ソニーネットワークコミュニケーションズ 共催:アマゾン ウェブ サービス ジャパン】 注目 

開催日 10月27日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

AWSスターターを対象に導入のキホンを分かりやすく紹介し好評の本セミナー。AWSがダントツの理由やAWSの最新トピックは?などについて直接聞くことができるチャン…

わかる!Interstage List Creator 帳票設計体験セミナー 【富士通】 締切間近 

開催日 10月25日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは、帳票設計ツール 「Interstage List Creator デザイナ」 を利用した帳票設計方法を、実機演習を中心に分かりやすくご説明します…

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006157



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ