「開発 VS 運用」会社で発言力が強いのは、“実は”どっち?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2013/08/06

みんなの疑問に“白黒”つける 情シスのスイッチ

付き合いも仕事…?会社の飲み会、2次会にも参加する?

 会社の飲み会があったとき、1次会から2次会へ流れるときに「とりあえず参加」だという人は47%、「とりあえず不参加」だという人は53%という結果に。ほぼ半々の割合だ。「参加」派のコメントを見ると、1次会からの惰性で顔を出してしまう人もいれば、1次会ではなかった楽しみ(カラオケ、おしゃべり、上司との直接対話)などがあるために積極的に参加する、という人も多いよう。「不参加」派では、酒宴がそもそも好きではなく、「1次会に強制参加するのも苦痛なのに…」「プライベートの時間を飲み会で消費するのはムダ」というコメントが多数見られた。その傾向が決して若年層だけではなく、広い年齢層で見られたのは意外。2次会をどういう場に捉えるかは個人の判断によるところが大きいが、自分の時間もお金も大切に使いたいものだ。

【「とりあえず参加」派のコメント】

仕事の一環と考えて参加します。実際、飲み会で会話していたことで後々仕事がやりやすくなることも。(20代・女性)

営業か開発かで違うだけではないかと思います。営業なら仕事です。上流のSEは営業なので、飲み会は仕事です。仕事と思えばがんばれます。(30代・男性)

1次会はあっという間に終わり、話せてないメンバーもいるので基本的には参加しています。飲み足りない、食べ足りないと思うこともあります。いい感じにお酒も入っているので、たいてい2次会は盛り上がります(苦笑)。(30代・女性)

飲み会に参加すると、気が弱いので「途中で帰る」となかなか言い出せません。(40代・男性)

最近は1次会から3時間コースだったり、延長したりで2次会がない方が多いです。(40代・男性)

2次会は面子で判断。1人2次会に行く場合も…。(40代・男性)

重要な話題・案件が酒の席で出たり決まったりすることもある。業務時間中ではわからないその人の性格や人となり、意外なエピソードを知ることができる(相手にとっては自分のソレ)。(40代・男性)

若手の好き嫌いが激しい。魚はダメ野菜はダメビールはダメ。それに合わせてたら喫茶店しか残らない!?(40代・男性)

古い人間なので、ついつい勢いで参加していまいます。歳を考えると控えた方が良いと、飲み会の前は思っていますが…。翌日は後悔ということかしょっちゅうです。(50代・男性)

雰囲気によりますが、普段は話ができない社長や取締役と話せる機会だったりするときは、くっついていきます。(50代・男性)

昔に比べると2次会に行くメンバーも少なくなっているようである。(60代・男性)

うちでは若手の比率が高いので、2次会まで付き合う人が多いです。上司の比率が高いとうっとうしいのでは?(60代・男性)


【「とりあえず不参加」派のコメント】

楽しい飲み会を約束できるなら別だが、大抵は拘束時間が増えるだけ。面白くもない話を聞かされる方の身にもなって欲しい。時間の無駄と感じることが多い。(20代・男性)

付き合いの良し悪しというより、眠いので2次会は勘弁です。体調が悪くなって逆に迷惑がかかるので。(20代・女性)

1次会までは仕事、その後まで拘束されるのはごめんこうむる。(30代・男性)

2次会は特に生産的な話題が出ず、だらだら飲んでるだけ。時間の無駄に思えます。(30代・男性)

ほんとは1次会さえ出たくない。ローンと子供の学費でひーひー言ってるのに。(40代・男性)

2次会は親しい場合のみ参加すればよい。また、飲んだ次の日に遅刻や午前休はあり得ないよね。最近はそういうことにルーズな人が多すぎ。自分をコントロールもできないのに、深酒するなって。(40代・男性)

酒が苦手かつ嫌いで、さらに好き嫌いが激しいので、確実に割り勘負けするうえ楽しくない。(40代・男性)

1次会はこれは行事としても参加ですが、2次会は行きたい人が行けばイイ。楽しくもないのにお金使って、時間使ってそこまで拘束しないで欲しい。(50代・男性)

何故勤務時間外も一緒に居なきゃいけない?理解できない。つきあいの悪い奴とも思われたくないので4〜5回に1回の割合で参加するけど。(50代・男性)

2次会以降は若手が「気兼ねなく」過ごせるように、おじさん連中は解散(または別行動)します。(50代・男性)

会社の飲み会は、マイナス思考の社員が多いので、あまり参加したくありません。(50代・男性)

1次会はまあ仕方がないですが、2次会までは…。プライベートを浸食されたくないですね。(50代・男性)

酔っぱらった話にいいことがない。お互いに、何を言ったから忘れている。(60代・男性)



あなたの会社で発言力が強いのは、実はどちら?

 会社での発言力が強いのは「開発側」と答えた人は51%、「運用側」と答えた人は49%と、こちらのアンケート結果もまたほぼ半々となった。「開発側」と答えた人のコメントでは、文句を言いながらも対応してくれる運用側に感謝する声も少なくないが、まったく対応してくれない開発側に失望しているという意見もちらほら。「運用側」と答えた人では、発言力が大きく、開発の方向性を左右しがちな運用側の態度を苦々しく感じている人も少なくないよう。しかも運用の要望どおりに作業・開発して発生したミスでも開発側の責任になるのが納得いかない、とコメントする人も。とまあそれぞれの意見は多々あるだろうが、アンケート結果を見ても、多くの会社ではそれなりに開発側と運用側のパワーバランスは均衡しているのではないだろうか?

【「開発側」派のコメント】

運用側がどんなに言ったって、開発側のスケジュールと間違った自信によって却下される日々です。(30代・女性)

開発されてから運用に話がくるため、運用にあわないからNOと言っても「もう作っちゃったから」と押し切られてしまう。(30代・男性)

運用側の意見は無視され、顧客ニーズに合っていなくても開発側は独断で作る。困ったものです。(40代・女性)

企画>開発>運用 です。運用側は上流から来る無理難題に対し、何も発言は持ちません。(40代・男性)

運用の重要性が判っていない輩が多い。(40代・男性)

運用側のメンバーが文句を言いながらもちゃんと対応してくださる事には感謝しています。(40代・男性)

もっと運用側が強くあれば、よい製品、サービスができるのに。と思ったことが何度もあります。(40代・男性)

社内向けシステムの開発部隊は一般フィールドの経験がなく、自分達の都合しか考えていません。いつも予算が足りないとの理由から、機能縮小・工程遅延です。(50代・男性)

開発力こそ、会社の生命線では?(50代・男性)

IT開発の会社ですので、やはり、運用側よりも、開発側の方の発言力が大きいといったところです。しかしながら、私は営業担当であり、顧客に近い側で対応しますと、やはり、本来、運用側の意見を通すべきと感じます。(60代・男性)


【「運用側」派のコメント】

ずっと運用側の力が強く、ここ数年間は上層部が開発側の発言力を高めようとしているようですが、そう簡単に変わるものではありません。(20代・男性)

運用のほうが儲けているので。(20代・男性)

開発部門に長い間いたので、運用側の追加要求で振り回されるのを何度も見てきたが…実際のところよくわからない。(30代・男性)

開発側のレベルが低いので、いつも運用側から文句が出ます。(40代・男性)

明らかに効率が悪い業務運用を直すのではなく、無理やり運用にシステムを合わせるように要求される。(40代・男性)

運用は結構ひまで文句言うのが仕事になっているため、声が大きい。(50代・男性)

言われるままに作ってもミスれば開発側が責められる。ホント困ってます。(50代・男性)

できないことも含め言いたいことをいうのが運用側、現実的な話をするのが開発側、どちらがいいかわかりませんが。(50代・男性)

コストの多くを生み出す運用側に、多くの発言権があります。特に大きなLCMでもあれば、取りあえず会社は安泰ですからね。(50代・男性)

開発部門は、赤字で、立場がありません。(50代・男性)



 ※今回の記事は、キーマンズネットで2013年 7月 4日〜 2013年 7月10日にかけて実施した「連携」に関するアンケート(有効回答数:425)より抜粋して構成した。


最新特集

人口10万人超のスペースコロニーが打ち上げられるだって? 【金曜Black★ピット】 2017/06/23

アスガルディア宇宙王国。人口20万人を擁し、2017年秋には国民の半数を宇宙に移民させるという。はてさて?

トランプ大統領がやらかした「ノートPC爆弾」の秘密とは? 【金曜Black★ピット】 2017/06/16

米国が禁止した飛行機内へのノートPC持ち込み。この背景には某国エージェントの暗躍とトランプ大統領のウッカリが隠されていた…

あの「X1」復活か? 目の付けどころがシャープ過ぎる 【金曜Black★ピット】 2017/06/09

シャープが新型スマホを発表するやいなや、古くからのPCファンがザワついた。まさかシャープが、あの「X1」を復活させるのか…

メモリ32GBのPCなんて「ショボくて使えない」という時代 【金曜Black★ピット】 2017/06/02

サイボウズが全社員にハイスペックPCを貸与すると宣言。だが、若者たちは「ショボい」「使いものにならない」と笑う。一体なぜ…

ついに現実世界に登場、「ロボコップ」は銃撃戦の夢を見るか 【金曜Black★ピット】 2017/05/26

あの「ロボコップ」が警察署に配属された。身長170センチ、体重100キロの巨体で担った初任務とは?

のぞき見厳禁! Wi-Fiアクセスポイントを使った「透視術」 【金曜Black★ピット】 2017/05/19

Wi-Fiの電波を使って室内を透視する。こんな実験に挑戦し、見事に成功した研究報告が話題を呼んでいる。




連携/「開発 VS 運用」会社で発言力が強いのは、“実は”どっち?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「連携」関連情報をランダムに表示しています。

連携」関連の製品

多要素認証基盤「IceWall MFA」 【日本ヒューレット・パッカード】 HULFT運用管理の最適化・自動化ツール「HULFT-HUB」 【セゾン情報システムズ】 ERP連携ワークフロー EXPLANNER/FL (FlowLites) 【NEC】
認証 その他基幹系システム関連 ワークフロー
Webアプリやクラウドサービス、リモートからのVDI接続など、さまざまなシステム利用時のログインをアプリ改修なしで多要素認証化できるソフトウェア製品。 複数の拠点で利用されるHULFTのデータ連携網を「見える化」し、その正確な管理と運用の最適化を実現する。1:1のファイル転送だけでなく、n:nの連携を可能にする。 パラメータ設定メインの簡単操作、他システムとの優れた連携性、サーバ単位で導入できるコストメリットなどを特長とするワークフロー専用システム。

連携」関連の特集


内部統制やコンプライアンスを背景に今後も成長が期待できる「統合運用管理システムパッケージ」シェアをご…



情報爆発時代のデータ活用術とは?主要ベンダ3社が緊急座談会を実施。BI、CRM、DWHの観点から分析…



IDCだけでなく企業にも入り始め、もはやインフラと化したブレードサーバ。今回は、そんなブレードサーバ…


連携」関連のセミナー

TCO削減に効く!OracleDBからSQL Serverへの移行支援セミナー 【日本マイクロソフト/シーイーシー】 締切間近 

開催日 7月5日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

2016年4月、日本マイクロソフトが「Oracle Database」から「SQL Server」への乗り換え支援プログラムの提供を発表して以来、「SQL Se…

帳票運用のTCO削減を実現する「アウトプット基盤化」セミナー 【ウイングアーク1st】 締切間近 

開催日 6月29日(木)   開催地 福岡県   参加費 無料

販売開始20年目を迎え、時代に応じて様々な変化をしてきた「帳票開発・運用ツール SVF」 の全容をご説明と合わせて、1万8000社の導入実績を誇る弊社ならではの…

運用改善事例セミナー 【野村総合研究所】 注目 

開催日 7月19日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ITシステムは所有から利用への流れが加速しています。運用部隊においては、システムを受け入れて安定運用するという役割が更に深化し、より積極的なITサービスマネジメ…

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006153



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ