パワハラ発見も?メールアーカイブの実力

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

パワハラ発見も?メールアーカイブの実力

2013/09/30


 社内から「セクハラ/パワハラ被害」の密告が!調べてみると課長が複数の女子社員にプライベートな内容のメールを頻繁に送っていた/部長が強引に「飲みに行こう」と部下を誘っていた…そんなコンプライアンス違反を突き止められるかも知れない「メールアーカイブ」ツール。監査よりも「セクハラ/パワハラ検索」での利用頻度が多いとも言われている。法制度への対応や業務監査、情報漏洩対策の一環として普及しているメールアーカイブは、クラウド化によりコスト面でも運用管理面でも負担少なく利用できるようになり、中堅・中小企業でも導入しやすくなった。今回は、ウッカリ消去やPCクラッシュから情報消失を防ぐため、あるいは災害時に情報を守るためなど、ひと昔前とは目的も利用法もかなり変化した最新メールアーカイブ事情について、あらましとツールの選び方とを紹介していく。

メール

※「メール/パワハラ発見も?メールアーカイブの実力」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「メール/パワハラ発見も?メールアーカイブの実力」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

 メールアーカイブは、社内間および社内と外部とのメールのやり取りを細大漏らさず捕捉し、削除や改竄ができない状態でデータを長期保管するとともに必要な時には検索、復元を可能にする情報保護の手法だ。基本的には図1のような構成でメールサーバからメールデータを受け取り、メールサーバとは別のストレージにインデックスを付加して保管する。管理者はアーカイブツールにアクセスして過去から現在までのメールを条件検索して監査などに必要なメール内容を参照することができる。

図1 メールアーカイブツールの基本的な構成
図1 メールアーカイブツールの基本的な構成
1-1

トラブル事例とメールアーカイブの効用

 まずはメールアーカイブの効用を、トラブルへの対応という視点で見てみよう。以下にありがちな「8つのメールトラブル」とそれに対応する「アーカイブツールの働き」の例を掲げる。

【トラブル事例1】
メールの誤送信によって自社保有の顧客個人情報が流出していることが判明したが、流出範囲や内容がわからずすぐに対応できない。
→メールをアーカイブ保存していれば誤送信したメールはすぐに突き止めることができる。その内容から流出先と流出内容を特定し、本人への連絡や当局への報告、公表などの対応が迅速にとれる。

【トラブル事例2】
退職した営業担当者が顧客にメールで見積書を提示しているはずだが、当人が記録を残しておらず、営業の引き継ぎに支障が出た。
 
→アーカイブから退職した担当者の送受信メールが添付ファイルを含めてすべて参照できる。見積りデータを把握した上で、スムーズに営業活動が再開できる。

【トラブル事例3】
社内で「セクハラ」があるとの密告が。しかし事実が確認できず手をこまねいている間に女性社員の退職が相次いだ。
 
→セクハラやパワハラといったコンプライアンス違反については、アーカイブされたメールからのキーワード検索や日時、送信者などの条件検索により、誰が、いつ、どんな内容のメールを、いかなる頻度で送ったかなどの事実を特定できる。退職や訴訟に至る前に、本人と被害者が納得できる解決策、処分などが図れる。

【トラブル事例4】
アメリカ子会社が民事裁判に巻き込まれた。裁判所から国内本社との連絡メールのデータ提出を求められたら、迅速に対応して反論しないと不利な判決に至りそう。
 
→メールアーカイブならメールの削除や改竄ができない状態で保管できるので、抽出したデータを裁判の証拠として利用できる可能性が高い。

【トラブル事例5】
証券会社内部でインサイダー取引の噂。メールも対象に内部監査を実施したいが時間もコストもかけられない。 
→メールアーカイブツールを利用すれば内部監査は効率化可能。インサイダー取引の芽を摘む目的で部署ごとに定期的なメール監査を行っている証券会社もある。

【トラブル事例6】
突然PCがクラッシュして保存していた個人管理のメールデータがすべて消失。古いメールはメールサーバにも残っていないので業務に支障が。 
→メールアーカイブツールの中にはユーザ自身のメールボックスがそのまま保管されているかのように利用できるものがある。これなら自分のメールボックスの内容が過去に遡って参照できる。

【トラブル事例7】
顧客からのクレーム対応のメール履歴を操作ミスで消去。適切な対応ができなくなりクレーム対応業務のコストと負荷が急増。 
→メールアーカイブなら特定顧客との間の送受信メールを過去から現在まですべて参照可能。ウッカリ消去も簡単に復旧できる。

【トラブル事例8】
自社屋内でメールサーバを運用しているが、地震などの災害による利用停止や障害、過去データの喪失が心配。しかし拠点分散してサービス継続するDR(ディザスタリカバリ)体制を構築する予算はない。
 
→クラウド型のメールサービスと、多くはオプションになっているアーカイブサービスを利用すれば、低コストにDR対策が実現できる。またアーカイブはクラウド業者の責任で複数拠点に分散保管されているケースが多く、従来のオンプレミス構築・運用よりもセキュリティや可用性を高められる可能性が高い。

■メールアーカイブツールの目的とは?

 こうした事例・対応例のポイントをまとめると、メールアーカイブの5つの導入目的が見えてくる。

(1)

情報漏洩の原因を突き止める

(2)

コンプライアンス違反の経緯を明らかにする

(3)

証跡を確保して訴訟やトラブルの発生時に事実を証明する

(4)

PCのクラッシュなどによって喪失したメールをユーザ自身がすぐに回復できる

(5)

クラウドの利用によりディザスタリカバリ対策として有効に使える

 (1)〜(3)がこれまでメールアーカイブが利用されてきた3大目的と言えるだろう。これらの目的が重視される背景にはコンプライアンスに関する法律の整備があるが、これについては記事後半のコラムに記す。(4)は最新のアーカイブツールが標準で備える傾向にある機能、(5)はクラウドサービスの利用を前提にした新しい用途だ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

メール/パワハラ発見も?メールアーカイブの実力」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メール」関連情報をランダムに表示しています。

メール」関連の製品

個人情報検出・暗号化ソリューション 【ネスコ】 ハイブリッド型 勤怠管理システム「ShiftMAX」 【KYODOU】 PDF文書管理 「DOCUMENT MARK」 【クラウドテクノロジーズ】
暗号化 勤怠管理システム 文書管理
マイナンバーや個人情報を検出する「P-Pointer」と、ハイレベルのセキュリティを実現するDRM製品「DataClasys」とを組み合わせたソリューション。 Excelから直接クラウドサービスに接続し、シフト管理、勤怠管理が行えるハイブリッド型のシステム。会社ごとに異なる勤務形態にも柔軟に対応できる。 企業内の情報資産をPDF化し、安全に保管できるプラットフォームと、活用しやすい機能(管理や分類の自動化/高度な検索等)を提供するソリューション。

メール」関連の特集


なぜバックアップが必要なのか。その理由は何かトラブルが発生したとしても業務を継続できることだ。ここに…



 2015年に「ExchangeからOffice 365へ移行〜古いメールを管理するには〜」と題して…



 こんにちは。「5分会議」を活用した人財育成家 1分トークコンサルタントの沖本るり子です。 前回は、…


メール」関連のセミナー

IoT時代のサービスプロバイダーに求められる変革とスピード 【オーバム】 注目 

開催日 4月4日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

世界的なクラウドへの移行、Videoストリーミングサービスの普及と高画質化、視聴形態の多様化によりトラフィックは増加の一途を辿り、またIoT社会の到来により接続…

CASB検証レポート発表会/評価ライセンス発券会 【日商エレクトロニクス/シマンテック】 締切間近 

開催日 3月27日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

SaaSを使用する企業が急速に増加しています。これに伴い、SaaSをセキュアに利用するための対策としてCASB(Cloud Access Security Br…

デスクネッツネオ 他社グループウェアとの比較体験セミナー 【主催:ネオジャパン/共催:ウイズシステム】 注目 

開催日 4月21日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

満足度No.1グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」のポイントを、他社提供のグループウェアと比較をしながらご紹介するセミナーです。1人…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

メール/ パワハラ発見も?メールアーカイブの実力」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「メール/ パワハラ発見も?メールアーカイブの実力」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30006123


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ