汎用的に活用!最新ワークフロー徹底解説

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

汎用的に活用!最新ワークフロー徹底解説

2013/09/24


 交通費や経費の精算をはじめ、有給取得のための申請、見積提出のための上長確認など、業務の中では様々な申請承認作業が存在している。これら様々な手続き業務をシステムでサポートするのがワークフローツールだ。近年は、単なる申請承認のみならず、システム連携によって様々な業務フローが定義できるBPM機能といったものも実装されており、従来のワークフローの枠を超えた活用事例が話題となっている。そこで今回は、そんなワークフローツールの基礎知識や最新動向に迫りながら、製品選びの勘所について見ていきたい。

ワークフロー

※「ワークフロー/汎用的に活用!最新ワークフロー徹底解説」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ワークフロー/汎用的に活用!最新ワークフロー徹底解説」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1
1-1

ワークフローの基礎知識

■ワークフローとは?

 ワークフローツールは、上長や他部門に対して行われる稟議申請といった業務上の手続きを、事前に定義したフローに沿ってシステム化することが可能なツールだ。例えば、有給休暇を取得するために紙による申請書を申請者が記入し、上長が押印した後に総務部門に郵送していた業務フローがあるとすれば、入力フォームに必要事項を入力して申請依頼を行うことで上長はPC画面上で申請内容が確認でき、承認ボタンを押すことで総務部門に申請依頼が自動的に送られる、といったことが可能になる。
 ワークフローの主な用途としては「稟議申請」「経費精算」が一般的だ。経費精算の場合は会計システムとの連動が行われることが多いものの、事前に設定するフローは非常にシンプルで、複雑なルートを辿ることは少ない。稟議申請は企業ごとに大きくその運用が異なるが、基本的にはこれまで紙で行ってきた運用を電子化することが前提だ。それゆえ、稟議内容によっては複雑なルートを辿ることもある。なお、勤怠管理などもワークフローが利用されることが多い。

図1 ワークフロー導入の目的
図1 ワークフロー導入の目的
■ワークフローの主幹部門

 ワークフローは、基本的に現場の用途に応じて設計されることが多く、導入の主管部門は経費精算であれば経理部門が管轄し、勤怠管理は人事部門、発注申請は購買部門といった具合になる。つまり、情報システム部門が中心になるというよりも、現場の各部門が主導で検討されることが多い。
 また、ワークフローがやや複雑になる理由は、ワークフローを活用する部門が全社にわたっているためだ。申請ルートが業務によって異なっており、利用している申請書類も数多く存在している。現場ごとに異なるツールを利用していることも多く、情報システム部門が介在せずに簡易なワークフロー機能を利用しているケースも少なくない。
 主に情報システム部門が介在するのは、全社的にワークフローを統合し、申請承認業務を一元管理することで業務効率化や統制環境の整備を行う場合が多い。それゆえ、情報システム部門が選定すると幅広い業務に適用できるワークフロー製品が求められる傾向にある。

■ワークフローは日本独特の仕様が色濃く残る

 ワークフローツールには日本独特のビジネス慣習ならではの機能が備わっている。日本企業では、申請者から最終決裁者までの間に主任や係長、課長、部長といった様々な中間承認者が存在しているケースが多く、最終決裁者までの間に20個も押印するといったフローを運用している企業もある。つまり、みんなが承認することでよしとする合議制をシステム化しているといえる。対して米国では、申請者と承認者の2段階のみでフローが完結することが多く、責任の所在がはっきりしていると言える。
 また、米国ではこのようなワークフローよりも、BPM(Business Process Management)のほうが盛んに導入されている。BPMは業務フロー全体を最適化するためのもので、申請承認業務のみならず、あらゆるフローをシステム化し、継続的な改善を図っていく仕組みだ。特に海外では人が頻繁に入れ替わるため、仕組みだけで業務が遂行できるような仕掛け作りが必要になってくる。そこでBPMが業務フローに組み込まれているのだ。日本では高価なツールとしての印象が強いBPMだが、最近では日本でも手軽にプロセス改善が行えるBPM機能を持った製品も登場している。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ワークフロー/汎用的に活用!最新ワークフロー徹底解説」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

ワークフロー」関連の製品

10年後も戦える、販売管理システムの進化系とは何か 【富士通マーケティング】 購買システム「楽々ProcurementII」 【住友電工情報システム】 Hi-PerBT ウェブ購買・購買管理(製造業向け) 【日立ソリューションズ西日本】
販売管理システム SCM EDI
販売管理システムは「カスタマイズありきで、どれを選んでも変わらない」と見切ってしまうのは早計だ。事業継続に沿って使い続けられる製品がある。 多様な購買品目、発注形態に対応し、調達コストの削減効果のあるWeb購買システム。企業の購買プロセスや購買規模にあわせ、約3カ月からのスピード導入も可能。 製造業で必要な生産材、消耗品、設備などの購入手配に対応した購買業務改善パッケージ。依頼部門からの購入申請、上長承認など購買業務の効率化を短期間・低コストで実現。

ワークフロー」関連の特集


種類も目的も多様なコラボレーションツールの中から自社業務に最適なものを選んで導入するのは大変そう………



プログラミングスキルがなくても業務アプリを作成できることが特徴の「ノンプログラミングWebアプリ開発…



スマートフォンやタブレット端末を使い、外出先でも申請・承認ができたら…という声は多い。そこで“スマー…


ワークフロー」関連のセミナー

【大阪】基本がわかる!機能体験セミナー 【主催:ソフトビジョン 共催:ネオジャパン】 注目 

開催日 10月13日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」の各機能をご紹介するセミナーです。徹底した「現場主…

【名古屋】基本がわかる!機能体験セミナー 【主催:ネオジャパン 共催:アイネット】 注目 

開催日 10月12日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」の各機能をご紹介するセミナーです。徹底した「現場主…

「Workplace by Facebook」オンラインセミナー 【サテライトオフィス】  

開催日 10月4日(水),10月18日(水)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

<ビジネス版Facebook :Workplace by Facebook に関して>ビジネス版Facebook =Workplace by Facebook …

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ワークフロー/ 汎用的に活用!最新ワークフロー徹底解説」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ワークフロー/ 汎用的に活用!最新ワークフロー徹底解説」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30006122


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ