この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

進化する「CMS」最新事情を徹底解説

2013/09/17


 近年、企業のホームページの役割が大きく変わりつつある。従来は自社の情報を一方的に発信するだけの位置付けだったものが、最近ではサイト来訪者とのリレーション強化あるいは相手の興味・関心を知るためのマーケティングツールだと認識されるようになってきた。そこで重要となるのは、来訪者に応じた最適なコンテンツを、いかにタイミングよく提供できるかだ。そこで有効となるのがCMS(コンテンツマネジメントシステム)の活用である。
 そこで今回の特集では、始めにCMSの基本機能をおさらいした上で、最近のCMSが提供する特徴的な機能や動向を紹介する。また選び方解説では、製品選定時の注意点を明らかにすると共に、ユーザ企業が犯しがちな失敗についても触れているので併せてご参照いただきたい。

CMS

※「CMS/進化する「CMS」最新事情を徹底解説」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「CMS/進化する「CMS」最新事情を徹底解説」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1
1-1

「CMS」とは

 CMSとは、Webページを構成するテキスト原稿や画像、各ページのフォーマットとなるテンプレートなどWebコンテンツの各種素材を一元的に管理し、効率的なサイトの構築や更新を支援するツールのことだ。
 具体的に提供される主な機能としては、テンプレートにテキストや画像データを登録することで容易なページ制作を支援する「コンテンツ制作」機能、コンテンツ制作者が作成したコンテンツを上長などが承認するフローを支援する「承認」機能、承認されたコンテンツを更新スケジュールに合わせて自動公開する「配信」機能、バージョンごとのコンテンツやサイト構造、利用者などを管理する「サイト管理」機能などがある。
 またCMSの導入メリットとしては、コンテンツ制作・更新作業の効率化や迅速なコンテンツ提供に加え、サイト運営のPDCAサイクルの構築やサイトデザインの統一によるブランディングなどが挙げられる。

図1 CMSの概要
図1 CMSの概要
資料提供:アシスト
図2 CMSを活用したサイト更新の運用フロー例
図2 CMSを活用したサイト更新の運用フロー例
資料提供:オーク

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

CMS/進化する「CMS」最新事情を徹底解説」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CMS」関連情報をランダムに表示しています。

CMS」関連の製品

オープンソースCMS「Drupal」導入サービス 【デジタルサーカス】 エンタープライズコンテンツ管理システム Alfresco 【イージフ】 Sitecore on Cloud 【ソフトバンク・テクノロジー】
CMS CMS CMS
コンテンツ管理、会員管理、キーワード検索、RSS配信など豊富な機能を搭載しつつ、誰でも無料で利用可能なCMS「Drupal」を豊富な経験を持つエンジニア/デザイナーが支援。 オープンソースによる本格的な文書管理/情報共有ツールであり、CMIS(コンテンツ管理システムの標準規格)に準拠。エンタープライズ規模に対応。 デジタルマーケティングの基礎ガイド――どうする? 何から始める?

CMS」関連の特集


 CMS(コンテンツマネジメントシステム)は、Webサイトの効率的な運用に欠かせないツールとして多く…



自社独自のダイレクトチャネル確立の要望増加などに伴い、年々拡大しているEC市場。話題のO2O対策にも…



現在、高度で執拗かつ継続的な脅威が登場していますが、既存のウイルス対策システムや侵入防止システムでは…


「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

CMS/ 進化する「CMS」最新事情を徹底解説」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「CMS/ 進化する「CMS」最新事情を徹底解説」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30006121


IT・IT製品TOP > WEB構築 > CMS > CMSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ