進化し続ける「ブレードサーバ」最新事情

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

進化し続ける「ブレードサーバ」最新事情

2013/07/08


 仮想化の進展により物理的なサーバの集約が進む今日のIT環境。その中核を担うサーバインフラとして多くの企業で利用されているブレードサーバは、高密度実装が可能な新たなフォームファクタ(形態)として2001年に登場した。それから10年以上が経過した現在、ブレードサーバは様々な進化を遂げており、時代の要求に応じた様々な機能が実装されている。そこで今回は、そんなブレードサーバの最新事情に迫りながら、今後のITインフラとしてふさわしい製品を選ぶためのポイントについて見ていきたい。

サーバ

※「サーバ/進化し続ける「ブレードサーバ」最新事情」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「サーバ/進化し続ける「ブレードサーバ」最新事情」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1
1-1

ブレードサーバとは

 ブレードサーバとは、「刀」「刀身」を意味するブレードの形状をしたサーバのことで、CPUやメモリなどを搭載したサーバブレードを、電源やファンなどが共有化されているエンクロージャ(シャーシ)と呼ばれる筐体に挿入することで、物理的なスペース効率を高めることが可能なサーバ群のこと。ラックマウント型と比べると1枚のブレードスペックは劣る部分もあるが、省スペースはもちろん、消費電力の削減や運用管理工数の軽減など、集約することでの様々なメリットが得られる。ただし、仮想化環境の広がりによって高いスペックが要求されるようになっており、従来ラックマウント型で行われてきたワークロードがそのまま収容できるよう、ラックマウント型と同等のスペックを持つサーバブレードも増えつつある。

図1 ブレードサーバ
図1 ブレードサーバ
資料提供:日本アイ・ビー・エム、日本ヒューレット・パッカード

 製品の中には、一般的なブレードサーバと同様の形状をしているものの、電源モジュールをブレード側に乗せることで、同一エンクロージャ内であっても複数世代のブレードを搭載できるものがある。エンクロージャが長期的に活用できることで投資保護に大きく貢献する仕組みだが、この仕組みを搭載している製品は省電力よりもメインフレームやUNIXなどハイエンドな環境を集約することに主眼が置かれた製品であり、一般的なブレードサーバとは一線を画している。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

サーバ/進化し続ける「ブレードサーバ」最新事情」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバ」関連情報をランダムに表示しています。

サーバ」関連の製品

メール管理・共有システム Re:lation 【スタークス】 暗号化/マルウェア対策 秘文 Data Encryption 【日立ソリューションズ】 InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム) 【アルプス システム インテグレーション】
電子メール 暗号化 暗号化
社内やグループでメールを共有・管理できるクラウドサービス。
直感的な操作で利用できる多彩な機能を備え、顧客からの問い合わせ対応を支援する。
データを暗号化し、内部不正や盗難・紛失、マルウェアによる漏洩リスクから情報を保護する。 ファイルを保存時に自動で暗号化する情報漏洩対策ソフト。パスワードが不要で、暗号化忘れを防止できるほか、利用権限設定も可能。

サーバ」関連の特集


トロイの木馬を簡単に作ることができてしまうツールが出回っています!現行法ではウイルス作者を取り締まれ…



WEP解読や電波干渉などのマイナスイメージばかりがつきまとう「無線LAN」。最新の注目機能はオフィス…



社内のPC増加に比例して、運用負荷も増すばかり。効率よく低コストに、PCの標準化を行う秘訣は?運用サ…


サーバ」関連のセミナー

ユーザー事例、AWS最新情報!クラウド活用のポイント 【主催:NTTデータイントラマートCSI/共催:アマゾンウェブサービスジャパン/エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】 締切間近 

開催日 1月26日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

■概要日時:2017年1月26日(木) 14:00〜17:00 (受付開始 13:30〜)会場:名古屋 ミッドランドホール 会議室A定員:60名参加費:無料ユー…

Linux-HAによるクラスタおよびバックアップシステム構築 【サードウェア】  

開催日 2月7日(火)〜2月9日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 23万2200円(税込)

Linux-HAによるクラスタおよびバックアップシステム構築(有償、3日間コース)DRBD+Corosync+Pacemakerによる最新Linuxクラスタを習…

Zabbix 3.0 認定スペシャリストコース 【Zabbix Japan】  

開催日 3月1日(水)〜3月3日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 16万2000円(税込)

システム監視のオープンソース化が加速している今、注目を集めているツール、Zabbixの最新版 Zabbix 3.0の公式研修です。受講によりZabbix社から認…

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

サーバ/ 進化し続ける「ブレードサーバ」最新事情」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「サーバ/ 進化し続ける「ブレードサーバ」最新事情」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30006112


IT・IT製品TOP > サーバー > ブレードサーバ > ブレードサーバのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ