今こそ検討!「大容量ファイル送信ツール」

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

今こそ検討!「大容量ファイル送信ツール」

2013/07/01


 某開発プロジェクトの設計情報ファイルを社外のパートナー企業の担当者にメールに添付して送信したところ、メールボックスの容量超過で不達。急を要するが無料ファイル転送サービスは会社のポリシーで使用禁止。仕方なくUSBメモリに入れて相手先に持って行ったら相手先はUSB使用禁止だった…ちょっと笑えないこの話、似たような経験をお持ちの方は多いだろう。セキュリティを確保しながら大容量ファイルをやり取りするのは意外に難しいことなのだ。事情は社内でも実はさほど変わらない。セキュリティポリシーに則って大容量ファイルを送受信できる仕組みを作るのが「大容量ファイル送信ツール」。今回はその機能と高セキュリティの理由を探り、ツール選びのポイントを調べてみよう。なお、ここでは無料サービスではなく、企業として有償で購入/利用するツールを対象とする。

ファイル

※「ファイル/今こそ検討!「大容量ファイル送信ツール」」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ファイル/今こそ検討!「大容量ファイル送信ツール」」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1
1-1

大容量ファイル送信ツールとは

 大容量ファイル送信ツールの基本は「こちらからファイルを専用サーバにアップロードする」「相手は専用サーバから目的のファイルをダウンロードする」という極めてシンプルなもの。図1にその概要を示す。

図1 大容量ファイル送信ツールの利用イメージ
図1 大容量ファイル送信ツールの利用イメージ
資料提供:NRIセキュア

 大容量ファイル転送ツールでは、インターネット上のオンラインサービスと、自社構築用のサーバライセンス製品とが注目されている。前者は主にユーザ課金で初期投資が抑えられ、後者は主にハードウェアと利用ライセンスに費用がかかる一方、一定料金でユーザ数無制限の利用ができるものもある。図1はサービスの場合の例だが、サーバを自社契約のデータセンタで運用する場合でも基本は同じだ。肝心なのは、ファイルのアップロードやダウンロードに際してSSL暗号化が行われ、サーバ内でのファイルは暗号化された状態で保管されることだ。
 この仕組みを見ただけでは、無償のファイル転送サービスと何が違うかはわからない。しかし有償ツールなればこそのセキュリティ面での工夫が幾重にも施されている。図1からも自動ウイルスチェックや不正アクセス対策が備わっていることがわかるが、実は「送信権限の管理」「受信相手の制限」「送信内容の履歴管理」「送信ファイルのアーカイブ保管」などの機能が洗練されており、無償サービスとは違って企業のポリシーに合わせた運用がしやすくなっている。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ファイル/今こそ検討!「大容量ファイル送信ツール」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイル」関連情報をランダムに表示しています。

ファイル」関連の製品

ビジネスWebメールソリューション「Active! mail」 【クオリティア】 エンドポイントセキュリティサービス EPSecurity 【インテック】 ファイルサーバスリム化 「活文 File Server Optimizer」 【日立ソリューションズ】
電子メール IPS サーバー管理
Webブラウザ上でメールを送受信するAjax採用Webメールソフト
◎安全/利便/操作性を兼備
◎メールサーバに対して画面表示用のゲートウェイとして働き、利用環境を選ばない
マルウェア対策のエンドポイントセキュリティ。フルクラウド型の検出方式により端末動作の軽快さをキープ。未知のマルウェアも怪しい振る舞いを検知してブロックできる。 ファイルサーバの状況を可視化し、不要ファイル候補をピックアップ。
不要ファイルの削除によりファイルサーバの増設を抑止。
ファイルの自動分類・検索で業務効率を向上。

ファイル」関連の特集


 「10大脅威」とは、IPAに届出のあったコンピュータウイルス、不正アクセスおよび脆弱性に関する情報…



 いよいよ、国民へのマイナンバーの通知が間近に迫ってきました。従業員のマイナンバーを取り扱う部門のご…



来年に迫るWindows Server 2003のサポート切れ。いまだに発見され続ける脆弱性に見る“…


ファイル」関連のセミナー

Office 365の利用を快適にするトラフィック制御と運用自動化 【テクマトリックス】 注目 

開催日 3月16日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

Microsoft社のOffice 365の通信経路制御の運用において、定期的なURL変更への対応が管理者の方の課題になっています。この課題を解決するソリューシ…

Tradosハンズオントレーニング (PMコースパート1) 【SDLジャパン】  

開催日 3月14日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 3万8880円(税込み)

■SDL Trados Studio 2017 プロジェクトマネージャコース (パート1:プロジェクトの管理) 初めてSDL Trados を使う翻訳発注管理者…

ICS会計システムセミナー2017 春 【ICSパートナーズ】  

開催日 3月7日(火)   開催地 北海道   参加費 無料

今回の『ICS会計システムセミナー2017春』では“「コックピット経営」、本格始動へ。”と題し各種プログラムを準備させて頂きました。ユーザー導入事例では、検討の…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ファイル/ 今こそ検討!「大容量ファイル送信ツール」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ファイル/ 今こそ検討!「大容量ファイル送信ツール」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30006111


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ