この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

デスクトップ仮想化の導入状況

2013/09/10


 キーマンズネットでは、2013年6月25日〜2013年7月2日にかけて「デスクトップ仮想化の導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:321)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の46.1%、一般部門が53.9%という構成比であった。
 今回、お聞きしたのは導入・検討しているデスクトップ仮想化の「導入状況」「利用シーン」「重視ポイント」「満足度」「導入しない理由」など、デスクトップ仮想化の導入状況を把握するための質問。その結果、全体の導入率は15.3%と低いものの、導入している企業の7割以上は満足していることが明らかになった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「仮想化/デスクトップ仮想化の導入状況」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「仮想化/デスクトップ仮想化の導入状況」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

41.8%がデスクトップ仮想化を“理解していない”。導入率は15.3%に留まる結果に

 最初に「デスクトップ仮想化製品の理解度」について尋ねた。全体では、「理解していて、製品ごとの特長が分かっている」が12.3%、「理解はしているが、あまり差がないように感じる」が45.9%、「理解していない」が41.8%という結果となった。企業規模別に見ると、「理解していない」と答えたのは、100名以下の中小企業では54.7%、1001名以上の大企業では30.0%にものぼり、「理解はしているが、あまり差がないように感じる」と答えたのは、100名以下の中小企業では30.2%、1001名以上の大企業では57.0%という結果となった。デスクトップ仮想化製品に関する理解はまだ進んでおらず、製品ごとの特長まで理解している人は企業規模を問わず全体でも1割程度にとどまっているという現状が見えてきた。
 次に「デスクトップ仮想化の導入状況」について尋ねた(図1)。「既に導入済みである(追加リプレイスなし)」が13.7%、「既に導入済みである(追加リプレイスあり)」が1.6%、「導入していないが、検証済み(テスト導入済み)」が1.2%、「新規で導入を検討している」が3.1%、「必要性を感じているが、導入時期は未定」が31.5%、「必要性を感じない」が48.9%と続き、まとめると、全体では15.3%が導入済み、5.9%が検討中という結果となった。また、「導入済み」の15.3%を従業員別に見ると、100名以下の中小企業で8.1%、101名〜1000名以下の中堅企業で13.5%、1001名以上の大企業では23.5%と、従業員規模が大きくなるにつれて「導入済み」の割合が大きくなる傾向にあった。

図1 デスクトップ仮想化の導入状況

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 デスクトップ仮想化の導入状況
このページの先頭へ

2

導入目的「セキュリティ強化」がダントツ。「導入コスト削減」「OS仮想化」と続く

 デスクトップ仮想化の導入目的について尋ねた(図2)。1位は「セキュリティ強化」で61.7%、2位は「導入のコスト削減(導入費やソフトウェア・ライセンスなど)」で31.9%、3位は「OSの仮想化」で27.7%、4位は「管理工数の削減」で23.4%、同率5位は「内部統制」と「事業継続性向上のため(在宅勤務など)」で17.0%という結果となった。上記の利用シーンでも上位に挙がっていたように、クライアントPCのセキュリティ強化だけでなく、外出先でPCやスマートフォン・タブレット端末を使用する機会が増えてきていることから、社内外でのセキュリティの強化が必要とされ、その対策としてデスクトップ仮想化が検討されていることが分かる。
 また、デスクトップ仮想化製品を導入済みと回答した方に「デスクトップ仮想化の利用シーン」について尋ねた。その結果、1位は「社員のクライアントPCで使用」で75.0%、2位は「持ち出しPCでの使用」で29.2%、3位は「在宅勤務での使用」で14.6%、同率4位は「スマートフォン・タブレット端末での使用」と「コールセンタでの使用」で12.5%と続いた。

図2 デスクトップ仮想化の導入目的(導入済み)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図2 デスクトップ仮想化の導入目的(導入済み)
このページの先頭へ

3

導入時の重視ポイント「安定性」「導入コストの安さ」「レスポンスの速さ」

 続いて、デスクトップ仮想化を導入済みと回答した方に「導入時の重視ポイント」を回答してもらった(図3)。その結果、1位は「安定性」で73.5%、2位は「導入コストの安さ」で57.1%、3位は「レスポンスの速さ」で40.8%、4位は「管理のしやすさ」で32.7%、5位は「操作性」で30.6%と続いた。「最も重視する項目」を見ると、1位から3位まで順位に変動はなかったが、全体の順位で7位の「既存アプリケーションとの親和性」が4位に浮上する結果となった。「最も重視する項目」として、「既存アプリケーションとの親和性」が浮上しているところを見ると、1位の「安定性」とも関連するが、既存環境がそのまま安定して使えるかどうか、不安に思っている方が少なくないものと考えられる。

図3 デスクトップ仮想化の重視ポイント(導入済み)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図3 デスクトップ仮想化の重視ポイント(導入済み)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

仮想化/デスクトップ仮想化の導入状況」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「仮想化」関連情報をランダムに表示しています。

仮想化」関連の製品

30分で設定完了、ハイパーコンバージドで構築する仮想化基盤 【テクマトリックス】 Logstorage(ログストレージ) 【インフォサイエンス】 「Windows Server 2016」に最適なHCIは? 新たな分散ストレージ機能を徹底解説 【日本ヒューレット・パッカード】
ストレージ仮想化 統合ログ管理 垂直統合型システム
30分でセットアップ完了、ハイパーコンバージドで構築する仮想化基盤 企業内やクラウド上に分散するITシステムのログデータを自動収集、統合管理することにより、セキュリティ対策、運用負荷の軽減を実現する純国産の統合ログ管理製品。 「Windows Server 2016」に最適なHCIは? 新たな分散ストレージ機能を徹底解説

仮想化」関連の特集


ビッグデータやAI、IoTといった新技術がシステム運用管理にどのような影響を与えるのか。今後続々と実…



 前回は仮想環境のセキュリティを解決する仮想環境に特化したソリューションをご紹介した。専用で開発され…



社内の業務環境をそのまま持ち出せる仮想化技術や、デバイスやアプリケーション管理を実現するMDM、MA…


仮想化」関連のセミナー

Summit速報!Citrix 最新情報アップデートセミナー 【ネットワールド】 締切間近 

開催日 3月3日(金)   開催地 愛知県   参加費 無料

2017年1月9日〜1月11日に、米国アナハイムにて「Citrix Summit 2017」が開催されました。本セミナーでは、気になるCitrix XenApp…

Summit速報!Citrix 最新情報アップデートセミナー 【ネットワールド】 締切間近 

開催日 3月2日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

2017年1月9日〜1月11日に、米国アナハイムにて「Citrix Summit 2017」が開催されました。本セミナーでは、気になるCitrix XenApp…

次世代の企業ITインフラを支えるエンジニアとは 【グローバルナレッジネットワーク】  

開催日 3月31日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

一般的なITシステムでは、ネットワーク、OS、ミドルウェア、アプリケーションといった階層で構成され、多くの場合階層ごとに担当者が異なります。しかし、クラウドサー…

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

仮想化/ デスクトップ仮想化の導入状況」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「仮想化/ デスクトップ仮想化の導入状況」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006104


IT・IT製品TOP > 仮想化 > シンクライアント > シンクライアントのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ