人事管理システムの導入状況(2013年)

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

人事管理システムの導入状況(2013年)

2013/07/23


 キーマンズネットでは、2013年5月22日〜2013年6月3日にかけて「人事管理システムの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:375)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の44.3%、一般部門が55.7%という構成比であった。
 今回、お聞きしたのは導入・検討している人事管理システムの「導入状況」「導入のきっかけ」「重視ポイント」「満足度」「導入しない理由」など、人事管理システムの導入状況を把握するための質問。その結果、全体の導入率は50.1%と半数を超えており、1001名以上の大企業では8割以上が導入済みであることが明らかになった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「人事管理/人事管理システムの導入状況(2013年)」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「人事管理/人事管理システムの導入状況(2013年)」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

人事管理システムの導入、中小企業で14.9%、大企業では81.7%と差が開く結果に

 最初に「人事管理システムの導入状況」について尋ねた(図1)。「既に導入済みである(追加リプレイスなし)」が44.8%、「既に導入済みである(追加リプレイスあり)」が5.3%、「新規で導入を検討している」が2.7%、「必要性を感じるが検討しない」が14.1%、「必要性を感じない」が33.1%と続き、まとめると全体では50.1%が導入済み、8.0%が検討中という結果となった。また、追加リプレイスの有無を合わせて「導入済み」と回答している割合を従業員別に見ると、100名以下の中小企業で14.9%、101名〜1000名以下の中堅企業で48.7%、1001名以上の大企業では81.7%と、従業員規模が大きくなるにつれて「導入済み」の割合が大きくなる傾向にあった。

 矢野経済研究所の「タレントマネジメント市場に関する調査結果2013」によると、タレントマネジメントパッケージライセンス市場は、2012年は前年比19.9%増、2013年は前年比15.5%増と予想されており、グローバル展開も見据え変化に対応できる人材の確保や育成に近年注目が集まっていることに関連して、人事管理システムを導入済み・導入予定と回答した方に「タレントマネジメントの実施状況」について尋ねた。1位は「実施予定なし」で57.1%、2位は「興味はあるが実施予定はなし」で18.2%、3位は「実施している」で15.6%、4位は「実施に向けて検討中」で9.1%という結果となった。
 「実施している」方からは、「特殊技術を有した社員を管理し、技術を必要とするプロジェクトに配置するため」、「グローバル展開を考慮するに当たり、スキルマネジメントは必要と思われるため」といった意見が寄せられた。一方、「実施予定のない」方からは、「経営層がタレントマネジメントを十分に理解していない」といった上層部の判断次第という意見や、「データ化が難しい」といった数値化を困難とする意見が寄せられた。また、「人事の詳細については情報システム部門は知らない」というコメントもあり、人事部門と情報システム部門との連携・情報共有自体に問題があり、必要性や重要度が感じられない・実装されないという現状もあることがわかった。

図1 導入状況

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 導入状況
このページの先頭へ

2

導入きっかけ「人事管理の効率化・迅速化の検討」が半数超え

 次に、人事管理システムを導入済みと回答した方に「導入のきっかけ」について尋ねた(図2)。その結果、1位は「人事管理の効率化・迅速化の検討」で51.1%、2位は「システムの老朽化」で40.2%、3位は「雇用形態多様化」で17.2%、4位は「グループ会社の人事管理の集約」で16.1%、同率5位は「法制度の改定」「経営からの要望」で14.9%となった。
 フリーコメントには「属人化している人事業務の標準化」といったマニュアル化・仕組み化による業務効率の向上や、「人事データのセキュリティ強化」といった近年特に扱いに慎重になっているセンシティブな情報に対するセキュリティの強化を目的に利用を始めるという意見が見受けられた。その他にも、「研修履歴の個人別管理」といった企業組織の中での個人のスキル・能力を管理するために導入し始めたという声も寄せられた。

図2 導入のきっかけ

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図2 導入のきっかけ
このページの先頭へ

3

導入時の重視ポイント「導入・運用コスト」のほか、「操作性」「セキュリティ」も

 続いて、人事管理システムを導入済みと回答した方に「導入時の重視ポイント」を尋ねた(図3)。その結果、1位は「導入工数・コスト」で54.8%、2位は「操作性」で44.0%、3位は「運用工数・コスト」で41.7%、同率4位は「セキュリティ」と「安定性」で35.7%と続いた。
 最も重視するポイントで比較してみると、1位は「導入工数・コスト」で22.6%、2位は「操作性」で17.3%と順位に変動はなかったが、3位は「安定性」で13.7%、4位は「セキュリティ」で12.5%、同率5位は「運用工数・コスト」と「導入実績・事例」で6.5%という結果となった。5位の「導入実績・事例」は全体では同率8位と低いものの、最も重視するポイントでは注目されている。操作性が重視されている理由としては、「入力画面の見にくさ・使いにくさ」、「マニュアルがないと操作ができないほど分かりづらい」といった声が寄せられていることからも分かるように、実際の使い勝手の悪さに対する不満が多い現状から、事前に「使いやすいかどうか」を確認するという背景がうかがえる。また、情報漏洩などの事件が数多く報道されている昨今、人事情報はよりセンシティブな情報となるので、その分取扱いには慎重になっていることからセキュリティ面が重視されていると考えられる。

図3 重視ポイント

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図3 重視ポイント

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

人事管理/人事管理システムの導入状況(2013年)」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人事管理」関連情報をランダムに表示しています。

人事管理」関連の製品

人材育成・総合スキル管理ツール ESI (Enterprise Skills Inventory) 【ワン・オー・ワン】 グローバル人材マネジメントサービス Cultiiva Global/HM 【NEC】 STAFFBRAIN(人事給与、勤怠管理、ワークフロー) 【電通国際情報サービス】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
社員ごとに、ビジネス戦略に沿った人材育成プログラムが作成できるなど、豊富な機能が実装された総合スキル管理システム。厚生労働省が推奨する職業能力評価基準に対応。 社員のプロファイルを見える化。人材マネジメントに関わる目標管理、パフォーマンス管理、キャリア開発、後継者管理などを効率的に実行し、人材戦略の実行を支援する。 1000社の導入実績を持つ統合人事パッケージ。
ユーザニーズに応える柔軟性・拡張性で、ノンカスタマイズ導入が可能。

人事管理」関連の特集


目的は制度対応にあらず!“メンタルヘルス対策の推進”という本質を捉えて運用体制を構築しなければそれこ…



IFRSで情シス対応が考えられる業務システムを公開!老朽ERPパッケージによるシステムの硬直化など、…



刻々と変わる企業人事。その影響を受け、人材を財産にするものへと進化する人事管理システム。今回はその最…


人事管理」関連のセミナー

IT Solution Forum 2017 in 福島 【キヤノンシステムアンドサポート】  

開催日 9月12日(火)   開催地 福島県   参加費 無料

「生産性向上」、「クラウド・モバイルの活用」、「働き方改革」、「セキュリティ」などお客さまのビジネスに役立つセミナー・展示を多数開催致します。皆さまのご来場をお…

働き方改革の前にすべきこと! 【スーパーストリーム】  

開催日 8月25日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

働き方改革として、同一労働同一賃金、時間外労働時間の上限規制、少子高齢化における就業促進等、様々なテーマにおける改革が政府を中心に進んでいます。統合業務パッケー…

データに基づいて離職率を下げる方法を考えます 【日本アイ・ビー・エム】 締切間近 

開催日 7月26日(水)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

特に人材サービスで働かれているみなさま、離職率を下げたい、辞めない人材を採用したい、このようなことでお困りではありませんか?人が辞める→業務が回りにくくなる→新…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

人事管理/ 人事管理システムの導入状況(2013年)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「人事管理/ 人事管理システムの導入状況(2013年)」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30006101


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ